映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ケネディクス株式会社の社長が賢者の選択に出演
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年06月26日(月)20時07分 | 編集 |
2017年6月26日(月)


私は数多くのリート銘柄を保有していますがケネディクス株式会社が親会社となっている銘柄は以下の3つを保有しています。


ケネディクス・レジデンシャル投資法人 投資証券 (3278)

ジャパン・シニアリビング投資法人 投資証券 (3460)

ケネディクス商業リート投資法人 投資証券 (3453)


かつては商業施設のような大型不動産は豊富な資金を持つ会社や資本家でないと購入できないものでしたが、今では上場リート銘柄があるおかげで私のような株式投資家でも少額の資金で購入できるようになりました。

『賢者の選択』の中で司会の蟹瀬誠一も述べていますが、不動産は少数の人が巨額の資金を投入して単独所有する時代から多数の投資家が小口資金を拠出して資本参加し、その不動産運営から生み出される利益を共有する時代に入っています。

その意味でも東証に上場しているジェイリート銘柄は今後極めて有望な株式だと思っています。

2015年12月に放送された『賢者の選択』にケネディクス株式会社の宮島大祐社長が出演し、ジャパン・シニアリビング投資法人などの位置づけについて語っています。

http://kenja.jp/company/mov.php?tarC=kenja&tar=521

ジャパン・シニアリビング投資法人の資産運用会社であるジャパン・シニアリビング・パートナーズ株式会社の株主には長谷工コーポレーション、新生銀行、リクシルなどが名を連ねています。

http://www.jsl-reit.com/


ケネディクス商業リート投資法人 投資証券 (3453)の今日の終値は238,300円なので予想配当率は5.094%になります。

正確にはリート銘柄株式の場合は配当金とは呼ばずに分配金と呼んでいます。








関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。