映画とドラマと語学
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
フラ・アンジェリコ『幼児虐殺』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2013年10月04日(金)14時39分 | 編集 |
2013年10月4日(金)


目次
1. ヘロデ大王
2. 原題


今回取り上げる作品はフラ・アンジェリコ作『幼児虐殺』です。

フラ・アンジェリコ『幼児虐殺』343


1. ヘロデ大王


フラ・アンジェリコ(1387-1455)が描いているのは大虐殺の場面です。
剣を手にした兵士たちが次々と嬰児を殺害していく悍(おぞ)ましい場面です。

後景上部で左手に杖を持ってこの様子を見下ろしているのがヘロデ大王です。

実際に何人かの男児が犠牲となって殺されたのですがイエスは助かりました。
養父ヨセフにお告げがあり、マリアとイエスを連れてエジプトへ逃げることになったからです。

ベツレヘムで嬰児(えいじ)大虐殺が行われている頃、ヨセフ一行はエジプトへの途上にありました。


2. 原題


フラ・アンジェリコ(Fra Angelico)が制作した『幼児虐殺』はイタリア語ではLa strage degli innocentiと言います。

La strage degli innocentiはこのまま成句として幼児虐殺という意味で用いられています。

la strageの語義は皆殺しです。
gli innocentiは複数形で幼児という意味です。

この作品はフィレンツェにあるサン・マルコ美術館(Museo nazionale di San Marco)で見ることが出来ます。




関連記事