映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ハンス・ホルバイン『ジェーン・シーモア』
記事URL  カテゴリ | ヨーロッパ王家絵画 | 2011年02月22日(火)11時50分 | 編集 |
記事のタグ: 美術史美術館
2011年2月22日(火)


目次
1. ジェーン・シーモアの悲劇
2. 原題


今回取り上げる作品は、ハンス・ホルバイン『ジェーン・シーモア』です。

2011年2月22日ハンス・ホルバイン『ジェーン・シーモア』545

1. ジェーン・シーモアの悲劇


ヘンリー8世(1491-1547)は、1536年5月にアン・ブーリン(1507頃-1536)を処刑しました。

処刑後すぐに、ジェーン・シーモア(1509-1537)という女性と結婚します。

ジェーン・シーモアは、元々はヘンリー8世の最初の妻であるキャサリン・オブ・アラゴン(1485-1536)に仕えるために宮廷に上がりました。

キャサリン・オブ・アラゴンは、離婚によって宮廷を去りました。
その後、次の王妃となったのはアン・ブーリンでした。

ジェーン・シーモアは、新王妃アン・ブーリンの女官としてそのまま宮廷に残っていたのです。

アン・ブーリンは、キャサリン・オブ・アラゴンの侍女でした。
ジェーン・シーモアは、アン・ブーリンの侍女です。

ヘンリー8世という男は、同じことを繰り返しているわけですね。
懲りない男です。

ドイツの画家ハンス・ホルバイン(1497頃-1543)は、ヘンリー8世と結婚した直後のジェーン・シーモアを描きました。

ジェーン・シーモアが頭につけている黒い頭巾は、ベルベット製です。

16世紀前半のイングランドでは、女性がこのような髪型をして顔を囲むような頭巾をつけるのが流行していたようです。

このジェーン・シーモアが、翌1537年にようやく待望の男子を出産します。

この男児は、後のエドワード6世(1537-1553)となります。
ヘンリー8世の死後、王位を継承した人物です。

王妃としての責任を果たしたシーモアでしたが、残念ながら出産後すぐに亡くなってしまいます。
周囲は、アン・ブーリンの呪いではないかと囁き合ったと言います。


2. 原題


ハンス・ホルバイン(Hans Holbein der Jüngere)が描いた『ジェーン・シーモア』は、ドイツ語ではJane Seymourと言います。

この作品は、ウィーンにある美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。