映画とドラマと語学
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
フランシスコ・デ・スルバラン『ポルトガルの聖イザベル』
記事URL  カテゴリ | キリスト教の聖人絵画 | 2014年08月09日(土)08時42分 | 編集 |
記事のタグ: プラド美術館
2014年8月9日(土) 


目次
1. ポルトガル王妃
2. 貧者や病人への奉仕
3. 原題


今回取り上げる作品はフランシスコ・デ・スルバラン作『ポルトガルの聖イザベル』です。

フランシスコ・デ・スルバラン『ポルトガルの聖イザベル』634


1. ポルトガル王妃


スペインの画家フランシスコ・デ・スルバラン(1598-1664)が描いているのはポルトガル王妃イザベルです。
イザベル(1271-1336)はアラゴン王ペドロ3世の娘です。

アラゴンは中世後期にイベリア半島に存在した王国です。
アラゴン王国の領土は現在のスペイン北東部にあるアラゴン州に相当する地域でした。

イザベルはアラゴンの出身ということでスペイン語ではイサベル・デ・アラゴン・イ・シシリアと呼ばれています。

イザベルは1282年にポルトガル王ディニス1世(在位:1279-1325)と結婚しました。


2. 貧者や病人への奉仕


イザベルは幼い頃から敬虔なカトリック教徒でした。
アラゴン王女として貧しい人々や病人に対する奉仕活動に積極的に従事していました。

ポルトガル王妃となった後もイザベルの信仰に対する態度は変わりません。
ポルトガル領内の貧者への施しはイザベルが生きている間続きました。

一方、ディニス1世は妻イザベルとは対照的に不信心な王でした。
イザベルが社会奉仕活動に勤しんでいる様子を快く思っていなかったのです。

ある日、宮廷を出て行くイザベルを王ディニス1世が見咎めました。
頻繁に出かける妻イザベルが浮気をしているのではないかと疑ったのです。

この時イザベルは貧者に施すためのパンを籠に入れて前掛けで隠して持っていました。
もしパンの存在が夫に知れたら今後こういった奉仕活動は一切禁止されるかも知れません。

ディニス1世はイザベルに対して籠の中身は何かと尋ねました。
イザベルは咄嗟に籠の中には薔薇の花が入っていると答えました。

ディニス1世は念のため籠の中身を改めようとします。
王は王妃が食料を宮廷から持ち出して貧者に施していることを薄々気づいていたのです。

王の手が前掛けに伸び、籠の中身が露(あらわ)になったその瞬間、パンは薔薇の花に変わりました。
神の奇跡が起きたのです。

作品の中でイザベルが右手に持っているのは薔薇の花です。

こうしてイザベルは危機を切り抜けて奉仕活動を継続していくことが出来たのです。
イザベルは17世紀に入って聖人に列せられることになりました。


3. 原題


フランシスコ・デ・スルバラン(Francisco de Zurbarán)が描いた『ポルトガルの聖イザベル』はスペイン語ではSanta Isabel de Portugalと言います。

この作品はプラド美術館(Museo Nacional del Prado)で見ることが出来ます。

キリスト教の聖人絵画シリーズは今回でおしまいです。




関連記事