映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
ルドヴィコ・カラッチ『天使たちから給仕されるキリスト』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2013年12月07日(土)14時24分 | 編集 |
2013年12月7日(土) 


目次
1. 悪魔退散
2. 原題


今回取り上げる作品は、ルドヴィコ・カラッチ作『天使たちから給仕されるキリスト』です。

ルドヴィコ・カラッチ『天使たちから給仕されるキリスト』229


1. 悪魔退散


イエスは荒野における悪魔からの3つの誘惑に見事打ち勝ちました。
その姿を見ていた天使たちが、イエスの元に舞い降りて来ます。

そして40日間の断食生活に耐えて来たイエスに飲食物の給仕を行ないました。

イタリアの画家ルドヴィコ・カラッチ(1555-1619)は大勢の天使たちがイエスの回りに集い、甲斐甲斐しく食事の世話をしている光景を描いています。

イエスが見つめる先には悪魔が退散して行く様子が描かれています。
向かって左側上部の尻尾と両脚が見えているのが悪魔ですね。

イエスは自己の欲望に打ち勝ちました。
最も困難な敵を打ち負かしたのです。


2. 原題


ルドヴィコ・カラッチ(Ludovico Carracci)が描いた『天使たちから給仕されるキリスト』は、ドイツ語ではChristus in der Wüste von Engeln bedientと言います。

die Wüsteが荒野、Engelは天使という意味です。
Z bedienenはZに給仕するという意味です。

この作品はベルリン美術館 (Staatliche Museen zu Berlin)で見ることが出来ます。




関連記事