映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリョーネ『キルケ』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2011年09月16日(金)00時10分 | 編集 |
記事のタグ: ウフィッツィ美術館
2011年9月16日(金)


目次
1. ゼウスの怒り
2. 魔女キルケ
3. 原題


今回取り上げる作品はジョヴァンニ・ベネデット・カスティリョーネ作『キルケ』です。

2011年9月16日ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリョーネ『キルケ』281

1. ゼウスの怒り


コルキス王女メディアは異母弟アプシュルトスを船上で殺害し、バラバラにした遺体を海へと投げ入れました。

この行為に対してゼウスは憤り、海は大荒れとなりました。

アルゴー船は思い通りに進めなくなり、船員たちには次第に苛立ちが募って来ました。
船員たちはメディアの殺害行為がゼウスを怒らせたのだと言い始めます。

イアソンはアプシュルトスの犠牲がなければアルゴー船はコルキス海軍に捕まっていたと船員たちに説明します。

しかし目の前の航海が大時化(おおしけ)によって阻まれている以上、一枚岩だった船員たちの結束もやがてバラバラになって行きます。

アルゴー船の船首にはアテナ像が彫ってあったのですが、そのアテナ像が険悪な雰囲気を一掃するために語り始めます。

アテナ像は黄金の羊毛はメディアの協力がなければ手に入らなかったこと、そして、今後の航海にメディアの存在が必要になるであろうことを説きました。

そして、イアソンたちにアイアイエ島に立ち寄り、魔女キルケに清めの儀式を依頼するよう命じました。


2. 魔女キルケ


キルケはヘリオスとペルセイスとの間に生まれた娘です。
コルキス王アイエテスは実兄、クレタ王妃パシパエは実妹です。

美貌のキルケは魔術を自在に操り、人間の男を獣に変えて暮らしていました。

イタリアの画家ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリョーネ(1609-1664)はキルケの姿を描きました。

作品の中に描かれている牛や鶏などの動物たちは以前は人間の男でした。
キルケの美貌に惹かれて一緒に食事をし、魔術をかけられて獣にされてしまったのです。

イアソンたちはアイアイエ島に上陸し、キルケに事の次第を話して儀式を依頼しました。
キルケの魔術によってメディアがアプシュルトスを殺害した罪穢れは清められたのです。


3. 原題


ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリョーネ(Giovanni Benedetto Castiglione)が描いた『キルケ』は英語ではCirceと言います。

この作品はウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。