映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





フランシスコ・デ・スルバラン『ポルトガルの聖イザベル』
記事URL  カテゴリ | キリスト教の聖人絵画 | 2014年08月09日(土)08時42分 | 編集 |
記事のタグ: プラド美術館
2014年8月9日(土) 


目次
1. ポルトガル王妃
2. 貧者や病人への奉仕
3. 原題


今回取り上げる作品はフランシスコ・デ・スルバラン作『ポルトガルの聖イザベル』です。

フランシスコ・デ・スルバラン『ポルトガルの聖イザベル』634


1. ポルトガル王妃


スペインの画家フランシスコ・デ・スルバラン(1598-1664)が描いているのはポルトガル王妃イザベルです。
イザベル(1271-1336)はアラゴン王ペドロ3世の娘です。

アラゴンは中世後期にイベリア半島に存在した王国です。
アラゴン王国の領土は現在のスペイン北東部にあるアラゴン州に相当する地域でした。

イザベルはアラゴンの出身ということでスペイン語ではイサベル・デ・アラゴン・イ・シシリアと呼ばれています。

イザベルは1282年にポルトガル王ディニス1世(在位:1279-1325)と結婚しました。


2. 貧者や病人への奉仕


イザベルは幼い頃から敬虔なカトリック教徒でした。
アラゴン王女として貧しい人々や病人に対する奉仕活動に積極的に従事していました。

ポルトガル王妃となった後もイザベルの信仰に対する態度は変わりません。
ポルトガル領内の貧者への施しはイザベルが生きている間続きました。

一方、ディニス1世は妻イザベルとは対照的に不信心な王でした。
イザベルが社会奉仕活動に勤しんでいる様子を快く思っていなかったのです。

ある日、宮廷を出て行くイザベルを王ディニス1世が見咎めました。
頻繁に出かける妻イザベルが浮気をしているのではないかと疑ったのです。

この時イザベルは貧者に施すためのパンを籠に入れて前掛けで隠して持っていました。
もしパンの存在が夫に知れたら今後こういった奉仕活動は一切禁止されるかも知れません。

ディニス1世はイザベルに対して籠の中身は何かと尋ねました。
イザベルは咄嗟に籠の中には薔薇の花が入っていると答えました。

ディニス1世は念のため籠の中身を改めようとします。
王は王妃が食料を宮廷から持ち出して貧者に施していることを薄々気づいていたのです。

王の手が前掛けに伸び、籠の中身が露(あらわ)になったその瞬間、パンは薔薇の花に変わりました。
神の奇跡が起きたのです。

作品の中でイザベルが右手に持っているのは薔薇の花です。

こうしてイザベルは危機を切り抜けて奉仕活動を継続していくことが出来たのです。
イザベルは17世紀に入って聖人に列せられることになりました。


3. 原題


フランシスコ・デ・スルバラン(Francisco de Zurbarán)が描いた『ポルトガルの聖イザベル』はスペイン語ではSanta Isabel de Portugalと言います。

この作品はプラド美術館(Museo Nacional del Prado)で見ることが出来ます。

キリスト教の聖人絵画シリーズは今回でおしまいです。

スポンサーサイト




ジョット・ディ・ボンドーネ『アッシジの聖フランチェスコの聖痕拝受』
記事URL  カテゴリ | キリスト教の聖人絵画 | 2014年08月08日(金)07時25分 | 編集 |
記事のタグ: ルーヴル美術館
2014年8月8日(金) 


目次
1. アッシジの修道士
2. 原題


今回取り上げる作品はジョット・ディ・ボンドーネ作『アッシジの聖フランチェスコの聖痕拝受』です。

ジョット・ディ・ボンドーネ『アッシジの聖フランチェスコの聖痕拝受』622


1. アッシジの修道士


アッシジの聖フランチェスコ(1182-1226)は中世イタリアにおける著名な聖人の一人です。
45年に満たない人生の中でフランシスコ会というカトリック教会の修道会を創設しました。

イタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネ(1267頃-1337)が描いているのはフランチェスコがイエスから聖痕(せいこん)を授けられている場面です。

イエスは磔刑になった時に両手、両足、右脇腹の五ヶ所に傷が出来ました。
これらの傷が後世の信者の体の同じ部位に現れることがあるのです。

この傷のことをカトリック教会では聖痕と呼んでいます。
聖痕が現れるということは神の奇跡の一環であり、その信者の信仰の深さを物語るものと解釈されています。

聖フランチェスコの体にはこの聖痕が現れたと言われています。
イエスと同じように両手、両足、右脇腹に傷が出現しました。

向かって右で翼をつけて空中にいるのはイエスです。

翼が全部で六つあるのは熾天使(してんし)の姿であることを表しています。
熾天使とは天使の九階級の内、最上とされている天使です。

フランチェスコはイエスによって聖痕を授けられ神との絆が確固たるものになったのです。

アメリカの都市サンフランシスコはアッシジの聖フランチェスコの名前が由来となっています。


2. 原題


ジョット・ディ・ボンドーネ(Giotto di Bondone)が描いた『アッシジの聖フランチェスコの聖痕拝受』はフランス語ではSaint François d'Assise recevant les stigmatesと言います。

les stigmatesは複数形で聖痕を意味します。
この作品はルーヴル美術館(Musée du Louvre)で見ることが出来ます。





ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ『聖ヒエロニムス』
記事URL  カテゴリ | キリスト教の聖人絵画 | 2014年08月07日(木)21時30分 | 編集 |
2014年8月7日(木) 


目次
1. 学識者
2. 原題


今回取り上げる作品はミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ作『聖ヒエロニムス』です。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ『聖ヒエロニムス』243


1. 学識者


ヒエロニムス(340頃-420)は現在のアドリア海沿岸地域で生まれました。
アドリア海というのはイタリア半島とバルカン半島に挟まれた海です。

現在で言うとクロアチアの領土内で生まれたということになります。

ヒエロニムスはローマ留学などを経て、ラテン語やギリシア語そしてヘブライ語を習得します。
この3言語の知識を駆使して、後に聖書を翻訳する業務に没頭しました。

旧約聖書はヘブライ語で書かれていますが、ヒエロニムスはこれをラテン語に翻訳しました。
新約聖書はギリシア語で書かれていますが、ヒエロニムスはこれをラテン語に翻訳しました。

ヒエロニムス以降の神学研究に携わる人々はラテン語を習得すれば聖書に何が書いてあるのかを知ることが出来るようになったわけです。

キリスト教はこれ以後も、画家及び通訳・翻訳者たちのおかげで世界宗教へと飛躍していくことになるのです。


2. 原題


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)が制作した『聖ヒエロニムス』はイタリア語ではIl San Gerolamoと言います。

Gerolamo(ジェローラモ)はヒエロニムスのことです。

この作品はローマにあるボルゲーゼ美術館(Galleria Borghese)で見ることが出来ます。





ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『イレーネに看護を受ける聖セバスティアン』
記事URL  カテゴリ | キリスト教の聖人絵画 | 2014年08月06日(水)07時58分 | 編集 |
記事のタグ: ルーヴル美術館
2014年8月6日(水) 


目次
1. 聖イレーネ
2. セバスティアンの最期
3. 原題


今回取り上げる作品はジョルジュ・ド・ラ・トゥール作『イレーネに看護を受ける聖セバスティアン』です。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『イレーネに看護を受ける聖セバスティアン』428


1. 聖イレーネ


セバスティアンの処刑が終わった後、イレーネという女性が遺体を埋葬するためにセバスティアンの元へ近づきました。

イレーネはカストゥルスという男性の未亡人でした。
カストゥルスもイレーネもキリスト教徒でした。

イレーネは処刑により体中に矢を受けたセバスティアンが奇跡的に一命をとりとめているのを発見します。
そして瀕死の状態のセバスティアンを自宅に引き取り看護をします。

フランスの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593-1652)が描いているのはイレーネがセバスティアンの手当てをしている場面です。

セバスティアンはローマ皇帝ディオクレティアヌス(在位:284-305)に反逆した立場です。
看護する場合、秘密裏に行う必要がありました。

ラ・トゥールの作品は暗くて見づらいですが、実際にはこのような人目につかない方法でイレーネはセバスティアンを助けていたのだと思われます。

前景で横たわっているのがセバスティアンです。
鳩尾(みぞおち)のあたりに矢が一本だけ刺さったままです。

セバスティアンの左手を取っている女性がイレーネです。
イレーネは右手に松明を持ちセバスティアンの顔を心配そうに覗き込んでいます。


2. セバスティアンの最期


イレーネの看護によりセバスティアンは健康を回復しました。
セバスティアンは再びディオクレティアヌスの元を訪れます。

そしてイエスの教えをディオクレティアヌスに何度も説いたのです。
セバスティアンの揺ぎ無い信仰を見たディオクレティアヌスは自ら棍棒を手にしてセバスティアンを打ちつけました。

ディオクレティアヌスはセバスティアンが息絶えるまで打ち続けたと言います。
そして遺体は人目につかない場所に捨てられました。


3. 原題


ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(Georges de La Tour)が描いた『イレーネに看護を受ける聖セバスティアン』はフランス語ではSaint Sébastien soigné par Irèneと言います。

soigner ZはZの治療をするという意味です。
この作品はルーヴル美術館(Musée du Louvre)で見ることが出来ます。





ペルジーノ『聖セバスティアン』
記事URL  カテゴリ | キリスト教の聖人絵画 | 2014年08月05日(火)07時38分 | 編集 |
記事のタグ: ルーヴル美術館
2014年8月5日(火) 


目次
1. ディオクレティアヌスによる迫害
2. 原題


今回取り上げる作品はペルジーノ(Perugino)作『聖セバスティアン』です。

ペルジーノ『聖セバスティアン』518


1. ディオクレティアヌスによる迫害


セバスティアンはローマ皇帝ディオクレティアヌス(在位:284-305)の時代に活躍した聖人です。
セバスティアンの元々の職業はローマ軍の士官でした。

セバスティアンは士官をする傍ら、秘密裏にキリスト教の信者となりました。

ディオクレティアヌスはキリスト教を迫害した皇帝です。
その配下の者がキリスト教徒になることは断じて許されません。

やがてセバスティアンの信仰は露見します。

ディオクレティアヌスは裏切り者のセバスティアンを弓矢で処刑することを決めます。
イタリアの画家ペルジーノ(1450頃-1523)が描いているのはセバスティアンが処刑されている場面です。

作品では二本の矢が刺さっているだけですが実際には多数の矢がセバスティアンの体に突き刺さったと言われています。

ところがそれらの矢はことごとく急所を外れます。
セバスティアンは奇跡的に命を落とすことなく、この後もしばらく生き延びることになるのです。


2. 原題


ペルジーノ(Le Pérugin)が描いた『聖セバスティアン』はフランス語ではSaint Sébastienと言います。

ペルジーノはペルージャ人という意味です。
本名はピエトロ・ディ・クリストフォロ・ヴァンヌッチ(Pietro di Cristoforo Vannucci)と言います。

この作品はルーヴル美術館(Musée du Louvre)で見ることが出来ます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。