映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





バルトロメ・エステバン・ムリーリョ『ベテスダの池で麻痺患者を癒すキリスト』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2014年02月13日(木)11時17分 | 編集 |
2014年2月13日(木) 


目次
1. ベテスダの池
2. 原題


今回取り上げる作品は、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ作『ベテスダの池で麻痺患者を癒すキリスト』です。

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ『ベテスダの池で麻痺患者を癒すキリスト』305


1. ベテスダの池


エルサレムにあるベテスダの池は天使が奇跡を起こす池として知られていました。
この池の周囲には不治の病を患った人々が大勢暮らしていました。

そして、天使が池に舞い降りた時に一番最初に池の水に触れた者は病が治ると信じられていました。
ある日、イエスがベテスダの池の近くを通りかかると一人の男がイエスに訴えました。

「私は脚が麻痺しています。たとえ天使が舞い降りたとしても私は動くことが出来ないので、一番初めに池の水に触れることは叶いません。」

その言葉を聞いたイエスは、その男に手をかざして起き上がるように言いました。
すると、脚が麻痺していた男は癒されて歩けるようになりました。

イエスは麻痺した脚を治すという奇跡を示したのです。
スペインの画家バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(1617-1682)はイエスが奇跡を行っている場面を描いています。

画面前景で横たわり両手を広げているのが脚が麻痺している男です。
画面中央に立つイエスは男に右手を差し伸べています。


2. 原題


バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(Bartolomé Esteban Perez Murillo)が描いた『ベテスダの池で麻痺患者を癒すキリスト』は、英語ではChrist healing the Paralytic at the Pool of Bethesdaと言います。

この作品は、ロンドンのナショナル・ギャラリー(The National Gallery, Trafalgar Square, London)で見ることが出来ます。




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。