映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ジャン・フランソワ・ドゥ・トロイ『黄金の羊毛の獲得』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2011年09月14日(水)00時07分 | 編集 |
2011年9月14日(水)


目次
1. 羊毛奪取
2. 原題


今回取り上げる作品は、ジャン・フランソワ・ドゥ・トロイ作『黄金の羊毛の獲得』です。

2011年9月14日ジャン・フランソワ・ドゥ・トロイ『黄金の羊毛の獲得』231

1. 羊毛奪取


オルフェウスとメディアの作戦が功を奏し、アレスの竜は深い眠りにつきました。
その隙にイアソンは黄金の羊毛を手に入れます。

パリ生まれの画家ジャン・フランソワ・ドゥ・トロイ(1679-1752)は、イアソンが黄金の羊毛を手にした場面を描きました。

トロイはイアソンの羊毛奪取が夜間ではなく昼間に行われたと解釈していますね。

画面中央で眠りこけた竜を左足で踏みつけて、両手を挙げているのがイアソンです。
イアソンが左手で誇らしげに掲げているのは、羊毛というよりは子羊のようにも見えますね。

画面向かって左で白い衣装を身につけているのがメディアですね。
後景左端ではアルゴナウタイの面々が大急ぎで出航するための準備をしています。

目的を達したイアソンらはアルゴー船に乗り込み、コルキスの港を離れることになります。


2. 原題


ジャン・フランソワ・ドゥ・トロイ(Jean-François de Troy)が描いた『黄金の羊毛の獲得』は、英語ではThe Capture of the Golden Fleeceと言います。

この作品はロンドンのナショナル・ギャラリー(The National Gallery, Trafalgar Square, London)で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。