映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ジョヴァンニ・ビリヴェルト『天使に別れを告げるトビアス』
記事URL  カテゴリ | 旧約聖書絵画 | 2013年07月20日(土)15時16分 | 編集 |
記事のタグ: エルミタージュ美術館
2013年7月20日(土)


目次
1. 大天使ラファエル
2. 原題


今回取り上げる作品は、ジョヴァンニ・ビリヴェルト(Giovanni Bilivert)『天使に別れを告げるトビアス』です。

ジョヴァンニ・ビリヴェルト『天使に別れを告げるトビアス』442


1. 大天使ラファエル


アザリアが胆汁から精製した薬のおかげでトビトは目が見えるようになりました。

アザリアはトビアスの道中の先導役を務め、結婚相手サラを探してくれました。
お金の回収もしてくれて、最終的にはトビトの視力を回復させる薬まで調合してくれました。

トビアスはアザリアに対して感謝の気持ちを示そうとします。

イタリアの画家ジョヴァンニ・ビリヴェルト(1585-1644)は、トビアスが宝物をアザリアに差し出している場面を描いています。

前景で跪(ひざまず)いているのがトビアスです。
右手には大きな真珠の飾りを持っています。

トビアスの向かって右に立っているのはトビトです。
視力が回復したので両目がしっかりと開いています。

息子トビアスが差し出している宝物をアザリアが受け取るように促しているところです。
ところが、アザリアはお礼の品物を受け取ろうとはしません。

そして、いよいよアザリアは自らの正体を明かします。

トビトとトビアスはアザリアの本当の姿を知ることになりました。
そして、神が大天使ラファエルを遣わしてトビト家に様々な奇跡を起こしてくれたことを感謝したのでした。

続きます。


2. 原題


ジョヴァンニ・ビリヴェルト(Джованни Биливерти)が描いた『天使に別れを告げるトビアス』は、ロシア語ではПрощание Товия с ангеломと言います。

прощаниеは別れを告げることという意味の中性名詞です。
с ангеломは天使に対してという意味です。

ロシア語で天使はангелと言います。
ここではс+造格の形を取っていますのでангеломになっているわけです。

この作品はエルミタージュ美術館(Государственный Эрмитаж)で見ることが出来ます。




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。