映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
東芝の破綻処理私案
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月29日(木)01時43分 | 編集 |
2017年6月29日(木)


6月28日に東芝(6502)の定時株主総会が開かれましたが、2017年3月期の決算発表は行われませんでした。
これって異常事態ですよね?

投資家に対して直近の決算を報告し来期の業績見通しを語ることが株主総会を開催する一義的な目的なのに、それを延期したということはこの時点で東芝の経営陣は経営者失格と言って良いはずです。

正確に言うと東芝が行っている事業の全てが国際競争力を失って経営破綻に向かったわけではなく、歴代の経営陣が企業を私物化して後先を考えずに無謀な投資を行った結果、資金繰りに行き詰まったということです。

東芝には優秀な技術者がいるはずですし社会貢献可能な事業も残っています。
その代表例がエネルギー事業です。

東芝のエネルギー事業と言うと原子力事業が有名ですが、エネルギーシステムソリューション社というカンパニーを傘下に持ち、火力発電や水力発電の他に再生可能エネルギーも手がけています。

東芝が行っている再生可能エネルギー事業は地熱発電と風力発電を指しますが、今後収益力を増すことが確実視されているこの事業を国内の同業他社に売却して、エネルギー関連は原子力分野に特化した方が良いと思います。

原子力関連事業はそう簡単に他社が参入できる分野ではありませんので国内の原発の保守管理をこれまで通り東芝が担当することにして、再生可能エネルギー事業はリニューアブル・ジャパン株式会社などに売却すれば良いと思います。

リニューアブル・ジャパンは地熱発電や風力発電に加えて太陽光発電事業も行なっており、東証インフラ市場に上場している日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)のスポンサー企業になっています。


東芝は大企業病の末期状態になっているはずですので、大胆な経営刷新を行わない限り出血多量で死ぬ運命にあります。

今後利益を生む再生可能エネルギー事業は日本の同業他社に売却すべしというのが私案です。

東芝の配当金は2015年3月期から無配が続いていますが、無配のままでは新たな個人投資家の支持を得ることは困難です。

私は東芝の株式を購入したことはありませんが、温水洗浄便座は東芝製です。
信頼できる良い製品ですよ。







関連記事

ケネディクス株式会社の社長が賢者の選択に出演
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月26日(月)20時07分 | 編集 |
2017年6月26日(月)


私は数多くのリート銘柄を保有していますがケネディクス株式会社が親会社となっている銘柄は以下の3つを保有しています。


ケネディクス・レジデンシャル投資法人 投資証券 (3278)

ジャパン・シニアリビング投資法人 投資証券 (3460)

ケネディクス商業リート投資法人 投資証券 (3453)


かつては商業施設のような大型不動産は豊富な資金を持つ会社や資本家でないと購入できないものでしたが、今では上場リート銘柄があるおかげで私のような株式投資家でも少額の資金で購入できるようになりました。

『賢者の選択』の中で司会の蟹瀬誠一も述べていますが、不動産は少数の人が巨額の資金を投入して単独所有する時代から多数の投資家が小口資金を拠出して資本参加し、その不動産運営から生み出される利益を共有する時代に入っています。

その意味でも東証に上場しているジェイリート銘柄は今後極めて有望な株式だと思っています。

2015年12月に放送された『賢者の選択』にケネディクス株式会社の宮島大祐社長が出演し、ジャパン・シニアリビング投資法人などの位置づけについて語っています。

http://kenja.jp/company/mov.php?tarC=kenja&tar=521

ジャパン・シニアリビング投資法人の資産運用会社であるジャパン・シニアリビング・パートナーズ株式会社の株主には長谷工コーポレーション、新生銀行、リクシルなどが名を連ねています。

http://www.jsl-reit.com/


ケネディクス商業リート投資法人 投資証券 (3453)の今日の終値は238,300円なので予想配当率は5.094%になります。

正確にはリート銘柄株式の場合は配当金とは呼ばずに分配金と呼んでいます。








関連記事

くすりの福太郎はイオンに関係する企業だった
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月23日(金)01時21分 | 編集 |
2017年6月23日(金)

今までは楽天期間限定ポイントを無駄にしないためにサークルKサンクスで弁当などの食品を買ってポイントを消化することが多かったのですが、近所のサークルKサンクスがファミリーマートになったことにより実店舗における楽天スーパーポイントの使い道が無くなってしまいました。

せっかく貯めた期間限定ポイントを失効させるのは嫌なので何とか実店舗での使い道はないものかとネットで探していたら、ありました。

くすりの福太郎です。

福太郎では楽天スーパーポイントや楽天エディでの支払いが可能であることが判明しました。

福太郎が近隣にあることは知っていたのですが、市販の薬は購入しませんしマウスウォッシュなどの生活用品はヨドバシドットコムや西友ネットスーパーで購入しているため、これまで一度も店舗内に入ったことはありませんでした。


先日、楽天ポイントの消化を目的としてガードハローなどの生活必需品の価格調査のために店舗に入りました。

シャンプーや洗顔剤、ティッシュペーパーなどの価格は西友ネットスーパーの方が安いので、いくらポイント消化のためとは言え割高な商品を購入する気にはなれません。

このままだと今回に限らず期間限定ポイントは確実に失効するので何か買う物はないかと店内を歩いていたら、ありました。

発泡酒のバーリアル リッチテイスト(350ml×6缶)です。

発泡酒であればこれからの季節、風呂上がりに350ml缶を1本飲むことはあるし、値段も6本セットで483円と割安です。

バーリアルという発泡酒があることを知らなかったのでラベルを見たらTOPVALUのロゴが目に入りました。

トップバリュはイオングループのプライベートブランドであり、なぜイオンの商品が福太郎にあるのか不思議に思いました。


帰宅してSBI証券のサイトで調べて見ると以下のことが分かりました。

くすりの福太郎はツルハホールディングス(3391)の連結決算の対象会社であり、ツルハホールディングスの筆頭株主がイオン(8267)なのです。

なるほど、それで福太郎にトップバリュの商品が置いてあるわけですね。


私の株式投資基準の一つは配当率です。

ツルハホールディングスの配当率は1.13%、イオンの配当率は1.75%なので私の投資基準には合致しません。

仮に投資基準に合致していたとしても、ツルハホールディングスの最低投資額は1,244,000円なのでこれでは高くて手が出せません。

イオンもツルハホールディングスも配当以外に株主優待がありますので、それを配当とみなせばもっと配当率は高くなりますが、オーナーズカードを受け取っても残念ながら近隣にイオンの店舗はありませんし私はクオカード以外の株主優待には関心がないのであくまでも配当率で投資銘柄を選んでいます。

もちろん、配当率以外に自己資本比率や株価純資産倍率などの証券指標も調査しますが、最も大事なのは配当率です。

但し、配当率が高ければどんな銘柄でも良いというわけではなく、私の投資対象業界は主に不動産と金融です。

不動産銘柄と言っても三井不動産(8801)のような有名な銘柄ではなく、マリモ地方創生リート投資法人投資証券 (3470)などのリート銘柄が大半です。

イオン関連で言うとイオンリート投資法人投資証券 (3292)の株は購入しています。


イオンの会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 流通・小売)
就職活動研究会
協同出版
売り上げランキング: 369,485







関連記事

君に出来る全てのことをやれ
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月21日(水)01時50分 | 編集 |
2017年6月21日(水)


表題の「君に出来る全てのことをやれ」という言葉はAKB48の『チャンスの順番』の中で歌われている一節です。

私は今年の3月から株式投資家になることを決意して、キャッシュインフローを増やすために様々なことを行なって来ました。

投資銘柄としては日本取引所グループ (8697)のような東証一部上場企業だけではなく、リベレステ (8887)のようなジャスダック市場の銘柄も保有していますし、いちごホテルリート投資法人投資証券 (3463)のようなリート銘柄も購入しました。

リート(REIT)とはReal Estate Investment Trustの略で投資信託の一種と定義されてはいますが、一般的に思い浮かべられる投資信託とは異なり、4桁の証券コード番号が割り振られていることからも分かるように実質的には株式銘柄と言えます。

さらにリート銘柄に似ているのですが、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人投資証券 (9283)のようなインフラ銘柄も購入しています。

短期的なキャピタルゲインよりも中期的なインカムゲインを重視するのであれば楽天 (4755)のような配当率が低い会社よりも、高配当率を予定しているリート銘柄やインフラ銘柄をお勧めします。

なお、リートの場合は配当金とは言わずに分配金と言いますが、投資家からすれば同じことです。

現時点での予定配当金はあくまでも決算発表前の企業予想であり、通期の営業成績によっては減配の可能性もありますし株価が下落するリスクもあるわけですが、私はAKB48の歌を聞いて「私に出来る全てのこと」をやると決めたのでこの数ヶ月、ネット証券を使って40件以上の株式銘柄を購入しました。

これにより今後、株価が順調に推移すればある程度のキャッシュインフローが見込める体制が出来上がりました。


ゼロ金利の時代に銀行口座にどれだけ預金をし続けてもキャッシュインフローはないに等しいです。

銀行の定期預金を解約して国債を購入するという方法もありますが、個人向け国債の変動10年物の税引後利回りは年率0.0398425%ですので、300万円程度の国債購入ではキャッシュインフローはやはり微々たるものです。

株式投資以外に金投資や商品先物取引など投資商品は数多く存在しますが、いずれにしてもリスクを取らなければある程度のキャッシュインフローは手に入りません。


AKB48のメンバーも大きなリスクをとって芸能活動をしています。

リスクを取ったからと言って全員が成功するわけではありませんが、一度きりの人生なのであればどこかで大きなリスクを取る決断をする必要があるだろうと思います。

『チャンスの順番』の歌詞を聞きながら、私は「私に出来る全てのことをやれ」と自分に命じました。


ゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論
小林 よしのり
幻冬舎
売り上げランキング: 56,663





関連記事

アパホテルは非上場会社
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月15日(木)13時59分 | 編集 |
2017年6月14日(水)

先日、赤坂に用事があったので千代田線の赤坂駅で下車し一ツ木通りを歩いていたらだんだんトイレに行きたくなって来ました。
どこか用を足せる場所はないかと探していたらアパヴィラホテル赤坂見附が目に入りました。

来客用のトイレがあるかどうか分かりませんでしたが急を要するので、とりあえず1階受付へと進みました。

受付担当者に丁重に断りを入れトイレを使うことが出来ました。
恐らく車椅子が入れるように設計されているのだと思いますが広々として清潔で快適なトイレでした。
もちろん温水洗浄便座になっていました。

私はトイレを借りるためだけに入館したのでアパホテルの社長に申し訳ない気持ちですが、今後アパホテルを利用することもあると思うので今回は許していただきたいです。

アパホテルは上場していない会社です。

もし上場すればあっという間に高値がついて元谷外志雄社長は今以上の資産家になれるはずですが、株主から経営方針について口出しされるのが嫌なのかも知れません。

会社の創業は1971年、アパホテル一号店の開業は1984年です。
ホテルの新規出店を加速し始めたのは1997年ですので、現在の企業ブランドを20年かけて築き上げて来たわけです。

リート投資法人を設立して上場するという方法もあるので、社長には検討してもらいたいです。
アパグループリート投資法人投資証券が上場したら私は買うつもりです。

私はいちごホテルリート投資法人投資証券 (3463)やジャパン・ホテル・リート投資法人投資証券 (8985)などのリート投資法人株式を20銘柄近く購入しています。

リート投資法人は配当金に相当するものとして分配金を出すわけですが、この分配金の利回りがとても高い魅力的な株式です。

キャピタルゲインよりもインカムゲインを目的とした中期保有を考えるのであればリート投資法人がおすすめです

Youtubeで投資法人という言葉で検索するとたくさん出て来ます。





誇れる祖国「日本」 真の近現代史を読み解き、民族の誇りを取り戻せ
元谷外志雄
幻冬舎 (2012-05-28)
売り上げランキング: 256,034







関連記事

ファーストリテイリングの配当率は0.96%
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月14日(水)23時08分 | 編集 |
2017年6月14日(水)

今日久しぶりに環七通り沿いを歩いていたら、昭和シェル石油のガソリンスタンドの傍にある敷地で建設工事が行われていました。

あの場所には以前何があったんだろうかと記憶を手繰り寄せていたら、ユニクロの店舗があったことを思い出しました。
10年以上前に車で来店した際には綿のズボンを購入したこともありました。

ユニクロのサイトで確認したら2017年3月31日に閉店していました。

ここ数年はユニクロの店舗に入ったことはなく、カーディガンなど必要な物を購入する場合はネットで注文していたので、店舗の有無は私には影響ありませんでした。

ユニクロ亀有店があった敷地から割と近くにアリオ亀有店があるので、近隣住民にとっては環七沿いの店舗がなくなってもアリオに行けば良いので特段困りはしないということなのでしょうね。

ファーストリテイリング (9983)の配当率は0.96%、PERは35倍です。
配当率も低いし株価収益率も高すぎます。

私の投資基準には合致しません。

株価は今日の終値で36,590円ですから100株を購入する場合3,659,000円が必要となります。
私には高すぎますね。


それから、JR亀有駅のみどりの窓口も2017年1月22日に営業を終了していたらしく、有人対応が必要な場合は北千住駅のみどりの窓口を利用するよう貼り紙がしてありました。

経営者が店舗を閉める理由は数々ありますが、最大の理由は採算が取れないからなんでしょうね。


一勝九敗 (新潮文庫)
一勝九敗 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.06.14
柳井 正
新潮社
売り上げランキング: 7,814





関連記事