映画とドラマと語学
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
エル・グレコ『聖ペテロの涙』
記事URL  カテゴリ | 新約聖書絵画 | 2014年06月05日(木)13時34分 | 編集 |
2014年6月5日(木) 


目次
1. 悔悛
2. 原題


今回取り上げる作品は、エル・グレコ作『聖ペテロの涙』です。

エル・グレコ『聖ペテロの涙』404


1. 悔悛


カヤパ邸の中庭でペテロは3度に渡ってイエスとの関係を否認しました。
ペテロが3回目の否認をした直後に鶏が鳴きました。

実はイエスはペテロに前もって次のように言ってあったのです。

「鶏が鳴く前にお前は3度私を知らないと言うだろう。」

この言葉をイエスから言われた時はペテロは何のことか分かりませんでした。

しかしイエスが逮捕されペテロ自身が嫌疑をかけられるような状況になった今、ようやくイエスの言葉の意味を知ることになりました。

イエスはペテロが土壇場で裏切ることを知っていたのです。
人間の弱さというものをイエスは知り尽くしていました。

そして、ペテロがこの事件を踏まえてさらに神への信仰心を高めていくこともイエスは見通していました。

エル・グレコ(1541-1614)の作品で描かれたペテロは後悔の念にかられて涙を流しています。
師を裏切ったということもさることながら、自分自身がその程度の人間だったという事実を突きつけられたのです。

ペテロが抱いた絶望感は同じ目に遭った人しか分からないかも知れません。

向かって右下に描かれている2本の鍵はイエスから渡された天国の鍵です。
ペテロはこの後、猛烈な悔悛をします。

罪を悔い改め自分という人間の弱さを徹底的に克服しようと努めます。
イエス亡き後の教団を指導出来るのは、やはりペテロをおいて他にいないのです。


2. 原題


エル・グレコ(El Greco)が描いた『聖ペテロの涙』はスペイン語ではLas lágrimas de san Pedroと言います。

Las lágrimasが涙という意味です。
この作品はトレドにあるオスピタル・デ・タベーラ(Hospital de Tavera)で見ることが出来ます。




関連記事