映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アンソニー・ヴァン・ダイク『ヴァルカンに武具の鋳造を依頼するヴィーナス』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2012年04月04日(水)16時46分 | 編集 |
記事のタグ: ルーヴル美術館
2012年4月4日(水)


目次
1. アイネイアスの武具
2. 原題


今回取り上げる作品は、アンソニー・ヴァン・ダイク作『ヴァルカンに武具の鋳造を依頼するヴィーナス』です。

2012年4月4日アンソニー・ヴァン・ダイク『ヴァルカンに武具の鋳造を依頼するヴィーナス』509

1. アイネイアスの武具


ヴァルカンは、ギリシア神話ではヘパイストスに相当します。
ヴィーナスは、ギリシア神話ではアプロディーテに相当します。

フランドルの画家アンソニー・ヴァン・ダイク(1599-1641)が描いているのは、ヘパイストスの鍛冶場を訪れているアプロディーテです。

アプロディーテは、息子のアイネイアスのために、武具を新調することを思いつきました。
そして鍛冶屋であるヘパイストスに依頼するために、彼の仕事場を訪れることにしたのです。

アイネイアスとは、アプロディーテとアンキセスとの間に出来た息子です。
アイネイアスは、トロイア王家の傍系にあたります。

系譜を示します。

トロス→アッサラコス→カピュス→アンキセス→アイネイアス


アイネイアスはトロイ陥落後、父アンキセスを背負ってトロイの街を脱出しました。
トロイ脱出後、紆余曲折を経てアイネイアスはイタリア半島に入ります。

トロイ王家の末裔アイネイアスは、ラティウムの地に生活基盤を築きます。
そして、アイネイアスの血筋は、ロムルスとレムスへと繋がっていくのです。


2. 原題


アンソニー・ヴァン・ダイク(Anthony van Dyck)が描いた『ヴァルカンに武具の鋳造を依頼するヴィーナス』は、フランス語ではVénus demande à Vulcain de forger des armes pour son fils Énéeと言います。

正確に訳すと、『ヴィーナスは彼女の息子アイネイアスのために武具を鋳造するようヴァルカンに依頼している』となります。

この作品は、ルーヴル美術館(Musée du Louvre)で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。