映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





孫さんの事業を応援する方法
記事URL  カテゴリ | 株式投資 | 2017年07月23日(日)21時57分 | 編集 |
2017年7月23日(日)

孫さんの半生を大河ドラマのように描いた『志高く 孫正義正伝 新版』を読みました。

在日朝鮮人の家庭に生まれ、祖母や両親が幾多の困難を乗り越えて孫さんを育て上げたことや、難関高校に入学したものの1年生の途中で中退してUCバークレーに留学し、実業家へと成長していった過程が克明に描かれています。

現在私たちが使っているブロードバンドは孫さんが通産省の役人に掛け合って実現してくれたものであり、孫さんの命がけの訴えがなければ既得権益に安住するNTTグループの意のままになってブロードバンドの普及率は低迷を続けていただろうと思います。

日本において高速インターネット環境が整ったのは孫さんのおかげです。

そんな孫さんが経営するソフトバンクグループを応援する方法を私なりに考えてみました。

株式投資家としてはソフトバンクグループ(9984)の株を購入することが近道ではあるのですが、株価は7月21日の終値で9,224円なので最低単位の100株を購入するためには922,400円必要です。

いくらなんでも高すぎます。

そこで次の方法としてソフトバンク携帯を持つことが考えられますが、私は既にドコモ携帯を所有しておりガラケーで十分こと足りる生活を送っているので携帯を買い換えるつもりはありません。

NTT東日本フレッツ光を解約してSoftBank 光に変更するという手もありますが、今さらそんな面倒な手続きを取るほどSoftBank 光が割安なわけでもありません。

思案した結果、ソフトバンクのメインバンクであるみずほ銀行の株を買うことにしました。


孫さんが創業間もない頃、シャープの佐々木さんの口添えもあって第一勧業銀行の麹町支店から1億円という巨額融資を受けることが出来ました。

その借金によってソフトバンクは事業を拡大し今に至るわけですが、もし当時の麹町支店長が御器谷さんでなかったとしたらソフトバンクという会社は今存在していないかも知れないのです。

第一勧業銀行は現在のみずほ銀行の前身であり、みずほ銀行は単独では株式を発行しておらずみずほフィナンシャルグループ(8411)として東証一部に上場しています。

孫さんには何としても事業家として成功していただきたい。
もう既に成功しているわけですが、このまま後進に座席を譲る日まで勝ち続けて欲しいと願っています。

私に出来ることはソフトバンクグループの最大融資元であるみずほフィナンシャルグループの株を保有することぐらいです。

みずほフィナンシャルグループのPERは9倍程度であり圧倒的に割安な株だと言えます。
なぜこんなに株価が安く放置されているのか理由が分かりません。

日本経済のデフレ基調が解消されて金利が上昇局面になったら間違いなく株価は上がって行くと予想しています。


投資もしない、消費もしない、預金だけはするという個人及び法人の生き様はそう遠くない内に改められて、投資額と消費額が右肩上がりになって行くはずです。

そうでなければ日本経済はこのまま現状維持でやがてジリ貧になります。

どれだけ労働しても給料が跳ね上がることは夢のまた夢となると思います。

デフレは恐ろしいのですよ。

貯蓄から投資へという政府の方針は理念としては正しいのですが政策が不十分なために今のデフレ経済を招いています。

孫さんが官僚に直談判してブロードバンドを実現したように、誰かがデフレ脱却のための政策を強力に推し進めるよう働きかけるしかありません。

穿った見方かも知れませんが「デフレ利権」というものが存在して日本の株価が上昇して行くことを良しとしない勢力が暗躍しているのかしらね。


志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)
井上 篤夫
実業之日本社 (2015-01-31)
売り上げランキング: 7,693






関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。