映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ『山上の誘惑』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2013年11月29日(金)15時53分 | 編集 |
2013年11月29日(金) 


目次
1. 3つ目の誘惑
2. 原題


今回取り上げる作品は、ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ作『山上の誘惑』です。

ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ『山上の誘惑』319


1. 3つ目の誘惑


ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(1255頃-1319頃)が描いているのは、イエスが3回目の誘惑に打ち勝って悪魔を追い払っている場面です。

2度の誘惑に失敗した悪魔は、イエスを高い山の頂上へと連れて行きます。
眼下に広がる景色を見下ろしながら、悪魔は次のように囁(ささや)きました。

「私を拝むならば、この全てを与えてやろう。」

それを聞いたイエスは言下(げんか)に答えます。

「私が仕えるのは神のみである。悪魔よ、退け!」

イエスから強い口調で命じられた悪魔は退散して行きました。


2. 原題


ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(Duccio di Buoninsegna)が制作した『山上の誘惑』は、英語ではThe Temptation of Christ on the Mountainと言います。

この作品は、ニューヨークにあるフリック・コレクション(The Frick Collection)で見ることが出来ます。




関連記事