映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アールト・デ・ヘルデル『エステルとモルデカイ』
記事URL  カテゴリ | 旧約聖書絵画 | 2013年03月30日(土)14時42分 | 編集 |
2013年3月30日(土)


目次
1. ユダヤ人絶滅計画
2. モルデカイの依頼
3. 原題


今回取り上げる作品は、アールト・デ・ヘルデル作『エステルとモルデカイ』です。

2013年3月30日アールト・デ・ヘルデル『エステルとモルデカイ』209


1. ユダヤ人絶滅計画


モルデカイは、後宮に入り王妃の座を獲得したエステルに付き添う形を取って、アケメネス朝ペルシアの中央政界へと進出を果たします。

そして、持ち前の政治力を発揮して、アハシュエロス政権の一翼を担うようになります。
アハシュエロスは、クセルクセス1世の別名です。

政権中枢に入ったモルデカイは、ユダヤ人であることを明らかにした上で、政務に励んでいました。
一方、王妃となったエステルは、未だに自分の出自については誰にも明かしてはいません。

ある日、大臣のハマンに対して跪(ひざまず)いて敬礼することを、モルデカイが拒否するという事件が起きました。

立腹したハマンは、モルデカイの同胞であるユダヤ人を皆殺しにすると宣言しました。

ハマンは、言葉巧みにアハシュエロスを抱き込むことにも成功します。

モルデカイの敬礼拒否に端を発したユダヤ人絶滅計画は、大臣ハマンの私的制裁という性格から、王の許可を得たペルシア政府の一つの政策へと発展していきます。

またしてもユダヤ民族には、存亡の危機が訪れたわけです。


2. モルデカイの依頼


アケメネス朝ペルシアの領土内で、このようなユダヤ人絶滅計画が進行していることを知り得たのは、政権中枢に近い立場にあったモルデカイと王妃エステルだけです。

モルデカイは、エステルに次のように言いました。

「こういう時のために、あなたは王妃になったのだ。王に直接進言して、絶滅計画の中止を訴えて欲しい。」

オランダの画家アールト・デ・ヘルデル(1645-1727)が描いているのは、モルデカイがエステルを説得している場面です。

王妃となったエステルの風貌からは、威厳が感じられますね。

ただ、王妃とは言え、アハシュエロスに意見を言うのは、エステルにとって、そんなにたやすいことではありませんでした。


3. 原題


アールト・デ・ヘルデル(Aert de Gelder)が描いた『エステルとモルデカイ』は、英語ではEsther and Mordecaiと言います。

この作品は、ブダペストにある美術館(The Museum of Fine Arts)で見ることが出来ます。




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。