映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ひふみ投信をやってみた
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年04月23日(日)10時57分 | 編集 |
2017年4月23日(日)

2017年2月16日(木)にテレビ東京で『カンブリア宮殿』を見ました。
レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長が出演していました。

私はこれまで株式投資は一度もしたことがなく、証券会社の口座も開設していませんでした。

元本割れする可能性がある金融商品については、かつてシティバンクの外貨預金を契約したことがありました。

私が外貨預金の契約をした後、円高ドル安の傾向が続いたことで結果的に損をしたこともあり、先の読めない投資にはそれ以来関心を持っていませんでした。

今回、番組を見て藤野氏の投資哲学に共感し、私も株式投資を行うことを決意しました。

ひふみ投信はレオスのウェブサイトから契約出来ます。

3月半ばに口座が開設されて、まずは定期定額引落し購入をしようと思い登録したのですが、最初の口座引き落とし日が5月になるということで、性格的にそこまで待っていられないので振込購入により3月下旬にひふみ投信を購入しました。

事前に商品の特徴を調べて理解した上で投資を行なったつもりでしたが、やってみて分かったことがあります。

振込購入にせよ定期定額引落し購入にせよ、買値を私は指示できません。

振込購入の場合、15時までにレオスにて入金が確認できれば翌営業日の基準価額で取引が成立します。

投資信託の基準価額というのは平たく言うと株式個別銘柄の株価に相当します。

振り込んだ日の基準価額で投資信託が買えるわけではないということは、翌営業日に値上がりした投資信託を購入する可能性があるということです。

出来るだけ安く買いたいのに想定よりも高い値段で買うことになる、ということですね。

投信の一部解約をする場合も同様で、解約指示を15時までに行なった場合は翌営業日の基準価額で売却取引が成立します。

ということは値下がりした基準価額で売却が行われる可能性があるということです。

出来るだけ高く売りたいのに想定よりも安い値段で売ることになる、ということですね。

この規約は十分承知した上で購入・売却をしたのでレオスの業務には一切の嘘偽りはありません。
ただ、買値と売値を自分では決められないという取り引きは、私には不向きなことがやってみてよく分かりました。

元本割れする危険がある以上、買値と売値は自分で決めたいのです。

資金運用をプロの投資家に任せて自分は特に何もしなくて良いというのが投資信託の特徴なのですが、私にとっては買値と売値がいくらになるかが明確に決まらない取り引きをするよりは、自分で買値と売値を決められる株式個別銘柄取引の方が性に合っていると再確認しました。

まだひふみ投信の残高は残っていて今の基準価額で全て売却すると損が出るのでしばらく様子見しますが、そう遠くない内に全解約をする予定です。

資産運用をプロに任せるのは楽で良いのですが、何事も自分で決めたいという私には不向きです。
実際にひふみ投信をやってみてそのことが再認識できたので無駄ではなかったと思っています。

あなたに金持ちになってほしい
ドナルド・ トランプ ロバート・キヨサキ
筑摩書房
売り上げランキング: 14,945







関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。