映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





君に出来る全てのことをやれ
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月21日(水)01時50分 | 編集 |
2017年6月21日(水)


表題の「君に出来る全てのことをやれ」という言葉はAKB48の『チャンスの順番』の中で歌われている一節です。

私は今年の3月から株式投資家になることを決意して、キャッシュインフローを増やすために様々なことを行なって来ました。

投資銘柄としては日本取引所グループ (8697)のような東証一部上場企業だけではなく、リベレステ (8887)のようなジャスダック市場の銘柄も保有していますし、いちごホテルリート投資法人投資証券 (3463)のようなリート銘柄も購入しました。

リート(REIT)とはReal Estate Investment Trustの略で投資信託の一種と定義されてはいますが、一般的に思い浮かべられる投資信託とは異なり、4桁の証券コード番号が割り振られていることからも分かるように実質的には株式銘柄と言えます。

さらにリート銘柄に似ているのですが、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人投資証券 (9283)のようなインフラ銘柄も購入しています。

短期的なキャピタルゲインよりも中期的なインカムゲインを重視するのであれば楽天 (4755)のような配当率が低い会社よりも、高配当率を予定しているリート銘柄やインフラ銘柄をお勧めします。

なお、リートの場合は配当金とは言わずに分配金と言いますが、投資家からすれば同じことです。

現時点での予定配当金はあくまでも決算発表前の企業予想であり、通期の営業成績によっては減配の可能性もありますし株価が下落するリスクもあるわけですが、私はAKB48の歌を聞いて「私に出来る全てのこと」をやると決めたのでこの数ヶ月、ネット証券を使って40件以上の株式銘柄を購入しました。

これにより今後、株価が順調に推移すればある程度のキャッシュインフローが見込める体制が出来上がりました。


ゼロ金利の時代に銀行口座にどれだけ預金をし続けてもキャッシュインフローはないに等しいです。

銀行の定期預金を解約して国債を購入するという方法もありますが、個人向け国債の変動10年物の税引後利回りは年率0.0398425%ですので、300万円程度の国債購入ではキャッシュインフローはやはり微々たるものです。

株式投資以外に金投資や商品先物取引など投資商品は数多く存在しますが、いずれにしてもリスクを取らなければある程度のキャッシュインフローは手に入りません。


AKB48のメンバーも大きなリスクをとって芸能活動をしています。

リスクを取ったからと言って全員が成功するわけではありませんが、一度きりの人生なのであればどこかで大きなリスクを取る決断をする必要があるだろうと思います。

『チャンスの順番』の歌詞を聞きながら、私は「私に出来る全てのことをやれ」と自分に命じました。


ゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論
小林 よしのり
幻冬舎
売り上げランキング: 56,663





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。