映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ハリソン・フォード主演映画『推定無罪』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2014年01月25日(土)14時08分 | 編集 |
2014年1月25日(土) 


1月14日(火)にBSTBSで、ハリソン・フォード主演の映画『推定無罪(原題:Presumed Innocent)』を見ました。

ハリソン・フォードが演じるラスティ・サビッチは地方検事局の首席検事補で、妻のバーバラと暮らしています。

バーバラを演じているのはボニー・ベデリアです。

ハリソン・フォード主演映画『推定無罪』を見た感想1 480


ラスティが勤める検事局にセクシーで野心家の女性検事補キャロリン・ポルヒーマスが入局して来ます。

キャロリン・ポルヒーマスを演じているのはグレタ・スカッキです。

ハリソン・フォード主演映画『推定無罪』を見た感想2 423


ラスティとキャロリンは出会って程なくして愛人関係となり、しばらくはお互いの肉体を求め合う関係を続けていましたが、やがてラスティに出世欲がないことを知るとキャロリンは一方的に2人の関係を終わらせたのでした。

その後しばらくしてキャロリンが自室で頭部を殴られた他殺体として発見され、膣内からは精液が検出されたことから警察は強姦殺人事件として捜査を開始します。

キャロリンの部屋にあったビールグラスからはラスティの指紋が検出され、キャロリンの死体にはラスティの部屋に敷かれているじゅうたんと同じ繊維が発見されました。

指紋が一致し精液から解析された血液型も一致したことから、ラスティは容疑者として逮捕され起訴されました。

首席検事補が強姦殺人の容疑で起訴されるという事態になりますが、ラスティが法廷で無罪を主張していく過程でキャロリンの秘められた男性関係が次から次へと浮き彫りにされていきます。

裁判において検察官は被告人ラスティの有罪を証明することが出来ず、ラスティは映画の題名通りに推定無罪となって審理が終了します。

裁判では結果的に無罪となりましたが、犯行推定時刻のアリバイがないラスティが実行犯である可能性が完全に消えたわけではありません。

果たしてラスティは本当に犯人ではないのか、それとも・・・。
キャロリンを殺害した真犯人と動機は映画の最後で明らかになります。

映画の半分ぐらいは法廷での証言や弁護側と検察側のやり取りに費やされているのですが、今ひとつ盛り上がりに欠けて淡々と審理が進められていくのでやや退屈な感じがしました。

犯行現場で発見されたビールグラスや精液はラスティが無罪を勝ち取るために重要な役割を果たすことになるのですが、話の筋が練られ過ぎであり必要以上に話を難しくしているように思いました。


推定無罪 [DVD]
推定無罪 [DVD]
posted with amazlet at 14.01.25
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000-04-21)
売り上げランキング: 32,963





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。