映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル『ゴダイヴァ夫人』
記事URL  カテゴリ | その他絵画 | 2011年01月21日(金)12時27分 | 編集 |
記事のタグ: ゴダイヴァ夫人
2011年1月21日(金)


目次
1. ピーピング・トム
2. ゴディバのチョコレート
3. 原題


今回取り上げる作品は、ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル作『ゴダイヴァ夫人』です。

2011年1月21日ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル『ゴダイヴァ夫人』1 508

1. ピーピング・トム


フランスの画家ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル(1836-1911)は、白馬の背に乗って全裸で街を巡回するゴダイヴァを描きました。

ゴダイヴァは豊満な胸を腕で隠し、長い髪で左の上半身を覆っています。

コヴェントリーで暮らす全ての住民は、ゴダイヴァの立場を考えて屋内に引き篭っていました。
しかし、どんな世界にも例外はあります。

仕立屋のトムだけはゴダイヴァの巡回する姿を盗み見してしまったのです。
トムは領主の妻の熟れた肉体を見たいという欲望に負けてしまいました。

この後、トムは神罰を受け失明します。

このトムが覗き見した話を語源として、Peeping Tomという言葉が生まれました。

英語でpeepは覗き見するという意味の自動詞です。
Peeping Tomは「裸の女性を覗き見する男」という意味の成句です。

日本語では覗きの常習犯のことを出歯亀(でばがめ)と言います。
出歯亀は出っ歯の池田亀太郎による猟奇殺人事件が語源です。


2. ゴディバのチョコレート


ゴディバはベルギーで創業されたチョコレートの会社として有名です。
ゴディバという会社名はこのゴダイヴァの話に因んだものなのです。

ゴダイヴァの勇気と人々への愛に感銘を受けた創業者が、会社をゴダイヴァと名付けたわけです。

ゴディバの設立は1926年ですから、ゴダイヴァ(990頃-1067頃)の頃から900年ぐらい経っていますね。

ゴダイヴァ(Godiva)は英語読みです。
フランス語読みをするとゴディヴァになります。

日本では片岡物産がゴディバ製品を扱っていて、表記は「ゴディバ」になっています。

2011年1月21日ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル『ゴダイヴァ夫人』2 207

ゴディバのブランドを示すマークは、馬に跨った髪の長い裸婦です。
この女性はコヴェントリーのゴダイヴァを表しているわけです。


3. 原題


ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル(Jules Joseph Lefebvre)が描いた『ゴダイヴァ夫人』は、英語ではLady Godivaと言います。

この作品は、フランス北部の街アミアン(Amiens)にある美術館(Musée de Picardie)で見ることが出来ます。

ゴダイヴァ夫人の3回シリーズは、これでおしまいです。




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。