映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
ギュスターヴ・モロー『ヘラクレスとレルネーの沼に住むヒュドラ』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2011年08月22日(月)22時35分 | 編集 |
2011年8月22日(月)


目次
1. ヘラクレスの12の功業(2つ目)
2. 原題


今回取り上げる作品は、ギュスターヴ・モロー作『ヘラクレスとレルネーの沼に住むヒュドラ』です。

2011年8月22日ギュスターヴ・モロー『ヘラクレスとレルネーの沼に住むヒュドラ』393

1. ヘラクレスの12の功業(2つ目)


ヘラクレスの12の功業の内、2つ目はヒュドラ退治です。
ヒュドラとは、9つの頭を持つ怪物で、父テュポンと母エキドナの間に生まれた子です。

冥界の番犬ケルベロスは、ヒュドラの兄弟になります。
また、スフィンクスやラドンは、ヒュドラの異父妹弟です。

ヒュドラは、アルゴス近くのレルネーの沼地に住んでいます。

フランスの画家ギュスターヴ・モロー(1826-1898)は、ヘラクレスとヒュドラが対峙している場面を描きました。

これから、ヘラクレスの2つ目の功業が始まろとしています。
続きます。


2. 原題


ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau)が描いた『ヘラクレスとレルネーの沼に住むヒュドラ』は、英語ではHercules and the Lernaean Hydraと言います。

この作品は、シカゴにある美術館(Art Institute of Chicago)で見ることが出来ます。





関連記事