映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Gérard de Lairesse『リュコメデスの娘たちの中から見つけられるアキレス』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2011年12月30日(金)16時33分 | 編集 |
2011年12月30日(金)


目次
1. スキュロス王リュコメデスの侍女アキレス
2. 原題


今回取り上げる作品は、Gérard de Lairesse作『リュコメデスの娘たちの中から見つけられるアキレス』です。

2011年12月30日Gérard de Lairesse『リュコメデスの娘たちの中から見つけられるアキレス』240

1. スキュロス王リュコメデスの侍女アキレス


オランダの画家Gérard de Lairesse(1641-1711)が描いているのは、オデュッセウスがアキレスの素性を見抜いた場面です。

画面中央で女装して、左手を黒髪につけているのがアキレスです。

この絵を見ると、中央に立つ人物の体の線は柔らかく、腕も丸みを帯びて、とても「闘将」アキレスには見えませんが、胸をはだけていないところからアキレスだと分かります。

その向かって左で、右腕を突き出している男性がオデュッセウスです。
オデュッセウスは、自分の素性を隠すために商人の身なりをしています。

画面向かって右にいる侍女たちは、オデュッセウスが持参した髪飾りなどの宝飾品に関心を示しています。

そんな中、ただ一人侍女に扮したアキレスだけは、武具に興味を示しました。

武具を鮮やかな手さばきで操るアキレスは、男であることがバレてしまいました。

素性が明らかになったアキレスはスキュロス宮廷を離れ、トロイ戦争に参加することになったのでした。


2. 原題


Gérard de Lairesseが描いた『リュコメデスの娘たちの中から見つけられるアキレス』は、英語ではAchilles Discovered among the Daughters of Lycomedesと言います。

この作品は、ストックホルムにあるスウェーデン国立美術館(National Museum of Fine Arts)で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。