映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





小林よしのり『ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論』を読んだ感想
記事URL  カテゴリ | 書評 | 2013年01月14日(月)10時34分 | 編集 |
2013年1月14日(月)


目次
1. 基本データ
2. 東日本大震災の取材記
3. 国家防衛の要素
4. まとめ


1. 基本データ


著 者 小林よしのり
書籍名 ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論
ISBN 978-4093897365
ページ数 365ページ


2. 東日本大震災の取材記


この書籍の題名は「国防論」ですが、防衛問題だけを論じたものではありません。

全19章の内、「第1章 大震災という有事」から「第9章 使命を持つ者たち」までは東日本大震災後の東北地方の惨状を取材した記録集になっています。

「第3章 被災地と空爆の跡は違う」の冒頭57ページにある通り、小林は大震災から1ヶ月が経過した2011年(平成23年)4月14日に仙台入りしています。

目的は被災地の状況把握と自衛隊の取材です。

第1章では津波の脅威が克明に記され、活字でしか知り得なかった津波の有様が絵によって表現されていて分かりやすいです。

「第2章 敵のいない国防の記録」では、災害派遣要請を受けた自衛隊員が現場で示した献身的な働きや、劣悪な環境にも屈せず人命救助に取り組む様子が丁寧に描かれています。

また、予備自衛官や即応予備自衛官の存在にも触れられており、こうした人々が持つ公の精神によって震災後の混乱状態を乗り切ることが出来た側面が紹介されています。


3. 国家防衛の要素


「第10章 少年工科学校の「教育」に注目せよ!」から「第19章 原発と国防」までは、自衛隊及びその教育機関の取材記が掲載されています。

第10章では、横須賀にある陸上自衛隊の少年工科学校における2010年(平成22年)3月の卒業式の様子が取り上げられています。

「第17章 江田島・幹部候補生学校」では、広島県にある海上自衛隊の幹部候補生学校を2010年(平成22年)3月に取材した記録が載っています。

日本のマスコミは自衛隊員の活躍ですら黙殺することが多いため、自衛隊員養成学校の存在を知らない日本人が多いのではないかと思います。

その意味でも小林の取材及びその成果としての情報提供は、命懸けで国防を担っている自衛隊員の様々な側面に光を当てることとなり私たち国民に多大な知識を与えてくれます。

「第15章 TPP参加は食料安保を脅かす」では小林の持論であるTPP不参加を訴えると共に、世界が「食料と水とエネルギーの争奪戦の時代」に突入したことを明らかにしています。


4. まとめ


これまでこのブログでは、2011年5月18日(水)の記事『小林よしのり『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』を読んだ感想 loro2012.blog』など、何回か小林の著書について読後の感想を述べて来ましたが、今回もその精力的な取材ぶりや綿密に調査された数値の紹介など感心させられることばかりでした。

東日本大震災の直後、被災地がどのような状況にあったかを知る上では必読の書と言えるでしょう。


ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論
小林 よしのり
小学館
売り上げランキング: 16,064


スポンサーサイト




小林よしのり『ゴーマニズム宣言SPECIAL 新天皇論』を読んだ感想
記事URL  カテゴリ | 書評 | 2012年06月07日(木)01時52分 | 編集 |
2012年6月7日(木)


目次
1. 基本データ
2. 天皇とは何か?
3. 女帝誕生の是非


1. 基本データ


著 者 小林よしのり
書籍名 ゴーマニズム宣言SPECIAL 新天皇論
ISBN 978-4093897334
ページ数 400ページ


2. 天皇とは何か?


この本は、著者である小林よしのりが、天皇に関して考察したシリーズの最終章となるものです。

以前、このブログでも取り上げましたが、小林は、これまでに、『ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論』(2009年出版)と『ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論』(2010年出版)において、綿密な調査や取材に基づいた天皇論を展開して来ました。

その中で、小林が読者に訴えているのは、私の理解では、「天皇とは祭祀王である」という定義を、国民一人一人が共有し、その定義を踏まえた上で、天皇に関わる議論を深めて行こう、ということでした。

つまり、その定義が共有されていない段階で、どれだけ議論を重ねても、そもそも、「天皇とは何か?」について国民が理解できていないわけですから、正しい世論など形成されるはずがない、ということですね。

天皇論三部作の第3作目となる本書でも、古代からの天皇家の歴史を振り返り、現代及び近未来の天皇像について、小林なりの見解を示して行きます。

小林の本を読んでいて感心させられるのは、理論構成がきちっと出来ていることです。

書籍にせよ、講演にせよ、「理論構成が出来ている」というのは、悪い見方をすれば、理屈っぽさにもつながるのですが、論敵の主張を論破する以上は、理論構成という手法を取らざるを得ません。

400ページにも及ぶ大作の大半は、理論で占められており、精読しなければ、筆者の真意を掴むことが出来ませんので、日常的に、自ら長文を書くこともなく、他者が書いた長文を読むことを敬遠している読者にとっては、読破することはかなり難しいと思われます。


3. 女帝誕生の是非


この本は、結局のところ、現皇太子の後に続く天皇に相応しいのは誰か、ということについての論争に決着をつけることが趣旨です。

小林が、この本の題名をつけるにあたり、「天皇論」の上に、「新」という語を付加したのは、この本が、既刊『天皇論』の単なる続編ではなく、新時代の天皇のあり方に光を当てようという意識の現れだと思います。

小林が主張しているのは、皇室典範の早期改正であり、彼は、その先にある、女帝の誕生を見据えています。

天皇家の行く末を議論するにあたり、それほど時間的な余裕はないのだ、ということが本書を読めばよく分かります。

小林が言っているように、そもそも、天皇家の将来を、臣下である国民があれこれと検討すること自体、不遜なわけですが、現行の憲法、及び皇室典範の規制があるため、やむを得ないのです。

本来であれば、天皇家のことは、天皇陛下がご決断下されば良いことなのですが、残念ながら、今の法体系では、そうもいかないのです。

そのあたりの不必要な法的縛りも、今後の議論の中で、解いていく必要があると感じました。

小林の博識ぶりや、研究熱心さには、毎度のことながら感心させられますし、文章を構成するだけでなく、絵を描いて読者に視覚的に訴える術を持っている点など、とてもじゃないですが、私には真似できない才能を持っている人だと、心から尊敬しています。


ゴーマニズム宣言SPECIAL 新天皇論
小林 よしのり
小学館
売り上げランキング: 16,439







里中満智子『マンガ ギリシア神話』全8巻を読んだ感想
記事URL  カテゴリ | 書評 | 2011年07月18日(月)01時56分 | 編集 |
2011年7月18日(月)


著 者:里中満智子
書籍名:『マンガ ギリシア神話』全8巻

〈1〉神々と世界の誕生 ISBN:4124901658
〈2〉至高神ゼウス ISBN:4124901666
〈3〉冥界の王ハデス ISBN:4124901674
〈4〉オイディプスの悲劇 ISBN:4124901682
〈5〉英雄ヘラクレス伝説  ISBN:4124901690
〈6〉王女メディアの激情  ISBN:4124901704
〈7〉トロイの木馬 ISBN:4124901712
〈8〉オデュッセウスの冒険  ISBN:4124901720


現在、このブログではギリシア神話絵画について連載していますが、里中さんの著書を参考にしている部分が多々あります。

里中さんは漫画を描く才能があるだけでなく、ギリシア神話を深く理解し、系統立てて展開していく才能も持っています。

こういう人を、天才というのでしょうね。

この全8巻のシリーズは、初めてギリシア神話に触れる人にとっては、読みやすい入門編になります。

また同時に、ギリシア神話の必要かつ十分な情報が網羅されていますので、中級者の知識の確認にも有益です。

字数制限のない私のブログとは異なり、里中さんはページ数の制限がある中での執筆になりますので、簡潔に仕上がっているという印象があります。

その意味でも、短期間でギリシア神話の全貌を把握できる構成になっています。

上記ISBNは、単行本のものを掲げましたが、中公文庫にもなっています。


マンガ ギリシア神話〈1〉神々と世界の誕生
里中 満智子
中央公論新社
売り上げランキング: 97581







小林よしのり『ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論』を読んだ感想
記事URL  カテゴリ | 書評 | 2011年07月15日(金)01時46分 | 編集 |
2011年7月15日(金)


著者:小林よしのり
書籍名:『ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論』
ISBN:4-344-01795-1


2011年5月18日(水)の記事『小林よしのり『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』を読んだ感想 loro2012.blog.fc2.com』で、小林よしのり著『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』について述べましたが、その続編としての『ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論』は、昭和天皇の戦中戦後の生き方に焦点を当てる内容になっています。

昭和天皇の戦争責任については、小林氏は、あらゆる観点から分析して、全くないと断じています。

終戦直後、昭和天皇がマッカーサーとともに写った有名な写真がありますが、あの写真を日本側がどのように受け止めたのかについて、興味深い逸話が紹介されています。

7世紀に行われた白村江の戦いで日本が惨敗した後、天智天皇が日本国家をどのように導いたのかを踏まえて、20世紀の昭和天皇が全国行幸に出掛けた経緯が記されています。

昭和天皇の行った全国行幸については、その名称は有名ですが、実際にどのような様子だったのかについてはあまり知られていないと思います。

小林氏は詳細に、各県での行幸の雰囲気を伝えています。
このあたりは、文字よりも漫画の方が伝わりやすいと思います。

将来、政治家や外交官になろうと考えている若者には、必読の書だと思います。


ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論
小林 よしのり
幻冬舎
売り上げランキング: 12358







小林よしのり『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』を読んだ感想
記事URL  カテゴリ | 書評 | 2011年05月18日(水)01時43分 | 編集 |
2011年5月18日(水)


私が読んだ本を紹介する企画の第2弾は小林よしのり著『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』です。


1. 基本データ


書籍名 ゴーマニズム宣言SPECIAL
副 題 天皇論
著 者 小林よしのり
ISBN 4-09-389715-8
ページ数 384ページ


2. 目次


序章 わしが「君が代」を歌うようになったわけ
第1章 無自覚な天皇尊崇
第2章 雅子妃への祈り
第3章 初めての新年一般参賀  
第4章 天皇の基礎知識1・天皇には姓がない
第5章 天皇の基礎知識2・皇居と国家元首
第6章 皇室祭祀と三種の神器
第7章 今上天皇の大御心・御即位二十年・福祉
第8章 今上天皇の大御心・御即位二十年・慰霊
第9章 天皇は「神」だったのか?
第10章 天皇は「カミ」である!
第11章 天皇即位の条件に「人格」はない
第12章 学術を装った「宮中祭祀廃止論」の悪意
第13章 「天皇制」「天皇家」という言葉は間違い
第14章 天皇イメージの変遷
第15章 明治憲法は天皇絶対主義だったのか?
第16章 「完全政教分離」という破壊思想
第17章 シナの「王道」、日本の「皇道」
第18章 天皇は差別の元凶ではない
第19章 なぜ「国体護持」が必要だったのか?
第20章 天皇と公民で成り立つ「国体」
最終章 国民主権は国体にあらず


3. この本を読もうと思ったきっかけ


私は大学4年の頃にアイザック渋谷校に通って英会話を学んでいました。

正直なところ特に目的意識もなく漠然と通っていただけだったので、あまり効果があったとは思えません。

アイザックが提供する授業内容が悪いのではなく、私の学ぶ姿勢に問題があったのだろうと思っています。

このアイザックで私を担当していたオーストラリア人女性の教師がいました。

彼女はブリズベンの出身で夫と共に来日し、アイザックで英語を教える傍ら空手を習っていると言っていました。

日本語はあまり喋れないようで、授業における私とのやりとりは当然のことながら全て英語でした。
何回目かの授業の時に経緯は忘れましたが、「天皇とは何か」という質問を彼女から受けました。

彼女は天皇の名前が「ヒロヒト」であるということは知っていました。
そう、私が大学4年だったのは1988年で昭和63年のことです。

その授業の時間内で、天皇について英語で簡潔に説明する能力は当時の私にはありませんでした。

そこで、後日レポート用紙に「天皇とは何か」について英語で書いて渡しますという申し出をしたのでした。

そのレポートはA4用紙で約10枚の分量になったと記憶していますが、内容面でどんなことを書いたのかは全く覚えていません。

ただ、レポートを読んだ女性教師は「なるほどね。」というような反応だったと思います。

そういう経験を持っている私にとって、小林よしのりが天皇についてどのような見解を示すのかとても興味がありました。

もちろん小林よしのりが書く以上、この書籍は基本的には漫画です。

ただ、『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』などと同じで、きちっと理論構成されていて読み応えがあります。

彼の主張を端的に表せば「天皇とは祭祀王である」ということになります。

天皇が毎月1、11、21日に旬祭(しゅんさい)と呼ばれる宮中祭祀を行っていることなど、日本人があまり知らないであろうことも詳細に述べられています。

毎度のことながら小林氏の情報収集力や読解力、歴史に関する知識の深さなどには感嘆します。
わずか1,575円でこれだけの情報が得られるわけですから費用対効果は大きいと思います。


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
小林 よしのり
小学館
売り上げランキング: 2776







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。