映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





三浦友和主演映画『226』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本映画 | 2013年10月30日(水)13時01分 | 編集 |
2013年10月30日(水) 


10月22日(火)にBSTBSで、三浦友和主演の映画『226』を見ました。

この映画は1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて発生した二・二六事件を扱っており、昭和維新を叫んで決起した青年将校たちの視点から描かれています。

三浦友和が演じる安藤輝三陸軍大尉や、萩原健一が演じる野中四郎陸軍大尉らは、農村の困窮を放置している政権中枢や財界の腐敗を正し、天皇親政を実現することを目的に2月26日未明に決起しました。

安藤らが君側(くんそく)の奸と認定し殺害標的としたのは、岡田啓介首相、高橋是清大蔵大臣、鈴木貫太郎侍従長などの現職閣僚と、かつて内大臣を務めていた伯爵牧野伸顕らでした。

岡田啓介総理がいる首相官邸は栗原安秀陸軍歩兵中尉の部隊が襲撃したのですが、官邸内で岡田総理になりすましていた松尾伝蔵を総理本人と誤認し射殺しました。

松尾伝蔵は岡田啓介の妹・トシホの夫であり、首相秘書官も務めていました。
岡田総理は襲撃の最中、押入れの中に隠れていたため難を逃れました。

政権転覆を狙うクーデター軍にとって岡田総理を暗殺出来なかったことは大失態であり、このクーデター事件全体が失敗に終わる一つの原因となりました。

安藤輝三は侍従長公邸を襲い、鈴木貫太郎に銃弾を数発撃ち込むことに成功しましたが、もうこれで十分だと判断して止(とど)めを刺さなかったため、結果的に鈴木貫太郎は一命を取り留めました。

クーデター首謀者の野中四郎は2月29日に拳銃で自決し、安藤輝三と栗原安秀は7月に叛乱罪で死刑判決を受け銃殺されました。

岡田啓介首相(任期:1934年7月から1936年3月)は二・二六事件の後、3月9日に辞任しています。

岡田総理の辞任後は、広田弘毅と林銑十郎が首相を務めましたがいずれも短命内閣に終わり、近衛文麿総理誕生へと続いていきます。

この第一次近衛文麿内閣(任期:1937年6月から1939年1月)の任期中、1937年(昭和12年)7月7日に盧溝橋事件が勃発し、日本は蒋介石が率いる中華民国との日中戦争に突入して行くのです。

二・二六事件で命拾いした鈴木貫太郎侍従長は、その後1945年4月に総理大臣に任命され大東亜戦争を終結に導くことになります。

鈴木貫太郎首相は玉音放送の2日後、8月17日に辞任しました。

三浦友和主演映画『226』を見た感想 192


クーデター軍が司令部として使用するために占拠した山王ホテルは、敗戦後の1946年にアメリカ軍の専用施設として供与され1983年までアメリカ軍が使い続けました。

その後ホテルは取り壊されて更地となり、現在は山王パークタワーが建っています。


あの頃映画 「226」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) (2011-12-21)
売り上げランキング: 18,440


スポンサーサイト



関連記事

パオロ・ヴェロネーゼ『神殿で博士たちと問答するイエス』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2013年10月29日(火)14時03分 | 編集 |
記事のタグ: プラド美術館
2013年10月29日(火) 


目次
1. 12歳のイエス
2. 原題


今回取り上げる作品は、パオロ・ヴェロネーゼ作『神殿で博士たちと問答するイエス』です。

パオロ・ヴェロネーゼ『神殿で博士たちと問答するイエス』 178


1. 12歳のイエス


ユダヤ民族の伝統的な行事として、過越(すぎこし)の祭りと呼ばれている祝祭があります。
これはモーゼに率いられて「出エジプト」を実現した先祖たちの苦労を偲んで、毎年春に行われるものです。

12歳になったイエスは両親に連れられてエルサレムへやって来ました。
この過越の祭りに参加するためです。

無事行事への参加を務め、両親が帰ろうとするとイエスの姿が見当たりません。
ようやく探し当てた時、イエスは大人の律法学者たちを相手に聖書の中身について議論をしていました。

大人に聖書に関する講義を受けていたのではなく、逆に権威あるはずの学者たちをやりこめていたのです。

このようにイエスは年若い頃から博識で、ユダヤ教の教理について精通していたことを表しているのがこの作品なのです。


2. 原題


パオロ・ヴェロネーゼ(1528-1588)が制作した『神殿で博士たちと問答するイエス』は、スペイン語ではLa disputa con los doctores en el Temploと言います。

la disputaは議論あるいは言い争いという意味です。
el temploは神殿という意味です。

この作品は、プラド美術館(Museo Nacional del Prado)に所蔵されています。




関連記事

マドンナ主演映画『スウェプト・アウェイ』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月27日(日)16時19分 | 編集 |
2013年10月27日(日) 


10月22日(火)に日本テレビで、マドンナ主演の映画『スウェプト・アウェイ(原題:Swept Away)』を見ました。

この映画は2002年にアメリカで公開されましたが、1974年に公開されたイタリア映画『流されて…(原題:Travolti da un insolito destino nell'azzurro mare d'agosto)』のリメイク版です。

元になった映画のイタリア語題名は、「8月の青い海で意外な運命に翻弄された2人」と訳せます。

主役のマドンナは有閑階級の高慢な婦人アンバー・レイトンを演じています。

マドンナ主演映画『スウェプト・アウェイ』を見た感想 420


美貌のアンバーは製薬業界で高給を取る夫トニー・レイトンに連れられて、ギリシアからイタリアへと向かう少人数のクルーズ船に乗船します。

日頃から何を与えられても満足できない傲慢なアンバーは、小ぢんまりしたクルーズ船の中にいること自体気に入らず、船内で給仕する男性ジュゼッペに対してことある度に辛辣な言葉を投げかけ、虐(いじ)め抜くことで気を晴らそうとします。

ジュゼッペはいくら客とはいえ無理難題を命じられ続けることに嫌気が差して来ますが、お金の力がモノを言う世界では労働者としてアンバーに仕える以外に生きる道がありませんので、渋々命令に従っています。

ジュゼッペの本業は漁師なのですが、生活費を稼ぐために船上の給仕のアルバイトもこなしているのです。

数日後、アンバーは小型ボートに乗り込んで数時間の予定で洞窟を見に行きたいと言い出しますが、ジュゼッペは漁師としての状況判断からクルーズ船にいた方が良いと、洞窟行きには反対の立場を述べました。

しかし、驕り高ぶったアンバーは下僕たるジュゼッペの言うことなど聞く耳を持ちません。

自分のやりたい時にやりたいことをやりたいようにやる、これがお金に困らないアンバーの生き方であり、この世のあらゆる場面でその生き方を相手の都合などお構いなしに貫き通して来たわけです。

労働者であるジュゼッペには雇い主であるアンバーに対する拒否権はありません。

たとえ雇用者の判断が間違っていたとしても、人間性に著しく欠ける人物だったとしても、この世では給料を出してやっている側が「正義」なので、給料を受け取る側の労働者は逆らうことなど出来ないのです。

陸の上では高慢な雇い主との折り合いがつかなければ、労働者の立場や得られるはずの賃金を捨てれば良いという考え方もあるのかも知れませんが、地中海に浮かぶ船の上ではそれもままならず、とりあえず港に着くまでは耐え忍ぶしかないわけです。

マドンナ主演映画『スウェプト・アウェイ』を見た感想2 394


ジュゼッペとアンバーを乗せた小型ボートのエンジンが航行中に停止し、流されるままに数日後、ボートは無人島に到着しました。

無人島というのは財力や携帯電話などの物質文明から隔離された場所で、都会において上流階級に属しているという人生など何の役にも立ちません。

ジュゼッペは漁師なので、海に潜り魚介類を捕まえて食料を確保する術を持っています。

一方、日頃贅沢三昧な消費生活を繰り返しているだけのアンバーには何も技術が身に付いておらず、大自然の中で食料の調達など出来るはずもありません。

無人島に上陸後わずか数時間で、アンバーは喉の渇きと飢えに苦しむ事態に陥りました。

こうなるとクルーズ船の中で確立された主従関係がこの無人島では逆転し、アンバーはジュゼッペを主人と呼ぶように命令されて渋々ながらも従います。

さらに、アンバーはジュゼッペの命令に従って魚を焼くなどの労働を強いられることになります。

アンバーはこの惨めな下僕生活の中で、傲慢な態度を取り続けるジュゼッペに対して憎しみを募らせて行きますが、日々の食生活を維持できるジュゼッペの力量に対して次第に心を惹かれていきます。

やがて2人には愛が芽生えセックスをする仲へと発展します。
無人島にコンドームなどありませんので、妊娠覚悟の中出しです。

都会の高級ホテルやクルーズ船の中では絶対にあり得ない2人のセックスが、この無人島では完全な合意の元に繰り返されて行きます。

自分勝手な雇い主だったアンバーはお金では買えないものがあるという事実を知り、上流社会という虚栄に満ちた空間で流されて生きて来たに過ぎないことに気づきます。

そして、人も羨(うらや)む都市生活者だったあのアンバーが、この無人島でジュゼッペと一緒にこのまま暮らして行きたいと願うように変貌するのです。

マドンナ主演映画『スウェプト・アウェイ』を見た感想3 252


お金や知識や社会的地位は「生活状態」にあって初めて意味を成すものであり、「生存状態」においては身を飾る一切のものは無価値です。

生存状態において必要なものは一に飲料水、ニに食料、三に安眠できる場所であり、それらが確保された次の段階で求められるのがセックスです。

健全な肉体と精神を維持するために必要なのは、札束ではなくセックスです。

アンバーは最終的に夫トニーの待つ札束の世界へと舞い戻るのですが、生存状態で得られたセックスの快楽を含めた充足感は都市生活では決して手に入らないことを悟りました。

マドンナはこのアンバー役で2002年のゴールデンラズベリー賞の最低主演女優賞を獲得し、下手な演技を酷評されたようですが、私は都会で暮らす生産力のない高慢な富豪の夫人と、無人島で生存するために労働する薄汚れた身なりの熟女を巧みに演じ分けていたと感じました。


スウェプト・アウェイ [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-11-04)
売り上げランキング: 26,007





関連記事

ウェス・ベントリー主演映画『嘘つきは恋の始まり』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月26日(土)13時53分 | 編集 |
2013年10月26日(土) 2本目


10月20日(日)にGyaO!で、ウェス・ベントリー主演の映画『嘘つきは恋の始まり(原題:The Last Word)』を見ました(配信期間:2013年10月18日~2013年11月17日)。

ギャオの説明書きには、「恋に嘘は付き物!? 幸せになるヒントがいっぱい! 極上ロマンティックコメディ!」なんて書いてありますが、映画の本質からかけ離れた宣伝文句だと言えます。

ウィキペディア英語版にも、型破りなロマンティック・コメディ(an offbeat romantic comedy-drama film)という定義がなされていますが、この映画は恋愛コメディものではありません。

邦題の『嘘つきは恋の始まり』は映画の内容を踏まえており、決して的外れな題名ではないのですが、映画の本質は原題のThe Last Word(最後の言葉)の方が的確に表現されていると思います。

「最後の言葉」とは遺書を指します。
主演のウェス・ベントリーが演じるエヴァンは遺書の代筆業で生計を立てている男性です。

エヴァンは遺書を代筆した男性の葬儀の様子を付近から見守っていたのですが、その男性の妹シャルロットがエヴァンの存在に目を留めました。

シャルロットは、ウィノナ・ライダーが演じています。

ウェス・ベントリー主演映画『嘘つきは恋の始まり』を見た感想1 459


シャルロットは葬儀が一段落した後、足早に立ち去ろうとするエヴァンに声をかけ、なぜ兄の葬儀を見つめていたのかと問います。

素性を明かすことが出来ないエヴァンは、咄嗟に大学時代の友人だったと苦し紛れの嘘をついてしまい、この嘘を信用したシャルロットはエヴァンに興味を持ち積極的に2人の関係を発展させようとします。

この後、エヴァンとシャルロットの間にはセックスを含めた恋愛模様が描かれるのですが、それほどロマンティックでもなくむしろ乾いた恋愛という印象を受けましたし、そもそも2人の恋愛が映画の主軸ではありません。

ウェス・ベントリー主演映画『嘘つきは恋の始まり』を見た感想2 480


様々な理由により間もなくこの世を去る人たちの最後の言葉を紡ぎ出す遺書の代筆業という仕事は、人生を前向きに捉えて朗らかな性格を形成するためには不向きです。

内向的で陰気な性格のエヴァンは、自分の本当の仕事をシャルロットに告げることが出来ず苦悩します。

シャルロットと交際中にもエヴァンの元には複数人から遺書代筆依頼が舞い込み、エヴァンは生活のために仕事を請け負って死を目前にした人たちとの関わりを続けて行きます。

やがてシャルロットはエヴァンと兄との関係を突き止めることになるのですが、兄の死の真相が膵臓癌であったことをエヴァンから知らされて愕然とします。

この辺りの話の展開には無理がありましたし、最後の通信機器を爆破する場面も取り立ててこの作品に必要な要素とは思えませんでした。

ウィノナ・ライダーは主役ではないので、その点を誤解して見た人は期待外れに終わります。


嘘つきは恋の始まり [DVD]
オデッサ・エンタテインメント (2011-12-02)
売り上げランキング: 76,736





関連記事

ベン・アフレック主演映画『パール・ハーバー』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月22日(火)14時05分 | 編集 |
2013年10月22日(火) 


10月16日(水)にフジテレビでベン・アフレック主演の映画『パール・ハーバー(原題:Pearl Harbor)』を見ました。

ハワイの現地時間で1941年12月7日に行われた日本軍の真珠湾攻撃をアメリカ側の視点で描いた戦争映画ですが、183分の上映時間の内およそ半分は登場人物たちの恋愛物語になっています。

主役のベン・アフレックはアメリカ陸軍航空隊の戦闘機パイロットであるレイフ・マコーレーを演じています。

レイフの幼い頃からの親友かつ航空隊の同僚であるダニー・ウォーカーはジョシュ・ハートネットが演じています。

レイフはダニーと共に受験した徴兵検査の折に従軍看護師のイヴリン・ジョンソンと出会い恋仲になります。
イヴリンを演じているのはケイト・ベッキンセイルです。

ベン・アフレック主演映画『パール・ハーバー』を見た感想1 252


レイフはナチスドイツ軍がヨーロッパ各地で横暴な振る舞いを続けている現状を見過ごすことが出来ず、ダニーやイヴリンとの日常を捨てて自ら志願してイギリスがドイツと戦っているヨーロッパ戦線に赴きます。

その後、ダニーとイヴリンはハワイ州オアフ島の真珠湾に展開している基地に配属となり、レイフがドイツ空軍の攻撃を受けて墜落死したという知らせを受け取ります。

恋人の死を知らされて愕然とするイヴリンをダニーが慰めている内に、いつしか2人の間には恋が芽生えやがてセックスをする仲へと発展していきます。

ところがレイフが戦死したという知らせは誤りであり、奇跡的に戦地を生き延びたレイフがイヴリンと再会できることを楽しみに真珠湾基地へとやって来ました。

レイフはイヴリンとダニーとの恋愛関係を知らされ、2人との間に距離を置こうとします。

映画は真珠湾攻撃の結果、戦艦アリゾナが撃沈されていく様子を克明に描き、その後アメリカが対日宣戦布告して1942年4月18日に実施されたB-25による日本本土空襲作戦の描写へと続きます。

この作戦はドーリットル空襲と呼ばれています。

レイフとダニーらが乗った複数のB-25は東京空襲に成功した後、日本軍が占領する支那の沿岸地帯に不時着し乗組員たちは駐留している日本軍によって包囲されてしまいます。

作品の最後は感動的な終わり方になっていましたが、多くの若い命が奪われる戦争はやはり無益であるという感想を持ちました。

ベン・アフレック主演映画『パール・ハーバー』を見た感想2 252


この映画は2001年に公開されたのですが、その4年後の2005年にベン・アフレックと結婚したジェニファー・ガーナーも地味な看護師役で出演しています。


パール・ハーバー 特別版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-01-25)
売り上げランキング: 17,432





関連記事

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『大工聖ヨセフ』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2013年10月22日(火)14時01分 | 編集 |
記事のタグ: ルーヴル美術館
2013年10月22日(火)


目次
1. イエスの前半生
2. 原題


今回取り上げるのは、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作『大工聖ヨセフ』です。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『大工聖ヨセフ』 459

1. イエスの前半生


イエスが信仰の道に専念し始めたのは30歳を過ぎてからと言われています。
それまでにイエスがどこで何をしていたのかについては、全くと言っていいほど分かっていません。

養父であるヨセフの職業が大工でしたので、イエスは幼少の頃からその働く姿を見て育ったはずです。
そしてヨセフ亡き後は、母マリアを支えながら大工仕事に精を出していたのではないだろうかと考えられています。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593-1652)は、少年イエスが父の仕事場で一緒に夜を過ごしている場面を描いています。

この年齢の頃はまだヨセフが健在で、イエスはあくまでも普通の少年として描かれています。

少なくともこのイエスからは宗教的な香りというものは感じられませんよね。

イエスの顔が明るく照らし出されているのに対して、ヨセフの表情にはどこか翳りも感じられます。
ヨセフはイエスが宗教的活動に入る前に亡くなっています。

養父ヨセフはイエスのこんな間近で暮らしていながら、イエスの起こした数々の奇跡を見ることはなかったのです。
同時にあの十字架事件を見つめることもありませんでした。


2. 原題


ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(Georges de La Tour)が制作した『大工聖ヨセフ』は、フランス語ではSaint Joseph charpentierと言います。

charpentierが大工という意味です。
この作品はルーヴル美術館(Musée du Louvre)で見ることが出来ます。




関連記事

ジニファー・グッドウィン主演映画『Something Borrowed/幸せのジンクス』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月20日(日)15時44分 | 編集 |
2013年10月20日(日)


10月15日(火)に日本テレビで、ジニファー・グッドウィン主演の映画『Something Borrowed/幸せのジンクス(原題:Something Borrowed)』を見ました。

ジニファー・グッドウィン(Ginnifer Goodwin)はウィキペディアに掲載されている写真だと短髪にしていて今ひとつという感じですが、この映画では長めの髪型が知的な印象を与える独身女性レイチェル・ホワイトを演じています。

ジニファー・グッドウィン主演映画『Something+Borrowed幸せのジンクス』を見た感想1 488


ニューヨークの法律事務所で弁護士として働いているレイチェルは30歳になった誕生日の夜に、幼い頃からの親友ダーシー・ローヌが企画してくれた誕生パーティーに出席します。

地味で控え目なレイチェルはこうした豪勢な集いに参加することは苦手なのですが、30歳という節目でもありダーシーが間もなく独身生活と別れを告げる時期に重なっていたため、内心では困惑しながらもパーティー会場へとやって来たわけです。

自分の感情を素直に表現出来ないレイチェルとは対照的にダーシーは派手好きかつ社交的で、レイチェルの法学部時代の同級生デックス・セラーとの結婚を間近に控えています。

ダーシーを演じているのは、ケイト・ハドソンです。

ジニファー・グッドウィン主演映画『Something Borrowed幸せのジンクス』を見た感想2 500


学生時代、レイチェルはデックスに対して仄(ほの)かな恋心を抱いていたのですが、自分から言い出せるはずもなく単なる良き友人として交際を続ける中でデックスにダーシーを紹介する流れとなり、積極的なダーシーがデックスを自分の彼氏にしたという過去がありました。

誕生パーティが終わった後、ダーシーの高価なハンドバッグがきっかけとなって、レイチェルはデックスに誘われて2人で別の店に飲みに行くことになりました。

恋愛やセックスに対して奥手なレイチェルは、美男子のデックスと2人でテーブルについていることが嬉しい半面苦痛でもあり、不釣り合いな自分たちを見ている回りの美女たちから馬鹿にされているように感じてしまいます。

レイチェルはそういった自己卑下をする傾向がある女性で、ジニファー・グッドウィンは見事な演技力でレイチェルの屈折した内面を表現していたと思います。

会話を進めていく中でデックスの心遣いに感激したレイチェルは気が大きくなり、学生時代にデックスのことが好きだったと今さらながらに告白してしまいました。

しかも、「あなただって私の気持ちが分かっていたはずよ」とまで言ってしまいました。

レイチェルとしてはダーシーという婚約者がいるデックスに対してかつての恋心を打ち明けたとしても、その場の戯言(たわごと)として片付けてもらえるはずだという考えがありました。

この時点では、レイチェルには「それ以上のこと」を望む考えなどありませんでした。

ところがデックスはレイチェルのその言葉を戯言とは受け取らず、乗り込んだタクシーの中で口づけを交わし、そのままレイチェルの部屋に到着して2人は初めてセックスするに至ったのでした。

レイチェルの人物設定は引っ込み思案でパッとしない外見で、あまり自己主張もせず自分の気持ちや欲望は抑制しながら生きて来た30歳の独身女性です。

そんなレイチェルでも恋愛に憧れる気持ちは若い頃から当然持っており、彼氏を作りたいしセックスもしたいという誰でもが望み実際にやっていることを自分もしてみたいという願望は強く持っていました。

ただどちらかというと一途なところがあるため、学生時代に恋に落ちたデックスのことが何年経っても忘れられず、現在の職場で思いを寄せてくれる同僚イーサンの心にも気づきません。

かといって自分からデックスに対して何か行動に移すことなど出来るはずもなく、気がついたら30歳になっていたわけですね。

デックスはこれまでそんなレイチェルのことを良き友人として理解していたのですが、実はデックスにも友情以上の気持ちがレイチェルに対して存在していたのでした。

お互いの本当の気持ちを今さらながらに確認したレイチェルとデックスは、今後ダーシーに対してどのように接して行けば良いのかで悩みます。

ダーシーはレイチェルがデックスに気があるとは思っていませんし、まさか2人がセックスに至る関係を築くとは夢にも思ってはいません。

レイチェルが誕生日の夜にデックスとセックスをしたという事実、及びその後もダーシーに隠れて会っておりもちろんセックスを繰り返しているという現実、さらには2人の気持ちに偽りはないという事態をダーシーがいつどのようにして知るのかがここからの映画の肝となります。

レイチェルは冴えない外見の女性という設定ですが、ジニファー・グッドウィン(1978-)は綺麗なお姉さまです。


SOMETHING BORROWED
SOMETHING BORROWED
posted with amazlet at 13.10.20

売り上げランキング: 18,379





関連記事

スーザン・ウォード主演映画『ワイルドシングス2』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月18日(金)20時28分 | 編集 |
2013年10月18日(金) 2本目


10月9日(水)にテレビ東京で、スーザン・ウォード主演の映画『ワイルドシングス2(原題:Wild Things 2)』を見ました。

この映画は劇場未公開作品で、2004年にDVDで発売されています。

1998年に公開された『ワイルドシングス(原題:Wild Things)』のシリーズ第2作目に当たりますが、第1作との関連性はありませんので、この第2作だけを単発ドラマとして見ることが出来ます。

スーザン・ウォード(Susan Ward)が演じるブリトニー・ヘイヴァーズは高校卒業を間近に控えた女子高生で、1年前に母親を自動車事故で亡くしています。

スーザン・ウォード主演映画『ワイルドシングス2』を見た感想1 414


父親のナイルズ・ダンラップは70億円近い資産を有する大富豪で、ブリトニーからすれば継父に当たります。
母親が死んだ今となっては、ブリトニーは将来的に継娘として継父の全財産を引き継ぐつもりでいます。

間もなく、ナイルズ・ダンラップが自家用セスナ機を運転中に墜落事故を起こして死亡したという情報が、ブリトニーの元にもたらされました。

実母と継父を次々と失い、周囲からは悲劇の女子高生と見られていたブリトニーでしたが、ブリトニー自身は継父ダンラップの遺産を相続することで大富豪の仲間入りが出来るので、内心ではほくそ笑んでいたわけです。

スーザン・ウォード主演映画『ワイルドシングス2』を見た感想2 264


ところが、ダンラップの遺言には継娘のブリトニーには僅かな遺産しか与えず、遺産のほとんどは信託会社に帰属させるという内容が書かれていたのです。

遺言には加えて、もし血の繋がった相続人がいた場合は、全財産をその者に相続させると明記されていました。

ブリトニーと同じ高校に通っているマヤが、この実子相続の話題を耳にします。
普段マヤは、ブリトニーと反目し合っている関係にあり、傍目には仲が良さそうには見えませんでした。

しばらくしてマヤは出廷し、自分の母がかつてダンラップの家政婦をしていた折り、無理矢理に肉体関係を結ばされその結果生まれたのが自分であると主張しました。

裁判長はDNA鑑定書を見た上でマヤを正当な遺産相続人と断じ、70億円もの財産は法的にマヤのものとなりました。

一方、ダンラップの墜落事故を訝(いぶか)しんでいた保険調査員のテレンス・ブリッジは、真相を突き止めるためにセスナ機の墜落原因を独自に調査し、その結果、ブリトニーには保険金詐欺の疑いありという結論に達します。

スーザン・ウォード主演映画『ワイルドシングス2』を見た感想3 215


さらにブリッジは、マヤの突然の隠し子宣言にも疑問を感じ、DNA鑑定書を作成した医師を尋ね、ダンラップは幼少時に患った病気が原因の男性不妊症である可能性が高いことを見抜きました。

ダンラップが男性不妊症だったとすると、マヤは実子であるはずがなくDNA鑑定書は捏造されたものということになります。

このあたりから状況は二転三転し、意外な結末へと一気に突き進んで行くのです。

作品を視聴する前は女子高生が主役の学園ものかしらと思っていましたが、実際にはあらゆる事実が結末への伏線となっており、大どんでん返しの連続で、それぞれの出来事が発生した理屈付けもなされており、最後まで飽きることなく見通せる内容でした。

劇場公開したとしても、それなりに収益を生んだのではないかと思っています。
想像以上に面白かったです。


ワイルドシングス 2 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-06-03)
売り上げランキング: 10,257





関連記事

リヴ・タイラー主演映画『ジュエルに気をつけろ!』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月16日(水)15時17分 | 編集 |
2013年10月16日(水)


10月8日(火)にテレビ東京で、リヴ・タイラー主演の映画『ジュエルに気をつけろ!(原題:One Night at McCool's)』を見ました。

邦題のジュエルはリヴ・タイラーが演じる小悪魔的美女の名前ですが、原題のMcCool's(マックールズ)はマット・ディロンが演じるランディが働いていた酒場の名前です。

リヴ・タイラー主演映画『ジュエルに気をつけろ!』を見た感想1 252


深夜仕事を終えたランディはマックールズのすぐそばで強姦されそうになったと訴えるジュエルと知り合い、自宅にジュエルを連れて行ってセックスする仲になります。

ジュエルの強姦騒ぎは狂言であり相手の男と共謀してランディの家から高価な物品やお金を巻き上げるために仕組まれた罠だったのですが、ジュエルが図らずもランディのことを気に入ってしまい想定外のセックスをする結果になりました。

強姦未遂犯を装った男がジュエルからの電話連絡によってランディの家に侵入し、マックールズの店内にある金庫の売り上げ金を渡すようランディに拳銃を突きつけて脅迫し、3人は再びマックールズへと戻ります。

一戸建てに住んでいたランディを気に入ったジュエルは相棒の男を裏切ることに決め、マックールズの中で射殺してしまいます。

ランディは殺人事件に巻き込まれてしまいますが濃厚なセックスを堪能させてくれたジュエルを守るために、捜査に当たったデリング刑事に対して自分が撃ったと虚偽の証言をし正当防衛を主張してなんとかその場を凌ぐことに成功します。

このデリング刑事がジュエルのことを一目見て気に入り、何かと口実をつけてランディとジュエルが暮らしている家にやって来ることになります。

ジュエルはデリングの下心を見抜きデリングを女の色香で虜にして味方につけるために、セクシーな動きで洗車する様子をデリングに見せつけます。

リヴ・タイラー主演映画『ジュエルに気をつけろ!』を見た感想2 173


美女が行う洗車がなぜ扇情的に見えるかというと、車体は男性の肉体を象徴しているからです。
石けんを泡立てたスポンジで男性の体を美女が洗っている場面というのはソープランドの象徴なわけですね。

日本では映画やCMで美女に洗車をさせることを通じてソープランドでの行為を惹起させ広報効果を狙うという手法は一般的ではありませんが、アメリカでは時々見受けられます。

車体を男性の体に見立てて官能的な体のくねらせ方をしながら洗車し、自らもホースから迸(ほとばし)る水と洗浄剤の泡でびしょ濡れになるという構図が、通常のベッドの上でのセックスとは異なるソープランドにおけるセックスを想起させるわけですね。

リヴ・タイラー主演映画『ジュエルに気をつけろ!』を見た感想3 150


リヴ・タイラーは劇中何度もセックスに及びますが、描写は控えめで目を見張るような場面はありません。

また、作品全体がコメディとして作られていますので住居侵入や窃盗さらには殺人が随所に描かれていますが、恐怖心を感じる瞬間は一切ありません。


ジュエルに気をつけろ! 特別版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2005-12-07)
売り上げランキング: 114,750





関連記事

デミ・ムーア主演映画『きのうの夜は…』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月15日(火)19時23分 | 編集 |
2013年10月15日(火)


10月8日(火)にイマジカBSで、デミ・ムーア主演の映画『きのうの夜は…(原題:About Last Night...)』を見ました。

原題を直訳すると「昨夜について」となりますが、昨晩の出来事だけを題材としているわけではなく、映画の前半はデミ・ムーアとロブ・ロウが毎晩のようにセックスを繰り返していく場面が描かれています。

ウィキペディアには「激しいセックス・シーンは当時大きな話題となった」と書いてありますが、私にはそれほど激しいセックス描写になっているとは思えませんでした。

確かにデミはロブとのセックスにおいて乳首を露にして積極的なセックスを見せてはいますが、薄暗い映像が続きますのでデミがオーガズムを感じた表情や肉体の変化を追うことは困難です。

映画の公開は1986年ですが、その当時はこの程度の描写で「激しいセックス・シーン」という高い評価を受けたのかも知れません。

デミ・ムーア主演映画『きのうの夜は…』を見た感想1 239


撮影時デミ(1962-)は23歳ぐらいですが、1984年に最初の結婚生活が破局し、その後エミリオ・エステベスとの婚約破棄を経てブルース・ウィリスと結婚するのは映画公開の翌年1987年のことです。

デミが演じるデビーはロブが演じるダニーと酒場で知り合って意気投合し、出会ったその日の夜にセックスする仲になります。

ダニーは元々数多くの女性たちとそういうセックス生活をして来た男性で、デビーも職場の妻帯者である上司と不倫関係を続けていた時期でした。

セックスを中心とした交際をしばらくの間続けていく中で、デビーはダニーとのセックスの相性が抜群で毎晩でもセックスがしたいと内心思っているところへ、ダニーから同棲生活を送りたいという申し出を受け快諾します。

あれだけ愛し合っていたはずの2人でしたが、いざ同棲生活が始まると価値観の違いに当惑し喧嘩が絶えない状態になってしまいます。

同棲するかどうかは別として、交際期間中に相手に対する不満を感じながらも女性が妊娠したことが決定的な契機となり、選択の余地なく結婚生活に突入して行くカップルが少なくないのだろうと思いますが、幸いなことにデビーは避妊対策を講じていたこともあり妊娠はしませんでした。

そうなるとデビーには我慢してまでダニーと一緒に暮らす理由はなくなるので、2人の関係は破綻しデビーが部屋を出て行くという結果になるわけです。

デミ・ムーア主演映画『きのうの夜は…』を見た感想2 460


恋愛の入り口段階において愛を確認し合った男女が一つ屋根の下で共同生活を営む中で、日々繰り返されるセックスの相性は重要な要素ではありますが、それだけでは平和な家庭を築くことが出来ないということが作品の趣旨なのだろうと理解しました。


きのうの夜は… [DVD]
きのうの夜は… [DVD]
posted with amazlet at 13.10.15
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-07-28)
売り上げランキング: 63,669





関連記事

リーアム・ニーソン主演映画『アンノウン』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月14日(月)13時59分 | 編集 |
2013年10月14日(月) 2本目


10月8日(火)に日本テレビで、リーアム・ニーソン主演の映画『アンノウン(原題:Unknown)』を見ました。

リーアム・ニーソンが演じるマーティン・ハリス博士はアメリカの植物学者で、妻のエリザベスと一緒にバイオテクノロジーの国際学会に出席するためにベルリンにやって来ました。

美貌の妻エリザベスは、ジャニュアリー・ジョーンズが演じています。

リーアム・ニーソン主演映画『アンノウン』を見た感想1 495


ハリス夫妻がベルリン市内のホテルに向かうために空港からタクシーに乗り込む際、ブリーフケースをカートの中に置き忘れたままであることに気づかずにタクシーが出発してしまいます。

ブリーフケースの中には、ハリス博士のパスポートなど身分を証明できる書類が入っていました。

ホテルの玄関に到着した時点でハリス博士はブリーフケースがないことに気づき、チェックイン手続き中の妻には何も告げずに、ホテル前にいた別のタクシーに乗り込んで空港へと向かいます。

このタクシーの運転手ジーナを演じているのが、ダイアン・クルーガーです。

リーアム・ニーソン主演映画『アンノウン』を見た感想2 483


ジーナが運転するタクシーは空港への道すがら自動車事故に遭遇し、橋の欄干を突き破って川へと落下してしまいます。

ジーナは沈んで行く車の中で気を失ったハリス博士を溺死から救いながらも、いつの間にか姿を消してしまいます。

病院に運ばれたハリス博士は、事故の後遺症により記憶障害となってしまいます。

ここまでの流れがあまりに不自然で、必然性を感じられない展開になっていたため、見るのをやめようかとも思いましたが、ダイアン・クルーガーが単なる運転手の役で終わるはずはないので、ダイアンがこの後どうなって行くのかに関心を持って見続けることにしました。

原題のUnkownは直訳すると、知られていない人となりますが、この映画では自分で自分の身元を証明できない人、あるいは自分になりすます人物の嘘を証明できない人といった意味合いで使われています。

結局、マーティン・ハリス博士は映画の後半で全ての記憶を取り戻すのですが、知られていない人である方が都合が良い人物であり、ジーナはそんなお尋ね者的男性であるハリス博士に引きずり回される形で、学会会場における要人暗殺及び建物爆破事件に巻き込まれて行くのです。

全編を通じてベルリンが舞台となっており、ドイツ出身のダイアンもところどころでドイツ語を喋っています。


アンノウン [DVD]
アンノウン [DVD]
posted with amazlet at 13.10.14
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-04-25)
売り上げランキング: 15,652





関連記事

クリスティアーナ・レアリ主演映画『WORLD BLACKOUT ワールド ブラックアウト』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月13日(日)14時15分 | 編集 |
2013年10月13日(日)


10月11日(金)にGyaO!で、クリスティアーナ・レアリ主演の映画『WORLD BLACKOUT ワールド ブラックアウト(原題:Blackout)』を見ました(配信期間:2013年9月18日~2013年10月17日)。

この映画はフランスのテレビ局テーエフアン(TF1)が制作し、2011年4月にテレビ映画として公開されました。

原題のBlackoutは英語ですが全編フランス語で制作されています。
GyaO!版はフランス語音声、日本語字幕です。

太陽フレアが発生したことが原因で地球に磁気嵐(じきあらし)が起き、磁場の変動が発電所の送電システムに障害を引き起こして広範囲に及ぶ停電が発生するという事態を想定して作品は作られています。

映画本編が終わった後に現れる説明によると、過去最大の磁気嵐が2012年に発生し大規模な停電が地球上のどこかで起きるかも知れないという予測があったのだそうです。

この作品が2011年に放映されたのは、翌年にそうした事態が起きる可能性を人々に知らせる意図があったのだろうと思います。

結果的には、去年そのような大規模停電のニュースが報じられることはなかったはずです。

クリスティアーナ・レアリ主演映画『ワールド ブラックアウト』を見た感想1 549


上掲画像のクリスティアーナ・レアリ(Cristiana Reali)は、ストラスブール市長のベアトリスを演じています。

ベアトリスは外科医の夫と離婚に向けて最終段階に入っており、一方ではバ=ラン県の官僚男性と不倫関係を続けています。

ストラスブール市はバ=ラン県の県庁所在地です。

市長という要職にあっても日常的にセックスは当然するでしょうが、セックスパートナーが夫ではなく妻帯者の男性であることが世間に知れたら、マスコミの格好の餌食になるでしょうね。

ベアトリス市長はそうした綱渡りのような不倫関係を2人の息子たちにもバレないように上手く継続していたのですが、ある日不倫相手とのセックスが終わってホテルの部屋から出ようとした瞬間、停電が発生します。

その後、ベアトリスの元にはヨーロッパの各地で大規模な停電が発生しているとの知らせが入ったため、セックスが終わった後の火照った体にスーツを身にまとい、県庁内で行われている対策会議に出席します。

クリスティアーナ・レアリ主演映画『ワールド ブラックアウト』を見た感想2 475


この後、映画は登場人物たちが偶然に様々な局面で出会い、停電に陥り有毒ガスが蔓延するストラスブール市の中で生き残る道を模索するという筋立てになっています。

磁気嵐による大規模停電がもたらす都市全体の混乱ぶりも描かれてはいましたが、むしろその苦境を切り抜けて行く人々の行動力に重きが置かれていたように感じました。

送電システムや人工衛星が機能停止に追い込まれた場合、現代都市の市民生活はいとも簡単に成り立たなくなることをルネ・マンゾール監督は描いています。




関連記事

アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ポワゾン』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月12日(土)13時49分 | 編集 |
2013年10月12日(土)


10月7日(月)にテレビ東京で、アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『ポワゾン(原題:Original Sin)』を見ました。

邦題のポワゾンはフランス語のpoisonをカタカナにしたもので、語義は毒です。

原題のOriginal Sinは原罪という意味ですから邦題とは全く異なりますが、アンジェリーナ・ジョリーが演じる主役のジュリア・ラッセルが男性にとって毒のような存在であるという意味では、邦題も言い得て妙だと言えるでしょう。

アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ポワゾン』を見た感想1 336


原罪とはキリスト教とユダヤ教で述べられる宗教理論で、アダムとイブが神の命令に背いたことを人類最初の罪と認定しその罪を背負ってその後の人類は生き続けているというものです。

この映画は宗教的な教えが根底に流れているわけではありませんが、愛という行為や感情が人間の理性を狂わせ、やがては破滅をもたらすという構成になっている点を考えると、人間に対する神の処罰は未だに続いているという要素が盛り込まれてはいます。

まあ、かと言ってそんなに高尚な内容ではなく、アンジェリーナは劇中で何度も乳首を露にし夫役のアントニオ・バンデラスと濃厚なセックス場面を演じています。

アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ポワゾン』を見た感想2 142


日本ではR-18指定となっているそうですが、アンジェリーナの乳首が見えたぐらいでR-18指定にしたのであれば、これは制限が強すぎると思います。

全編を通じて主に描かれているのは男性の一途な愛と女性の裏切りであって、その過程においてセックスの場面が挿入されている程度です。

テレビ東京は深夜枠ではなく13時25分からの放送枠でしたが、アンジェリーナの乳首が登場する場面を修正せずに何度も放送していました。

作品の芸術性を考えた場合は無修正で放映するのが当然だと思います。

なまじ乳首の部分にボカシを入れたりするから余計に性的渇望感が煽(あお)られるのであって、乳首や陰毛などはどんどん放送していけば良いと思っています。

下掲の画像にある通りアンジェリーナのぷっくりした唇の方が乳首よりもよほど卑猥であり、時折見えた乳首や乳房よりも何度も大写しにされた唇の方がよほど扇情的だったと思っています。

アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ポワゾン』を見た感想3 252


ウィキペディアの英語版にはエロティック・スリラー映画(erotic thriller film)と書いてありますが、エロというほど性的描写が激しいわけではありませんし、スリラーというほど恐怖心を抱かせる演出にはなっていません。

私は恐怖映画が苦手で恐ろしさを増幅させるためにやたらと大きな効果音を使いたがる監督が嫌いなのですが、この映画にはそういった側面はありませんでした。

アンジェリーナはジュリア以外にボニー・カッスルの役も務めているのですが、こうした1人2役の割り当ては見ている者にとっては分かりづらいですね。

アントニオ・バンデラスは、一途な愛を貫く間抜けな金持ち男を見事に演じ切りました。


ポワゾン ― dts版 [DVD]
ポワゾン ― dts版 [DVD]
posted with amazlet at 13.10.12
松竹 (2002-04-21)
売り上げランキング: 47,203





関連記事

メル・ギブソン主演映画『ハムレット』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月11日(金)14時01分 | 編集 |
2013年10月11日(金)


10月6日(日)にBS11で、メル・ギブソン主演の映画『ハムレット(原題:Hamlet)』を見ました。

シェイクスピア原作の『ハムレット』は何度か映画化されていますが、メル・ギブソンが主演した映画は1990年12月に公開されています。

父王を毒殺してデンマーク王位に就いた叔父クローディアスに王子のハムレットが復讐を遂げるという筋書きですが、『モンテ・クリスト伯』のような胸のすくような復讐物語ではなく、今ひとつ盛り上がりに欠ける印象を受けました。

クローディアスが王位に就いたことにより、先王の妻だったガートルードはクローディアスと結婚し王妃の地位に留まりました。

結婚したということはガートルードはクローディアスと寝室を共にし、これから子供を儲ける可能性があるということです。

息子のハムレットはそうした母の節操のない変わり身を非難するのですが、母への愛情を捨て去ることも出来ず、中途半端な諍(いさか)いを起こすだけで母と息子との間に決定的な亀裂が生じるわけではありません。

王妃ガートルードを演じているのはグレン・クローズです。

メル・ギブソン主演映画『ハムレット』を見た感想1 425


グレン・クローズの端正な顔立ちは王妃役にピッタリだと思いました。

王妃としての重厚な演技が求められると同時に、夫が死んだ後すぐに義理の弟と結婚したという変わり身の速さを内心恥じている部分もあるという役設定ですが、グレンは見事に演じていました。

ハムレットの恋人オフィーリアを演じているのは、ヘレナ・ボナム=カーターです。

メル・ギブソン主演映画『ハムレット』を見た感想2 540


ヘレナ(1966-)は撮影時23歳ぐらいだと思いますが、あまりにも幼い顔立ちで真の愛など何も知らないという設定になっているようでした。

オフィーリアは最終的に精神を病んで溺死するのですが、池で溺死して行く場面は明確には描かれずあくまでも脇役に徹するという位置づけになっていましたね。

作品全体としては陰鬱な映像が続きハムレットの気弱な側面が強調される作りになっていますので、若者の無鉄砲な復讐劇を期待する人にとっては物足りない内容になっていると言えるでしょう。

まあ、『ハムレット』という戯曲自体がブランド化しているので、一度は見ておいた方が良いかなという感じですね。


メル・ギブソン ハムレット [DVD]
ビクターエンタテインメント (2009-09-18)
売り上げランキング: 36,423





関連記事

ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演映画『クライアント・リスト』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年10月09日(水)16時44分 | 編集 |
2013年10月9日(水)


10月5日(土)にディーライフでジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の映画『クライアント・リスト(原題:The Client List)』をやっていました。

この作品は2004年にテキサス州で実際に起きた売春スキャンダル事件を下敷きにしています。

ジェニファー・ラブ・ヒューイットは美貌の妻サマンサ・ホートン(Samantha Horton)を演じています。

サマンサは結婚前にテキサス州のミスコンテストで優勝するほどの美貌を誇り、フットボールの花形選手だった男性と結婚するという女性が望むものは全て手に入れることが出来る女性でした。

ところが結婚して数年後、夫が失業しサマンサ自身も職を失い、3人の子供を抱えながら購入した家の借金も払っていかなければならないという事態に陥ります。

夫は膝に痛みを抱えているため求職活動もままになりません。
そんな中、サマンサはマッサージ店の施術師募集の求人広告を見て応募し採用されました。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演映画『クライアント・リスト』を見た感想1 252


サマンサは女性経営者からそのマッサージ店の実態が売春施設であることを聞かされ、一旦は辞退するのですが、ガソリン代すらも払えない困窮ぶりに嫌気が差し、半ば腹たち紛れになって短期間のアルバイトのつもりでマッサージ店で働くことを決意します。

もちろん夫や実母などの家族には仕事の実態は隠したままで、唯一バーを経営している友人女性にだけは真実を打ち明けていました。

美貌を誇るサマンサはあっという間に店で一番の稼ぎ頭となり、実入りも想像以上にありました。
夫の誕生日にはオートバイを贈るぐらいの収入を得ており、金銭面での不安は解消されていきました。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演映画『クライアント・リスト』を見た感想2 238


しかし仕事の内容を夫に明かしていないことや、日々繰り返される「仕事としてのセックス」により精神が不安定になり、ついに顧客からもらった麻薬に手を出してしまいます。

テキサス州ではマッサージ店という看板を出しておきながら実際には男性客にセックスをさせる商売は違法であり、やがて従業員女性の密告により警察の捜査が入り、サマンサも営業中の現場に踏み込まれて逮捕されてしまいます。

一連の逮捕劇はテキサス州のテレビ局が中継し、サマンサのやっていた「仕事」はついに夫の知るところとなりました。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演映画『クライアント・リスト』を見た感想3 190


映画題名の「クライアント・リスト」は顧客として足繁くマッサージ店に通い、何度となくサマンサらとセックスを繰り返していた街の名士たちの名簿を指しています。

名士の中には次期市長選への出馬が噂されていた有力者や牧師なども含まれており、現職の市長はこのスキャンダルを利用して政敵を追い落とし再選を確かなものにすることを目論んでいました。

サマンサら店側は司法取引に応じクライアント・リストを検察に提出することで減刑を認められましたが、夫は出所した後のサマンサと一緒に暮らす意志はなく、3人の子どもたちを連れて別の土地へと転居して行きました。

サマンサは家庭を崩壊させ売春婦としての烙印を押され何もかも失ったかのように見えましたが、そんな折、街の名士たちの妻たちがサマンサの元を訪れます。

サマンサは謝罪を要求されるのだと思い誠心誠意謝ったのですが、妻たちの目的は全く別のところにありました。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演映画『クライアント・リスト』を見た感想4 252


妻たちは社会的地位の高い夫たちが自分とはセックスをしないのに、なぜ高額の料金を払ってまでサマンサとセックスをしていたのかを知りたかったのです。

つまり、サマンサに卓越した性技を教えて欲しいということですね。

まあ、この辺りは実話に即しているのか、あるいは脚色されているのかは分かりませんが、サマンサがバナナをペニスに見立てて上流階級の奥さまたちにフェラチオや手コキの指南をする場面は、ある意味一服の清涼剤的な役割を果たしていました。

なお映画の中では過激なセックス描写は一切出て来ませんので、その点を目当てに視聴する人にとっては期待外れに終わります。

このテレビ映画は2010年に放送されました。
2012年にはテレビドラマシリーズ化されて現在シーズン2まで進んでいます。


クライアント・リスト シーズン1 DVD-BOX【5枚組】
アミューズソフトエンタテインメント (2013-09-04)
売り上げランキング: 13,872





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。