映画とドラマと語学
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ『ユダの取り決め』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2014年05月26日(月)13時28分 | 編集 |
2014年5月26日(月) 


目次
1. イスカリオテのユダ
2. 原題


今回取り上げる作品は、ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ作『ユダの取り決め』です。

ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ『ユダの取り決め』311


1. イスカリオテのユダ


イタリアの画家ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(1255頃-1319頃)が描いているのはユダが銀貨を受け取っている場面です。

新約聖書の中には「ユダ」という名の弟子が他にもいます。
そこで明確にするためにイエスを裏切ったユダは「イスカリオテのユダ」と呼ばれています。

画面向かって左で小さな袋を受け取っているのがユダです。
袋の中には銀貨30枚が入っています。

ユダに銀貨を渡しているのはユダヤ教の祭司や長老たちです。
彼らは頭に布を巻いています。

ユダはこの銀貨を受け取ったことでイエスを裏切るという約束を祭司たちにしたのです。
具体的にはイエスが逮捕される際にどの人物がイエスなのかを指し示すということです。

イエスを逮捕しに来る者の大半はイエスの顔をはっきりと知らないからです。

ユダは仲間たちに内密で祭司たちに会っていました。
結果的にはこの裏切り行為により世界は大きく変わることになりました。


2. 原題


ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(Duccio di Buoninsegna)が描いた『ユダの取り決め』はイタリア語ではPatto di Giudaと言います。

pattoが協定とか契約という意味です。
この作品はイタリアのシエナにあるIl Museo dell'Opera del Duomo di Sienaで見ることが出来ます。




関連記事