映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
Franz Matsch『トロイの門前でヘクトルの遺体を引きずり回すアキレス』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2012年01月28日(土)14時53分 | 編集 |
2012年1月28日(土)


目次
1. ヘクトルとの戦い
2. ヘクトルの遺体
3. 原題


今回取り上げる作品はFranz Matsch作『トロイの門前でヘクトルの遺体を引きずり回すアキレス』です。

2012年1月28日Franz+Matsch『トロイの門前でヘクトルの遺体を引きずり回すアキレス』157

1. ヘクトルとの戦い


戦場に戻る決意をしたアキレスは総大将アガメムノンの元へと向かいました。
そして、お互いの蟠(わだかま)りを解消し力を合わせてトロイを倒すことを誓い合いました。

アキレスを加えたギリシア軍は俄然勢力を盛り返します。
トロイ軍は城壁の中に撤退を余儀なくされます。

ヘクトルは内心ではアキレスを恐れていましたが、将軍という立場上、城壁の外でアキレスを迎え撃ちました。

アキレスとヘクトルの戦いは力に勝るアキレスの勝利で終わりました。


2. ヘクトルの遺体


アキレスは盟友パトロクロスを殺害したヘクトルの遺体を馬車で引いて晒(さら)すことにしました。

オーストリアの画家Franz Matsch(1861-1942)はアキレスがトロイの城壁前でヘクトルの遺体を馬車で引きずり回している場面を描きました。

アキレスはこのような形でパトロクロスを失った恨みを晴らしたのです。

ギリシア軍の陣地へ戻る際にも、アキレスはヘクトルの遺体を馬車に括(くく)りつけたまま引きずって行きました。


3. 原題


Franz Matschが描いた『トロイの門前でヘクトルの遺体を引きずり回すアキレス』は英語ではAchilles dragging Hector's lifeless body in front of the Gates of Troyと言います。

この作品はギリシア領最西部に位置するケルキラ島にある宮殿Achilleion(Corfu)で見ることが出来ます。





関連記事