映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
ジョット・ディ・ボンドーネ『聖アンナへの告知』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2013年08月16日(金)13時00分 | 編集 |
2013年8月16日(金)


目次
1. 受胎告知
2. 原題


今回取り上げる作品はジョット・ディ・ボンドーネ作『聖アンナへの告知』です。

ジョット・ディ・ボンドーネ『聖アンナへの告知』306


1. 受胎告知


夫ヨアキムが荒野に出掛けてしまった後、妻のアンナは一人で寂しい生活を送らなければなりませんでした。
夫が断食行をしている間、アンナも自宅で神に祈る日々を送っています。

するとある日、大天使ガブリエルが現れてアンナが間もなく懐妊することを告げました。
受胎告知です。

聖母マリアの母アンナにも、マリアと同じように受胎告知があったわけですね。

イタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネ(1267頃-1337)は、大天使ガブリエルがアンナの胎内に娘が宿るであろうことを告げている瞬間を描いています。

向かって右の窓から顔を出しているのが大天使ガブリエルです。
中央で赤い服を着て合掌しているのがアンナですね。

部屋の外で糸を紡いでいるのは小間使いの女性です。
後にイエスを生むことになるマリアは間もなく母アンナの胎内に宿ることになります。


2. 原題


ジョット・ディ・ボンドーネ(Giotto di Bondone)が描いた『聖アンナへの告知』はイタリア語ではAnnuncio a sant'Annaと言います。

Annuncioが告知という意味です。

この作品はイタリア北東部の街パドヴァ(Padova)にあるスクロヴェーニ礼拝堂(Cappella degli Scrovegni)で見ることが出来ます。




関連記事