映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エリザベス・テイラー主演映画『ジャイアンツ』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2013年11月17日(日)14時48分 | 編集 |
2013年11月17日(日) 


11月8日(金)にBSジャパンでエリザベス・テイラー主演の映画『ジャイアンツ(原題:Giant)』を見ました。

邦題は複数形のジャイアンツ(Giants)になっていますが、原題は単数形のジャイアント(Giant)です。
このgiantは名詞用法で、大物とか巨大油田という意味で使われているのだと思います。

エリザベス・テイラーが演じるレズリー・リントンはメリーランドの裕福な農場経営者の娘で、テキサス州から種馬の買い付けにやって来たジョーダン・“ビック”・ベネディクトと出会います。

ジョーダン・“ビック”・ベネディクトを演じているのはロック・ハドソンです。

エリザベス・テイラー主演映画『ジャイアンツ』を見た感想1 209


レズリーはテキサス州で広大な牧場を経営している美男子のビックに惹かれ、ビックもアメリカ東部の上流階級で育った美人のレズリーに恋をしました。

レズリーには婚約者がいたのですがその婚約を破棄し、2人は結婚してビックの故郷テキサス州に戻ります。

エリザベス・テイラー主演映画『ジャイアンツ』を見た感想2 188


この映画は2人が出会った1920年代から1950年代までの約30年間を時系列で描いた作品で、1956年10月に公開されています。

ベネディクト家に雇われていた青年ジェット・リンクをジェームス・ディーン(1931-1955)が演じていますが、ジェームス・ディーンはこの映画の撮影が終わった直後に自動車事故で他界していますので遺作となってしまいました。

ジェット・リンクはビックの姉ラズ・ベネディクトが落馬事故により死亡した後、ジェットのことを気に入っていたラズの遺言によりベネディクト家の土地の一部を譲り受けます。

ラズとは異なりジェットのことを前々から気に入っていなかったビックは、遺言で示された土地を買い戻すことでジェットをベネディクト家から追い出そうとしますが、ジェットは目の前に大金を積まれても心変わりせず遺言に従って土地を譲り受けることにしました。

実はジェットの本心は土地が欲しかったわけではなく、美貌の人妻レズリーの近くにいたかっただけなのです。

粗野で学のないジェットは洗練された都会育ちのお嬢様レズリーに一目惚れをしており、この後レズリーへの思いを断ち切ることが出来ない格好で独身を続けることになります。

エリザベス・テイラー主演映画『ジャイアンツ』を見た感想3 199


その後しばらくしてレズリーはジェットが建てた家に立ち寄り、かつてベネディクト家の下僕として働いていたジェットが形式的には独立して自分の家を構えている点に感心して、ジェットの持つ底力を頼もしく感じます。

一方のジェットはレズリーが去った後、自宅近くの大地の上に残ったレズリーの足跡を愛おしく見つめている内に、そこから原油が湧き出る可能性を感じ取ります。

数年後、油田掘削(くっさく)に成功したジェットは石油成金となり、牧場を経営するベネディクト家の資産を上回るほどの大金持ちになってその名をテキサス州だけでなくアメリカ中に轟かせることになりました。

原題のgiantを巨大企業と訳すことが出来るのは、ジェットの興した石油会社ジェッテキサス(JETEXAS)が利潤を追求するだけでなく社会福祉に貢献するために総合病院を建設出来るほどの大企業に成長した様子が描かれているからです。

無一文の青年だったジェットは、テキサス州の大物(Giant)として知られたジョーダン・“ビック”・ベネディクトを資金面で上回るほどの大物になり、大企業(Giant)の経営者に上り詰めたわけです。

ただ、大富豪になったジェットにも手に入れることの出来ないものがありました。
それはレズリーの存在です。

レズリーは一時的にビックとの距離を置くことはあっても、夫を性的に裏切るような妻ではありません。
ジェットはレズリーの貞節を知っているだけに、レズリーの愛を勝ち取ることが出来ない自分の不幸を嘆くのです。

エリザベス・テイラー主演映画『ジャイアンツ』を見た感想4 427


レズリーもビックも、ジェットがレズリーに思いを寄せていることは知りませんが、映画の終盤で泥酔したジェットが独り言を言う場面でレズリーの娘ラズ・ベネディクト2世がジェットの秘めた胸の内を聞くことになります。

上映時間が200分という超大作ですが、洗練された東部上流社会とテキサス州の荒野との対比、あるいは大牧場経営者の富とそこで働く人々の貧困ぶり、さらには支配者たる白人が被支配層のメキシコ人に対して抱く差別意識、加えて男性たちが女性を軽んじる風潮に立ち向かう主婦レズリーの奮闘ぶりなど、見どころが満載で退屈する時間帯が全くない良作です。

人種差別や富の偏在について研究している人にとっては必見の映画だと思います。


ジャイアンツ [DVD]
ジャイアンツ [DVD]
posted with amazlet at 13.11.17
ワーナー・ホーム・ビデオ (2003-09-05)
売り上げランキング: 5,992





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。