映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ『アガメムノンの元へ連れて行かれるブリセイス』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2012年01月13日(金)18時55分 | 編集 |
2012年1月13日(金)


目次
1. ブリセイスを迎えるアガメムノン
2. 原題


今回取り上げる作品は、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ作『アガメムノンの元へ連れて行かれるブリセイス』です。

2012年1月13日ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ『アガメムノンの元へ連れて行かれるブリセイス』287

1. ブリセイスを迎えるアガメムノン


イタリアの画家ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(1696-1770)が描いているのは、ブリセイスがアガメムノンの元へと連れて来られる場面です。

前景中央で立っているのが、総大将アガメムノンです。
中景で、白い服を着て二人の兵士に付き添われて歩いているのが、ブリセイスです。

ブリセイスはアキレスの陣地における愛人でしたが、今日からはアガメムノンの愛人となる運命です。


2. 原題


ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(Giovanni Battista Tiepolo)が描いた『アガメムノンの元へ連れて行かれるブリセイス』は、英語ではEurybates and Talthybios Lead Briseis to Agamemmonと言います。

この作品は、イタリア北東部の街ヴィチェンツァ(Vicenza)にあるVilla Valmarana "Ai Nani"で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。