映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
唐沢寿明主演ドラマ『白い巨塔』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2014年02月12日(水)16時22分 | 編集 |
2014年2月12日(水) 


1月14日(火)から28日(火)までフジテレビで、唐沢寿明主演のドラマ『白い巨塔』を見ました。

元々このドラマはフジテレビで2003年10月から2004年3月までに全21回で放映されたドラマです。

原作本である山崎豊子著『白い巨塔』は週刊誌『サンデー毎日』に1963年から連載されたもので、1968年1月から1969年1月にかけて行われた東大紛争にも大きな影響を与えたと言われています。

『白い巨塔』はこの唐沢寿明版を含めてこれまで3度、テレビの連続ドラマになっています。

1回目は佐藤慶が主演で1967年にNETテレビで放映されました。
NETテレビは現在のテレビ朝日の前身です。

2回目は田宮二郎が主演で1978年にフジテレビで放映されました。

さて、唐沢寿明が演じる財前五郎は42歳で国立浪速大学医学部第一外科の助教授です。

ドラマの前半では財前助教授が岳父の財前又一らの協力を得て、第一外科教授の椅子を手に入れるまでが描かれます。

国立大学の医学部外科では、医師としての学識や手術の腕前よりも人間関係や政治力あるいは資金力によって教授になれるかどうかが決まるという知られざる世界を白日の下に晒しています。

ドラマの後半では財前教授が手術を行った患者が急死し、遺族が治療方針の説明不足を不服として財前を訴えるという医療過誤裁判が描かれています。

前半の白熱した教授選に比べると後半の裁判はやや冗長ぎみで、財前側が公判を有利に進めるためにあれこれと姑息な手段に打って出る様子が事細かに描かれている一方、財前が外科医としての卓越した腕を振るう場面はほとんど描かれていませんでした。

『白い巨塔』は医療ドラマというよりは医学部に勤務する人々の人間関係ドラマであり、医療よりむしろ政治に重きが置かれていると感じました。

その一つの証左として、財前助教授の師匠である東(あずま)貞蔵第一外科教授は財前を教授にさせないために様々な対策を打つのですが、日本外科医学会会長で東都大学第二外科主任教授の船尾悟から政治工作の稚拙さを指摘される場面が描かれています。

東教授はどちらかというと学究肌であり、弟子の財前が華々しく手術の成果を上げて行く姿を間近で見て嫉妬を越えて憎しみに近い感情を抱いています。

弟子が自分を上回る名声を得ていく事実を素直に受け入れられない俗物・東貞蔵を石坂浩二が好演しています。
医学部に限らず、こういう小人物の上司って世の中にたくさんいるんでしょうね。

幼い頃から苦学を重ねようやく国立大学医学部教授という地位を得た財前は、生涯を通じて全力で働き続けた人間でありまだまだやり残したことがあったため、40代後半という若さでこの世を去ることは到底受け入れられなかったはずです。

いつの時代でも人生の目標を見つけられず技術を磨く努力を厭い漫然と生きている若者が多い中、財前は浪速大学医学部に合格して奨学金を得ながら優秀な外科医になるための道を邁進していきます。

財前が子供の頃に父親が他界した後、実母の黒川きぬは内職をして岡山の県立高校へ進学させてくれました。
黒川きぬは池内淳子が演じています。

財前が妻の杏子と一緒に西宮市夙川の豪邸に住んでいる一方、きぬは実家である岡山県和気郡に一人で暮らしています。

財前は給料の一部を仕送りしており、母親への電話連絡も欠かしません。

財前五郎は野心家で目立ちたがり屋であるという側面が強調されがちですが、野心の裏付けとなる技術の鍛錬を怠らず学業を疎かにせず、40代後半で亡くなるまで人一倍働いて何千人という患者の命を救って来たのです。

財前が肺がん及び脳へのがん転移で死んだ後、きぬが病室に到着し「五郎、よく頑張ったねえ。ご苦労様でした。」と亡骸に向かって労(ねぎら)いの言葉をかける名場面があります。

このドラマが最初に放映された2004年の時点ではまだ30代後半だった私も、現在では財前の年齢と同じ40代後半になり、きぬのこの慈愛に満ちた台詞はまるで自分に言われているように感じて深く感情移入しました。

財前五郎が心から信頼を寄せて深く愛した女性は妻の杏子ではなく、バーの経営者・花森ケイ子です。

黒木瞳が演じる愛人の花森ケイ子は立場的に財前が亡くなった直後の病室には入ることが出来ず、寂しく病院の廊下を歩いて去って行く場面があります。

妻以上に財前を思い心を通わせ性的にも満足させて来たケイ子が、愛人という立場的なものが理由で死に目に会えないというこの世の現実が淡々と描かれていて、かえって心に深く残りました。


白い巨塔 DVD-BOX 第一部
ポニーキャニオン (2004-03-03)
売り上げランキング: 7,207






米倉涼子主演ドラマ『モンスターペアレント』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2013年12月20日(金)14時59分 | 編集 |
2013年12月20日(金) 


ギャオで米倉涼子主演のドラマ『モンスターペアレント』を見ました(配信期間:2013年12月7日~2013年12月13日)。

元々このドラマは2008年7月から9月にフジテレビで放映された全11話の連続ドラマです。

学校の教師に難癖をつけに行く保護者の話かと思ったら、実際には教師たちと一緒になって様々な苦情に対応する教育委員会に勤める人たちの話でした。

米倉涼子が演じる高村樹季(たかむらいつき)はウィルソン・城山法律事務所に所属する弁護士で、企業法務を専門とする辣腕弁護士です。

法律事務所の所長・城山幸太郎は学生時代から懇意にしている教育委員会教育長の田川龍之介に依頼されて、所属弁護士を一人、教育委員会の業務に携わらせることになりました。

白羽の矢を立てられた高村は所長からの直々の依頼であればと快諾し、未知の世界である教育委員会の業務に関与することになります。

当初高村は教育委員会に持ち込まれる苦情処理などを半ば嫌々こなしていたのですが、理不尽な要求を賢しらな顔つきで突きつけて来る保護者たちと接している内に少しずつ教師や教育委員会の苦労を知ることになります。

番組は小学校を舞台としており、担任教師に無理難題を突きつける保護者には各話豪華俳優陣が起用されています。

木村佳乃、南野陽子、三浦理恵子、川島なお美らが小学生の子を持つ母親として登場し、学校や教育委員会に対して我儘勝手な要求を飲ませようと筋の通らない理屈を並べ立てます。

弁護士というよりは教育委員会の一員としての立場で高村は対応を迫られますが、企業法務の世界では知り得なかった教育現場における問題の解決に意義を見い出して行きます。

意見が衝突した場合、どれだけ腹に据えかねる言い方をされたとしても、良識ある社会人なのであれば相手に対して暴言を吐いたり暴力を振るったりしてはいけません。

高村はその点、教育委員会の職員ではなく第三者的立場で問題に関与しているという側面もありますが、割りと冷静に保護者に接しています。

しかし、ドラマの後半では教育委員会指導主事という立場にある三浦圭吾が激情を抑え切れずに教師を殴打して、警察に逮捕されるという大失態を演じます。

かつて小学校の教師をしていた三浦圭吾を演じているのは佐々木蔵之介です。

このモンスターペアレントを扱った連続ドラマの中で、教育委員会側の人間が無抵抗の人間を気の済むまで殴り続けるという凄惨な場面を挿入したのは、大人になっても理知的に振る舞えない者が少なからずいることを示しています。

不当な要求に屈する必要はありませんし、間違った意見に対しては正論を述べるべきですが、理不尽な要求を繰り返す相手に対して暴言を吐き恫喝し暴力を振るった時点で子供を指導する資格を失いますし社会的立場も失うのです。


モンスターペアレントDVD-BOX
ポニーキャニオン (2008-12-03)
売り上げランキング: 139,584






江口洋介主演ドラマ『救命病棟24時』第2シリーズを見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2013年12月10日(火)16時04分 | 編集 |
2013年12月10日(火) 


11月19日(火)から12月5日(木)までフジテレビで、江口洋介主演のドラマ『救命病棟24時』第2シリーズを見ました。

元々この作品は2001年7月から9月までフジテレビで放映された全12回の連続医療ドラマです。

第1シリーズは1999年に放映されており、翌2000年に続けて放映されなかったことから「シーズン2」という呼称を使っていないのだと思います。

私は第1シリーズを見たことがなくこの第2シリーズから見始めたのですが、第1シリーズのレギュラー陣が大幅に入れ替わっており舞台となる病院も異なりますので、あまりシリーズ間の繋がりは強くはないようです。

江口洋介が演じる天才外科医・進藤一生は第1シリーズから引き続いて登場し、港北医大救命救急センターの外科医として多くの急患の命を救って行きます。

松雪泰子が演じる香坂たまきは研究分野にも強い関心を持つ心臓外科医ですが、上司の神宮教授とのちょっとした諍(いさか)いが元で救命救急センターでの臨床経験を積むよう命じられ、事実上の左遷を受け入れる羽目になってしまいました。

当初香坂は半ば嫌々救急センターでの職務に従事していましたが、進藤たちが懸命に患者の治療を行う姿を目の当たりにし、少しずつ心に変化が現れます。

今から12年以上前に制作されたドラマなので、医師役の宮迫博之や谷原章介などはまだまだ若い顔つきをしています。

美人看護師の賀茂みどりを演じているのは唐木恵子です。

唐木はどこかで見た顔だと思ったら、日本テレビでやっていた『進ぬ!電波少年』の中の企画「電波少年的東大一直線」において家庭教師のケイコ先生を務めていた女優ですね。

現在唐木恵子は春野恵子と名を改めて浪曲師として活躍しているんだそうです。

進藤一生が病院内のスタッフ専用室でスパスパ煙草を吸っている場面が何度か描かれていますが、今では考えられない光景ですね。

2001年の時点では職場内で喫煙することがまだ許容されていたということですね。
しかもスタッフ専用室とは言え病院内ですからね。

時代の移り変わりを感じさせる映像でした。


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX
フジテレビ (2005-07-06)
売り上げランキング: 6,085






ミムラ主演ドラマ『恋するハエ女』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2013年05月21日(火)20時39分 | 編集 |
2013年5月21日(火)


5月14日(火)にNHKオンデマンドで、ミムラ主演のドラマ『恋するハエ女』を見ました。

「ハエ女」という題名からして不潔な場面があちこちに盛り込まれた下劣なドラマなのかしらという先入観を抱いていましたが、全6回のエピソードの中で不衛生な場面は一度も出て来なかったので安心して見続けることが出来ます。

ただ、台詞の中には不衛生な表現がいくつか出て来ますので、食事中には見ない方が良いと思います。

主演のミムラは30歳の誕生日を目前にした一人暮らしの女性・小守絵美を演じています。

小守は小学校の教師をしており外見も思考様式も平凡な女性で、夜はインターネットを使ってネット仲間と交流を持つことを楽しみにしている女性です。

小守は6年間交際して来た職場の同僚男性と婚約しており、近い内に結婚式を挙げる予定になっていたのですが、婚約者の男性から一方的に別れ話を切り出され、不本意ながらも何となく別れることを承諾してしまいます。

婚約者に振られた同時期に職場では保護者から生徒に対する暴言があったという言いがかりをつけられ、やはり不本意ながらも停職処分を甘んじて受けることに同意します。

このように小守は周囲との摩擦を避けることを優先し自己主張せず、無難に生きる道を選んで来たのですが、ネット上で知り合った官僚・八重樫修治からこれまでの世間体を気にして周囲の意向に流されて来た生き様を全否定され、自分の殻を破るために様々なことに挑戦していくことになります。

48歳のプロパー官僚・八重樫は筧利夫が演じています。
プロパーとはキャリアではないという意味です。

ただ、八重樫は小守に対して知り合った当初は「自分はエリート官僚である」と嘘をついていました。

小守は八重樫に命じられて自分の生き方を変えるために一人でカラオケに行き歌い、一人で一杯飲み屋に入りチュウハイを飲み、一人で観覧車に乗り、一人でフランス料理店で食事をします。

あるいは、ネット上で知り合った男たち8人と同時期にデートをするという荒業もこなし、少しずつながらこれまで見えなかった自分らしさというものを発見していきます。

全6回を通じて30歳前後の独身女性が婚約破棄を乗り越えて前向きに生きる姿勢を爽やかに描き、コメディの要素も随所に織り交ぜながら、最後まで飽きさせない脚本及び演出になっていたと思います。

題名が「ハエ女」でなければ、このドラマに注目した人の第一印象がもっと良くなったと思います。
その意味では題名で損をしているドラマだと言えるでしょう。

例えば『アラサー女子の逆転人生』という題名の方が、視聴者受けが良かったのではないかと思います。

当初あまり期待せずに見始めましたが、ミムラの確かな演技力に惹かれて次の展開が早く知りたいと感じさせる良作だったと思います。


恋するハエ女 [DVD]
恋するハエ女 [DVD]
posted with amazlet at 13.05.21
バップ (2013-06-19)
売り上げランキング: 49,077






井上真央主演ドラマ『花いくさ~京都祇園伝説の芸妓・岩崎峰子~』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2013年01月19日(土)12時37分 | 編集 |
2013年1月19日(土)


目次
1. 事実を元にしたフィクション
2. 名取裕子
3. 戸田菜穂
4. 葉月里緒菜
5. 勝新太郎との不倫は事実


1. 事実を元にしたフィクション


1月14日(月)にBSフジで、井上真央主演のドラマ『花いくさ~京都祇園伝説の芸妓・岩崎峰子~』をやっていました。

元々このドラマは2007年11月23日にフジテレビで放送されたもので、祇園の芸妓(げいぎ)だった岩崎峰子が2001年に著した自伝『芸妓峰子の花いくさ』を原作としてドラマ用に潤色されたフィクションです。

主演を務める井上真央(1987-)は撮影時20歳ぐらいですが、可愛い容貌であるが故にそのことが幼さに繋がる弱点となり、祇園芸子の激烈な世界を熱く演じ切れるのかと心配して見始めましたが、その点は全くの杞憂でした。

20歳であれだけの迫力ある演技が出来るのであれば、将来井上は共演した名取裕子並みの名女優に成長する可能性があると思います。

井上の周囲を固める出演者たちは、祇園の置屋(おきや)で芸を磨き身についた所作を男たちの前で披露することで生き抜く女性たちを演じるに相応しい女優たちが選ばれていました。

置屋とは芸者を抱えている家を指します。


2. 名取裕子


峰子の母親代わり・梅千代を演じるのは名取裕子です。

梅千代は人の良い気の弱い性格で、他人に対して言いたいことも言えない側面がありますが、後に一線級の芸子となった峰子が増長した時には「母親」として峰子を叱責し、高慢なものの言い方をする峰子を正しい道へと引き戻す役割を果たします。

梅千代は登場場面のほとんどで涙を流していたように思いますので、今回のドラマでは名取はさめざめと泣く演技を求められ上手くこなしていました。


3. 戸田菜穂


峰子の入った置屋で花形芸子だった紗江子を演じるのは、戸田菜穂です。

紗江子は売上第一位であることを鼻にかけ、好き放題のことをしている芸子です。

戸田は、本来2枚目路線の女優ですが、本ドラマではややあばずれ的な芸子を演じ、峰子に対して陰湿な虐めを繰り返す大人げない先輩という役どころです。

悪態をつく紗江子に対して見かねた峰子が正論を述べて止めさせようとした際、峰子を見据えた紗江子がドスの利いた声で「あんた、何様のつもりや?」と言い放つ場面は、このドラマの中でも最大級の見せ場と言えるでしょう。


4. 葉月里緒菜


峰子とは所属する置屋が異なるものの、業界の先輩として峰子を見守る優しい芸妓・あや子を演じるのは葉月里緒奈です。

紗江子らに徹底的に苛め抜かれる峰子をかばい芸子としての心構えを教えるあや子は、峰子の心の支えでもあったのですが、あや子には後に恋愛に起因する悲劇が待ち受けます。


5. 勝新太郎との不倫は事実


仲村トオルが扮した俳優・高宮誠一郎は勝新太郎がモデルで、峰子と勝との間には実際に不倫関係があったようです。

井上真央を始めとした女優陣の演技力が堪能できる、素晴らしい作品に仕上がっています。


花いくさ~京都祇園伝説の芸妓・岩崎峰子~ [DVD]
ポニーキャニオン (2008-06-27)
売り上げランキング: 18,692






木村佳乃主演ドラマ『はつ恋』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年12月28日(金)11時36分 | 編集 |
2012年12月28日(金)


目次
1. 執刀医は初恋の相手
2. 家庭が崩壊しても良いから抱かれたいの
3. 主題歌は名曲


1. 執刀医は初恋の相手


12月22日(土)と23日(日)にNHKBSPで木村佳乃主演のドラマ『はつ恋』をやっていました。
このドラマは当初、NHK総合で2012年5月から7月に全8回で放送されました。

今回の再放送はディレクターズカットスペシャル版で、初出時よりも各回7分ずつ放送時間が追加されています。

脚本を担当しているのは中園ミホです。

私は中園ミホがこのドラマの番組宣伝を兼ねて7月3日(火)に『スタジオパークからこんにちは』に出演した回を見たのですが、その時点では私はこの連続ドラマを見てはいませんでした。

『はつ恋』という題名からして恋愛路線を想像していましたが実際には医療ドラマに仕上がっており、多少セックス場面も出ては来ますが、全編を通じて色気よりも郷愁に重きが置かれた作品だと言えるでしょう。

主役の木村佳乃は言語聴覚士を生業とする村上緑を演じています。

緑は40代半ばの女性で夫と幼い息子・健太と共に3人で幸せに暮らしていましたが、健康診断後の精密検査の結果、肝臓がんに侵されていることが判明します。

緑のがん細胞摘出手術を行うのは、高校時代の初恋の相手・三島匡でした。
三島は伊原剛志が演じています。

緑にとって三島は単なる初恋の相手ではなく、セックスをし三島の子を身ごもり流産したという苦い思い出がある相手です。

しかも緑が懐妊の事実を告げに医科大学に赴いた際、三島は「お前のことを好きだと思ったことは一度もない」と言い放ち、衝撃を受けた緑は結局妊娠の事実を告げずに三島と別れることになりました。

ドラマではこの時の2人の心境を丁寧に描き、何度もこの暴言場面が劇中に挿入されます。

後年、三島は本心とは異なる暴言を吐いてしまったことを深く後悔し、一方の緑はこの辛辣な言葉を投げかけられたことで大きく傷つきますが、その痛手を乗り越えて言葉を仕事道具とする言語聴覚士という仕事に就くことを目指すのです。

緑役は高校時代からこの暴言場面までは橋本愛が演じています。


2. 家庭が崩壊しても良いから抱かれたいの


緑は天才外科医となった三島とがん患者という立場で再会したことで三島に対する憎悪と共に恋心までもが再燃してしまい、最終的には夫の目を盗んで三島と密会しセックスするに至り、その結果家庭崩壊の憂き目に遭います。

家庭を壊してまで久しぶりに再会した初恋の相手を思慕し、夫に嘘をついてまで初恋の相手と逢瀬を重ねセックスをするのかということがこのドラマでは問われているわけですが、緑は結局は自分の気持ちに素直に従う人生を選択します。

最終的に緑も三島も、緑の夫も緑の息子・健太も、緑の父親も、ある意味では誰一人として幸せを掴めずにドラマは終りを迎えます。

せめてもの救いは緑が人生の最終盤をある程度幸せに過ごせたことなのですが、それでも緑が道を踏み外したという事実は周囲にいる人々の心の中に消えることなく存在し続けるのです。


3. 主題歌は名曲


主役の木村佳乃は家庭と初恋相手との間で揺れる女心を見事に演じ切りました。
アメリカであればエミー賞にノミネートされるぐらいの確かな演技力を示したと言えるでしょう。

中園は一般論として「恋はいつも上書き保存」と評される女性であっても初恋を引きずる場合もあるということを訴えたかったのではないでしょうか。

ドラマの主題歌はMISIA(ミーシャ)の『恋は終わらないずっと』です。

ドラマ題名の『はつ恋』と主題歌題名の『恋は終わらないずっと』は2つで一括りになっています。
歌を聞いたらドラマを思い出しドラマを見たら歌を思い出すという関わり合いになっています。


はつ恋 [DVD]
はつ恋 [DVD]
posted with amazlet at 12.12.28
バップ (2012-12-05)
売り上げランキング: 3,224







名取裕子主演ドラマ『けものみち』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年12月21日(金)12時10分 | 編集 |
2012年12月21日(金)


今回の記事には露骨な性的表現が含まれています。
性的表現に対して心的なストレスを感じる方は、読まないことをお勧めします。


目次
1. 顔だけでイカせてみせる
2. 老人の愛人になる民子
3. NHKの限界
4. ヘアー解禁から局部解禁へ


1. 顔だけでイカせてみせる


NHKオンデマンドで、名取裕子主演の連続ドラマ『けものみち』を見ました(購入期限:2013年6月30日)。

松本清張原作の『けものみち』はこれまでに何度か映像化されていますが、この全3回のドラマは1982年版です。

主役の成沢民子を演じるのは名取裕子(1957-)です。

民子は26歳という設定で、撮影時名取は24歳ぐらいですが、確かな演技力によって数歳年上の役を演じ切りました。

冒頭、民子は山崎努が演じる一流ホテルの支配人・小滝章二郎に言い寄られ、割烹料亭の貴賓室でセックスをすることになります。

1980年代のNHKドラマでの演出は現代の視点からすると過激さの欠片もないセックス描写になっていますが、その分、名取の恍惚の表情を大写しにする手法が採用され、乳房を露にしなくても「顔だけでイカせてみせる」という名取の気概が窺えます。


2. 老人の愛人になる民子


民子は愛する小滝に命じられて、西村晃が演じる鬼頭洪太邸に住み込みの使用人として入ります。
使用人とは言っても実質的には愛人です。

但し、日本政財界の黒幕・鬼頭は脳軟化症を患い勃起不全に陥っているため、民子は鬼頭のペニスを膣内に受け入れる必要はありません。

民子の主な役目は鬼頭に愛撫されオーガズムを得て、我を忘れて喘ぎまくる姿を鬼頭に見せることです。

民子はそうした鬼頭の性具としての生活を受け入れる見返りとして、鬼頭の死後大金を手にする権利を得ることになります。


3. NHKの限界


第1回は、鬼頭が民子の肉体をまさぐり民子がオーガズムを得て、日常生活においては決して見せない快楽に身を任せていく表情を見せるところで終了となります。

美人の名取裕子がオーガズムを得たらこういう淫らな表情になるということを、演出家の和田勉が丁寧に描いた力作だと言えるでしょう。

第2回、第3回にも、それなりに民子がオーガズムを感じる場面は挿入されてはいますが、回を追うごとに演出には刺激がなくなり視聴者の期待を裏切る結果となっています。

まあ、このあたりが「お固い」NHKの限界なのでしょうね。

映像作品にせよ小説にせよ、人間の本質を追求する作品に仕上げようと思ったらセックスや陰部の描写は避けては通れません。

このブログでも、性的関心を煽るために刺激的な表現手法を採用しているわけではなく、人間の本質あるいは人間の真実を追求することが趣旨で、露骨な性的表現を用いる場合もあるわけです。

まあ、私自身は文言にせよ画像にせよ、アップロードしたものについては格別に露骨だとは思ってはいませんけどね。

ただ、露骨な表現だと受け止める読者がいるだろうとは思っています。
受け止め方は人それぞれですからね。


4. ヘアー解禁から局部解禁へ


この『けものみち』に限らず日本の多くの作品は性的表現についての規制が厳しく、肝心な部分が克明に描かれないまま作品が終わってしまいます。

いつもこのブログで述べていることですが、もう少し性的表現について日本人にはおおらかさが必要だと思います。

性的表現を見たい・知りたい・聞きたい、という欲求を過度に押さえ込むと反作用が生じ、逆に性的に倒錯していく可能性もあります。

11月半ばにNHKの男性アナウンサーが東急田園都市線の車内で女子大生の胸などを触って逮捕されるという事件がありましたが、こうした痴漢事件が頻発している現代日本では性的に倒錯した男性が増えていると言わざるを得ません。

性的表現の規制を完全撤廃したからと言ってこうした痴漢事件が根絶されるとは言えませんが、少なくともブログなどの閉じられた空間においては規制を全廃し、性的に浄化される場を設けることも有用な手段ではないかと思っています。

男女を問わず、性欲の強さに一番驚いているのは自分自身です。
そして、自分だけがこんなに性欲が強いのかと疑心暗鬼になるわけです。

現代ではネット上で様々な情報を世界中から得ることが可能です。
その結果、世界中の男女が強烈な性欲に苦しみ、そのはけ口を求めていることが見えて来ます。

その現実から目を背け社会通念の名の下にがんじがらめの規制を続ければ、それで男女共に性的に幸せになれるのかというとそうではないと思っています。

名取裕子のオーガズムを感じた美形の顔を見ながらそんなことを考えました。


けものみち-全集- [DVD]
けものみち-全集- [DVD]
posted with amazlet at 12.12.21
NHKソフトウェア (2004-02-25)
売り上げランキング: 48,653







松本幸四郎主演ドラマ『王様のレストラン』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年11月29日(木)16時36分 | 編集 |
2012年11月29日(木)


目次
1. 三谷作品の最高傑作
2. 価格と価値
3. 三谷が言いたかったことは何か?


1. 三谷作品の最高傑作


11月12日(月)から27日(火)までBSフジで、松本幸四郎主演の連続ドラマ『王様のレストラン』をやっていました。

脚本は三谷幸喜です。

三谷幸喜の作品はドラマ、映画、舞台など数多く見てきましたが、この連続ドラマが最高傑作と言えるでしょう。

ドラマの初出はフジテレビで1995年4月期のワンクールドラマとして放送されました。

1995年(平成7年)は1月17日に阪神・淡路大震災が発生した年ですね。
私は初出のドラマで全11話を見ていましたので、今回17年ぶりに全話を見ることになりました。

第1話と最終の第11話は前半の構成が同じになっています。

松本幸四郎が演じる伝説のギャルソン・千石武が、フレンチレストランのベル・エキップ(La Belle Équipe)に食事をしにやって来ます。

千石を招待したのはレストランの若きオーナー・原田禄郎です。
原田禄郎を演じているのは筒井道隆です。

第1話の時点では西村雅彦が演じる支配人や山口智子が演じるシェフ、そして鈴木京香が演じるバルマンなど店で働く人々には全くヤル気がなく、レストランは潰れる寸前でした。

ところが第11話の時点では第10話までに千石がギャルソンの立場でシェフら従業員の精神や技量を鍛え上げた結果、連日満席になるぐらいのレストランに成長していたのです。

この差は何なのかというのがこの連続ドラマにおいて、三谷幸喜が訴えたかったことだと思っています。


2. 価格と価値


三谷幸喜はこのドラマの中でオーナーはどうあるべきか、シェフはどうあるべきか、パティシエはどうあるべきか、ギャルソンはどうあるべきか、裏方の経理責任者はどうあるべきか、こういった「べき論」を全てセリフに込めて役者たちを通して視聴者に訴えかけます。

私もこれまでいろんなレストランに行きましたが、不満の残る店の方が多かったというのが正直なところで、三谷の「べき論」には同意できる部分が多々ありました。

飲食業界に限りませんが実務に携わっている人からすると、外部にいる人間が唱える「べき論」を実践するのはそんなに容易なことではないという意見が出て来るだろうとは思います。

しかしもし飲食業界関係者がドラマで描かれている理想通りにレストランを運営するのは困難だと言うのであれば、三谷が第1話で千石のセリフを通して述べた「ダメならダメで構わないが、それならば値段を下げるべきだ」という意見を真摯に受け止めてもらいたいです。

私もこれまで相当な金額をレストランやカフェでの飲食に費やして来ましたが、金額に見合う価値を提供してくれたレストランは皆無だったと言えます。

私にとっての「王様のレストラン」は、今のところこの世には存在しません。


3. 三谷が言いたかったことは何か?


ドラマでは第1話から第11話までの間に1年超の時間が流れています。
この1年の間に従業員たちは様々なことを経験し大きな成長を遂げました。

最も変化があったのは意識の部分です。

千石の加入により意識改革がなされ、1年が経過した時には千石なしでも店が運営できるほど従業員の意識が高まっていたわけです。

意識改革とは平たく言うと「この業界、この職種で生きて行く」という覚悟を決めるということです。

この覚悟がない者はどんな職種に就いていても、技術や知識が身につくということはありません。

技術や知識が身についていなければ何年その仕事をしていようが、半人前としか見なされません。
半人前の人間には誰も質問などしませんよね。

山口智子が演じるシェフも当初は「さっさと辞めて、地元の新潟へ帰ろうかしら」という浮ついた気持ちで仕事をしていたのでした。

料理人に限らずその人の真価が問われるのは、知識や技術が身について自在に扱えるようになってからです。

三谷が言いたかったのはそのことではないかと思っています。

それから、音楽は服部隆之が担当しています。
このドラマの成功には、服部が作った音楽もかなりの貢献をしています。

以下のCDは私も持っています。


フジテレビ系ドラマ「王様のレストラン」オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
ソニー・ミュージックレコーズ (1995-05-21)
売り上げランキング: 2313



王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe
ポニーキャニオン (2003-09-03)
売り上げランキング: 1010







米倉涼子主演ドラマ『松本清張 けものみち』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年05月09日(水)16時36分 | 編集 |
2012年5月9日(水)


目次
1. 夫殺しの宝石商
2. 濡れ場という程でもない


1. 夫殺しの宝石商


BS朝日で、米倉涼子主演の連続ドラマ『松本清張 けものみち』をやっていたので見ました。

このドラマは元々2006年1月期にテレビ朝日で放送されたもので、今回集中再放送されていました。

米倉が演じる民子は宝石デザイナーになる夢を持ち続け、自宅でアクセサリー作りに励む傍ら生活のために旅館で仲居をしています。

その旅館でホテルの支配人・小滝と出会います。
小滝は佐藤浩市が演じていました。

小滝と出会ってから民子の人生は劇的に変わっていきます。
民子は小滝の提案を受け入れ、まず半身不随の夫を焼死させます。

そして政財界の黒幕の男性・鬼頭の愛人となり、鬼頭の後押しにより宝石店の経営者へと一気に上り詰めます。

民子は自分が鬼頭の愛人になることの意味を知らずに鬼頭家へと出入りすることになります。

小滝が民子を鬼頭の愛人にした理由はドラマの後半で明らかにされるのだろうと期待していましたが、何だか中途半端な説明に終わってしまい確固たる理由が分からずじまいでした。

ドラマの中盤ぐらいまでは話の流れが淀むことなく展開していき、どんどんドラマの世界へと引き込まれていきます。

しかし、最終段階の肝心の謎解きの部分が今ひとつ不明瞭でした。

刑事役の仲村トオルの死に方も文脈に沿っていないというか漠然と病死しただけであり、彼が何を追いかけていたのか、結局不明でした。


2. 濡れ場という程でもない


政財界の黒幕・鬼頭は平幹二朗が演じ、鬼頭の世話役の女性は若村麻由美が演じていました。

平は米倉の股間に指を入れ米倉を昇天させる場面が何度も描かれていましたが、米倉に色気がないため「濡れ場」とは言えない仕上がりになっていました。

米倉は確かに美人なのですが、残念ながら色っぽさがないんですよね。

平の愛撫を受けて米倉なりに精一杯性的快感を表現しようとしているのですが、如何せん体の線が細すぎて中途半端な色気しか伝わって来ません。

若村は鬼頭家に仕える無表情な側近という役回りでしたが、人形のような体の動きや表情を上手く表現できていたと思います。

ドラマの総合評価としては可もなく不可もなく、辛うじて合格点というところかしらね。


松本清張 けものみち DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2006-06-23)
売り上げランキング: 97304







沢尻エリカ主演ドラマ『悪女について』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年05月03日(木)03時11分 | 編集 |
2012年5月3日(木)


今回の記事には露骨な性的表現が含まれています。
性的表現に対して心的なストレスを感じる方は、読まないことをお勧めします。


目次
1. 豪邸を手に入れた女性経営者
2. 中出ししたら、普通は妊娠する
3. 自殺の理由は何か?


1. 豪邸を手に入れた女性経営者


4月30日(月)にTBSで、沢尻エリカ主演の単発ドラマ『悪女について』をやっていたので録画して見ました。

『悪女について』は有吉佐和子(1931-1984)の原作をドラマ化したものです。

1978年にテレビ朝日で連続ドラマ化されていますので、今回の沢尻版はリメイク版ということになります。

沢尻が演じる富小路公子は小さな宝石商から事業を始め、一大で財を成した女性実業家です。

ところが、まだまだこれからという若さで公子(きみこ)は自社ビルの屋上から身を投げ自殺します。

なぜ時代の寵児となった公子が死ななければいけなかったのか?

物語は生前の公子に関係のあった27人の人物が、それぞれの公子像を語るという手法で展開して行きます。

公子が貧しい生活から抜け出し、一流の宝石商になる経緯が丁寧に描かれる中で3人の男が登場します。

2時間半のドラマでは27人全員の証言を取り上げることは出来ませんので、主に公子と3人の男性との愛人関係を軸に物語が構成されていました。

この3人の男はいずれも公子の息子たちの父親である可能性があるのです。
本当の父親は誰なのか、恐らく公子自身にも分かっていなかったはずです。

3人の男は船越英一郎、上地雄輔、渡辺大が演じていましたが、船越と渡辺はドラマの後半で3人の中で最も公子から愛されていたのは誰だったのかを推測します。


2. 中出ししたら、普通は妊娠する


公子は男性と付き合い始めた段階ですぐにセックスをさせる女性なので、男性からすると一見都合のいい女に見えます。

これといった取り柄のない男であっても、公子とのセックスに持ち込むまでにそれほどの苦労はいりません。

しかも公子は中出しを厭わず、妻の座に収まることにも固執しません。

既婚未婚に関わらず遊び相手の女性を探している男からすれば、公子は理想的な女性であると言えます。

付き合って間もない段階で首尾良く公子の肉体を手に入れ、しかも中出しまで出来た男は「この女は自分の意のままになる女である」と勘違いするのです。

ところが公子は本質的には一筋縄ではいかない、手強い女性なのです。
その本性は妊娠したことによって顕在化します。

男は妊娠した公子に対して中絶するよう求めますが、公子は断固として拒否します。
公子からは従順さが消え失せ、中出しの快楽に溺れた男を追い詰めて行きます。

「追い詰める」とは言っても公子は表向きは品位を保っています。
そのことが逆に男性からすると不気味なのです。

妊娠すると女は変わるとよく言われますが、公子という女性像は一つの好事例だと思います。


3. 自殺の理由は何か?


公子は出産した後、弱い立場である自分の人生を守るために周囲の関係者に対して様々な働きかけをします。

その画策が尽く当たり結果的には自分の財産を増やし、ついには豪邸の女主人の地位にまで上り詰めます。

原作者の有吉佐和子は、いとも簡単に男に対して股を開き中出しの快楽を与える一方で、妊娠後は男の人生に割って入り最終的には財産をせしめるというしたたかな女性を描きました。

したたかな女性・公子と深い関わりのあった人物は総勢で27人もいて、これだけの大人数から公子という人物に対する感想を聞き出すと賛否両論が噴出します。

勝海舟の言うように毀誉褒貶(きよほうへん)は世間の勝手です。

公子のようにどんな手段を経ても自分が生きるべき道を見つけたのなら、毀誉褒貶を顧みる必要などないのかなという気もしますね。

ただ、信じられる人生を手に入れたはずの公子が自ら命を絶った理由については、ドラマを見終わっても不明のままです。

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
有吉 佐和子
新潮社
売り上げランキング: 119,037







本木雅弘主演ドラマ『運命の人』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年03月21日(水)00時27分 | 編集 |
2012年3月21日(水)


目次
1. 現在の沖縄が抱える諸問題の原点
2. 国家の税金より、他人のセックスに興味がある人々
3. 論点は何だったのか?
4. 近未来に直結する罪
5. 国家を守るのは誰か?


1. 現在の沖縄が抱える諸問題の原点


TBSテレビの1月~3月期のドラマ『運命の人』を見ました。

主演の本木雅弘が演じていた弓成亮太は、毎日新聞記者の西山太吉(1931-)をモデルとしています。
大森南朋が演じていた山部一雄は、読売新聞の渡辺恒雄(1926-)をモデルとしています。

このドラマは、辣腕記者の西山が佐藤栄作内閣(任期:1964-1972)において実現した沖縄返還に際して、日本政府とアメリカのニクソン政権(任期:1969-1974)との間に不透明な資金の流れがあったことを暴き、それを契機として多くの人々の人生が変わって行く様を描いています。

この沖縄返還密約事件に関する裁判は1978年に西山記者の有罪が確定したことで終結を見たのですが、原作の山崎豊子は正しいことをした記者が国家権力によって職を奪われ、その結果として言論の自由が反故(ほご)にされたことがその後の沖縄が抱える諸問題の一因になっているという捉え方をしています。

つまり、もしあの裁判で西山記者が無罪を勝ち取り、さらには佐藤内閣が行った密約の事実が公になっていれば、国民の沖縄に対する見方や感情も変わったでしょうし、政府が実行する沖縄政策にも大幅な軌道修正を要求できたはずだということです。

ところが残念ながら、正義の西山記者には執行猶予付きとは言え有罪判決が下り、その結果西山は世論から非難される立場へと転落して行きます。

その原因は言葉のすり替えです。


2. 国家の税金より、他人のセックスに興味がある人々


当初、この事件は「沖縄返還密約事件」として捉えられていたのですが、その後「外務省機密漏洩事件」という言葉に置き換えられ、挙句の果てには「西山と外務省女性事務官とのセックス事件」へと変貌して行きました。

西山と女性事務官が国家公務員法違反の疑いで逮捕、起訴されたのは1972年のことですが、当時の世論は沖縄返還協定に関わる使途不明な税金の行方にはあまり関心を示さず、むしろ西山が外務省の女性事務官と不倫関係になり、西山がその事務官と何度もセックスをする見返りに機密情報を手に入れたという誤った情報に飛びついたわけです。

西山記者の名誉のためにも私がここで申し上げたいのは、1972年当時にこの事件に関して報道された「種々の事実」の中にはテレビの視聴率を上げるために「歪曲された事実」も数多く含まれていたし、また雑誌の販売部数を上げるために「捏造された事実」も少なからず存在したということです。

西山の愛人問題が「事実」だったとしても、事件の本質と比べればそれは極めて些細なものに過ぎません。

一方の徹底究明するべき政府の裏切り行為については、佐藤内閣の巧妙な広報戦略が功を奏し、やがて完全に隠蔽されてしまったのです。

マスコミが本筋である税金不正使用問題を蚊帳の外に置き、瑣末なセックスの話題ばかりに光を当てるような報道体制を敷いたため、この裁判では何が論点になっているのかさえ知らない国民が増加し、そのことを憂う有識者がいたとしても発言の場を与えられなかったというのが「真実」だと思います。

今の時代であれば有識者でなくても、ブログやSNSを利用して世に自説を問うということも出来るのですが、当時はマスメディアを使って意見を述べることしか方法がない時代だったのです。


3. 論点は何だったのか?


事件の論点は憲法学の側面としては、民間人の西山を国家公務員法違反の罪で裁くことが出来るかということでした。

政治的側面の論点としては政府が国会の場で税金の使い途を明らかにせず、国民に知らせるべき情報を隠蔽した場合に内閣や官僚の責任はどこまで追求できるのかということだったわけですが、この点は裁判の場でも取り上げられることはありませんでした。

その意味では裁判所も大失態を犯したと言えるでしょう。

残念ながらいつの時代でも、国民は小難しい税金や法律にはあまり興味を示さず、セックスや不倫あるいは醜聞といったものに目を奪われてしまうのです。

マスコミ界がそのような国民を対象として番組制作や雑誌作りをしている以上、セックス絡みの話題に多くの放送時間や紙面を割くのは、ある意味仕方のないことです。

卑近な例としては2011年にニューヨークで起きたストロスカーン事件でも、フランスやアメリカのマスコミはセックス絡みの話題なので徹底的に放送枠を確保し、ストロスカーンの日々の動向を報道していましたね。

時代や民族が違ってもマスコミの体質は変わらないようです。

ということは、時代が進み世代が交代しても、社会を構成する一般人の関心領域には大きな変化は見られないということの裏返しでもあります。

話を戻しますが、「正」の西山が失業に追い込まれ「邪」の佐藤が訴追もされず、挙句の果てにはノーベル平和賞という名誉まで手に入れて平穏無事にこの世を去ったというのは、やはり理不尽さを感じます。

何も知らない国民がマスコミに煽られて事件の全貌を解明するための入口として、まずは西山の愛人問題に好奇の目を向けるのは良いと思います。

しかし、事件の出口を追い求める国民が残念ながら当時の日本には少なかったために、結果として佐藤は首尾よく逃げ切ることが出来たわけです。

しかも、未だに佐藤の名誉は剥奪されてはいません。


4. 近未来に直結する罪


沖縄の基地問題やアメリカ兵による蛮行事件は、未だに沖縄で暮らす人々に暗い影を落とし続けています。

その大元の原因は、もちろんアメリカとの戦争に負けたことなのですが、戦後25年が経過した時点で佐藤は新たな原因と前例を作ってしまいました。

平たく言うとアメリカが脅しをかければ日本政府はいくらでも資金を出し、表面的には日本が資金提供したことを隠すという前例です。

現在、沖縄に駐留するアメリカ軍のグアム移転に関する経費を日本とアメリカでどのように負担するかという交渉が行われていますが、政府発表の負担額、つまり日本のマスコミが発表した負担額は率直に言うと信用できません。

なぜなら自民党政権が倒れようとも日本政府を引き継いだ者たちは、「現実的な判断」と称して国民の知らないところでいくらでも外国と密約を結び、その結果国会に報告できない「裏の資金」が大量に動いていることがある程度予想されるからです。

そして、それらの「裏金」は公式には「存在しないもの」として公にはされないため、マスコミが暴かない限りあるいは機密情報が漏洩しない限り、野党を含めた国民には一切知らされずに年月だけが過ぎて行くのです。

さらに、諸外国との密約を果たすことで減少してしまった「裏金」を補填するためにも、政府からは増税が叫ばれ政府の方針に逆らえないマスコミを通じて増税不可避という世論が形成され、やがて国民は絶望し結果的には政府の決めたことを受け入れざるを得ない状況に追い込まれてしまうのです。


5. 国家を守るのは誰か?


今後、西山記者のような骨のある人物がマスコミ界に現れなければ、日本はアメリカなどの諸外国に食い物にされて大東亜戦争の敗北以来続いている属国としての地位から抜け出ることは出来ないのだろうと思います。

もちろん、私も「第二の西山記者」の登場を待っているだけではなく、私の立場で出来る限りの戦いはして行きますよ。

近い将来に日本に生まれて来る子孫の生活を守るためにも、私たち現役世代の戦いはまだまだ続くのです。

その戦いに勝利を収めるためにも、外国語の素養は必須のものとなります。

なぜなら、この日本を属国化しているのは日本語を母国語としない諸国家であり、彼らは属国内だけ使われている日本語など修得する気持ちがないからです。

先方のそういう意識を変えられない以上、私たち日本人が語学力を身につけるしかありません。

ただ、語学力の基礎になるのは母国語の言語能力であり、外国語だけを学んでいても真の語学力は決して身につかないことはこのブログでも再三述べているところです。

日本が属国化されていることの象徴が沖縄の現状であり、沖縄の未来を変えることは日本の未来、引いては東アジアの未来を変えることになるのです。

なお、この「沖縄の未来を変える」という方向性は、今私が思いついて打ち出したものではなく、40年も前に既に西山太吉が打ち出していたものです。

この40年間で日本は多くのことを成し遂げて来ましたが、西山が目指した属国化からの脱却は未だに実現されてはいません。

沖縄の現状を見れば一目瞭然なのです。


運命の人 DVD-BOX
運命の人 DVD-BOX
posted with amazlet at 12.07.29
TCエンタテインメント (2012-07-11)
売り上げランキング: 14003







菅野美穂主演ドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2010年12月30日(木)20時15分 | 編集 |
2010年12月30日(木)


フジテレビのドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』が2010年12月21日(火)に終了しました。

無実の罪で殺人犯として服役させられた若い女性(菅野美穂)が、出所後に自分を陥れた者たちへ復讐していくという筋立てです。

菅野は裁判中にどれだけ無罪を主張しても、彼女の言葉に耳を傾ける者はいませんでした。

一個人の無力を思い知った菅野は、出所後に複数の関係者を自らの手で自殺に追い込んでいくことを決意します。

菅野はこのような復讐を続けていく毎日に内心では嫌気が差しています。

しかし、他人の人生を台無しにした悪人が平気で生きている姿を見ると、どうしても許せないのです。

20歳代の人生を刑務所で過ごすハメになった無実の女性の心を考えると、復讐もやむを得ないだろうと思います。

この世でエリートと呼ばれる者たちの何人かは、他人を陥れてその地位を得た者なのかも知れませんね。


ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX
TCエンタテインメント (2011-03-09)
売り上げランキング: 13264







二宮和也主演ドラマ『フリーター、家を買う。』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2010年12月28日(火)20時13分 | 編集 |
2010年12月28日(火)


フジテレビのドラマ『フリーター、家を買う。』が2010年12月21日(火)に終了しました。

フリーターが家を買えるはずはないので、あまり期待せずに見始めました。
ところがドラマを見てみると、題名から受ける先入観とは全く異なる興味深い内容でした。

一家の主婦(浅野温子)がうつ病になってしまい、フリーターの息子(二宮和也)が就職活動をしながら母の面倒を見るという筋立てです。

二宮の役どころは、一見するとどこにでもいそうなフラフラしている若者です。
しかし、このフリーターは自分を犠牲にしてでも病気の母のことを最優先に考える息子なのです。

二宮が家を買う決心をしたのは、引越しをして母に新しい環境を与えてあげたいと思ったことがきっかけです。

生活環境を変えることによって、うつ病が治る可能性もあるそうです。

浅野は隣人の主婦(坂口良子)から何年にもわたり、執拗な虐(いじ)めを受けていました。
夫の竹中直人らは、そのことを知らずに暮らして来ました。

ある日突然浅野のうつ症状が顕在化し、一家の生活は大きく様変わりしていきます。

病気の母もつらいし、その面倒を見る息子もつらいです。
家族の中で浮いた存在になっている夫も哀れです。

こんな苦しい状況で、若者の二宮がどうやって局面を打開していくのかというのが見所になっています。

現代においてうつ病というのは他人事ではありません。
本放送を見逃した方にはDVDや再放送などを利用して是非とも見てもらいたいドラマです。

浅野温子、二宮和也、大友康平、竹中直人、香里奈、井川遥など、出演者は皆、役者という技術職として素晴らしい才能を発揮していたと思います。

脚本担当の橋部敦子も、見る者の心を揺さぶるようなセリフを随所に散りばめています。
このドラマは完璧に近い仕上がりになっていると言って良いでしょう。

主題歌は嵐の『果てない空』です。
挿入歌は西野カナの『君って』です。









山田孝之主演ドラマ『闇金ウシジマくん』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2010年12月21日(火)20時07分 | 編集 |
2010年12月21日


TBSの深夜ドラマ『闇金ウシジマくん』が2010年12月15日(水)に終了しました。

ヤミ金融の世界で生きる社長ウシジマを山田孝之が演じていました。

山田孝之は今まで二枚目俳優という位置づけだったと思いますが、今回のドラマでは笑顔を見せることのない冷淡な人物を演じていました。

自己都合による浪費が原因ではなく、家族の病気のために借金せざるを得ない人もいます。
お金がなければ医者にかかることも出来ませんし、もちろん手術も受けられません。

ヤミ金融業者は違法ですが、全て摘発して社会から根絶してしまったら、それはそれで困る人もいるのかも知れません。



希崎ジェシカや横山美雪も出演しています。


闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX
ポニーキャニオン (2010-12-15)
売り上げランキング: 2602






上戸彩主演ドラマ『10年先も君に恋して』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2010年11月24日(水)20時03分 | 編集 |
2010年11月24日(水)


NHKのドラマ『10年先も君に恋して』(全6回)を見ました。

私は上戸彩が主演するドラマを今回初めて見ました。
脚本が素晴らしく、上戸彩の良さが十二分に引き出されていたと思います。

このドラマを見るだけで、今月のNHK受信料を払っている価値があると思いました。

このドラマは、内野聖陽の飲酒運転疑惑によって途中で打ち切られる可能性がありました。
最終回まで放送されて良かったです。

上戸彩が演じる女性の、次のセリフが印象的でした。

「(結婚生活の中であなたを)罵倒するかも知れないけど、10年先も絶対にあなたを愛してる。」

妻が夫を愛しているという「心」と思いっ切り罵倒するという「態度」は、分けて捉えないといけないんですね。

脚本担当の大森美香はこのドラマを通じて、男にはそのことを承知して結婚に踏み切って欲しいと言いたかったのかも知れません。

勉強になりました。

Crystal Kayが歌う挿入歌の『Time of Love』も、ドラマの内容に沿った素晴らしい出来栄えです。


10年先も君に恋して DVD-BOX
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011-02-21)
売り上げランキング: 35880