映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
名取裕子主演映画『序の舞』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本映画 | 2013年04月29日(月)14時13分 | 編集 |
2013年4月29日(月)


4月13日(土)にBS朝日で名取裕子主演の映画『序の舞』をやっていました。

映画における主人公の名前は架空の人物・島村松翠(しょうすい)ですが、モデルとなった女性画家は上村松園(うえむらしょうえん)です。

上村松園(1875-1949)は明治時代から昭和時代まで活躍した美人画の大家(たいか)で、1948年にはそれまでの功績が認められ、女性としては初となる文化勲章を受章しています。

映画公開は1984年1月で上映時間が2時間半という大作なのですが、BS朝日での放映はCMを含めて2時間に短縮され、数々の名場面が削除されていたように思います。

「思います」というのは、実は私はこの映画を映画館で見ています。

正確な年は覚えていませんが公開時に見たか、あるいはその後名画座などで見たか、いずれにしても若い頃に全編を映画館で見ています。

島村松翠は佐藤慶が演じる日本画の権威・高木松溪の下に弟子入りし絵の腕前を上げていきます。
高木松溪のモデルとなった人物は竹内栖鳳(せいほう 1864-1942)です。

映画の中では高木松溪が島村松翠に肉体関係を求めた時に、松翠が断り切れずに男女の仲になってしまう場面が丹念に描かれています。

名取裕子が上半身裸になって佐藤慶との濡れ場を演じたということで、公開当時かなり話題になっていたのを覚えています。

但し、今回のBS朝日の放映では濡れ場のほとんどが削除されていました。
これは編集者の意図の現れなのでしょうが、作品の趣旨を損なう削除の仕方だと感じています。

島村松翠は高木松溪の子供を2度身ごもり、2度とも松溪の物心両面の協力を得られないまま不実の子を出産します。

公開時の1980年代半ばにはセクシャル・ハラスメントという言葉は一般的ではなかったと思いますが、高木松溪が島村松翠にしたことは完全なるセクハラです。

高木松溪は島村松翠を強姦したわけではありません。

一応合意があったわけですが、現実問題として松翠は師匠の求めを拒むことなど出来るはずもなく、もし肉体関係を結ぶことを断ったら松翠が絵画の世界で生きて行けなくなることは目に見えています。

松翠としては好きでもない師匠に身を委ねざるを得なかったというのが真実だろうと思います。
当時の社会のあり方を考えると、この時松翠は処女だったのでしょうね。

映画では明治から昭和初期にかけては権力を持つ男性の横暴がまかり通る反面、当該セックスに関わる不利益は全て女性である島村松翠が負担することになったという描き方がなされていました。

助平上司である高木松溪を佐藤慶が熱演していました。

まあ男子たるもの、高木松溪のような上司になってはいけませんね。

原作者の宮尾登美子が一番言いたかったことは、権力を握った男性がいかにセックスに対して身勝手かということだったのだろうと思います。

このことはこのブログでもギリシア神話絵画や旧約聖書絵画の投稿記事の中で、再三再四取り上げている話題です。

映画の題名になっている『序の舞』は上野公園にある東京藝術大学大学美術館に所蔵されています。

2013年4月29日名取裕子主演映画『序の舞』を見た感想2 553


序の舞 [DVD]
序の舞 [DVD]
posted with amazlet at 13.04.29
東映ビデオ (2005-07-21)
売り上げランキング: 33,701





関連記事