映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ローレン・グレアム主演ドラマ『ギルモア・ガールズ』シーズン1を見た感想
記事URL  カテゴリ | 海外ドラマ | 2011年06月17日(金)15時38分 | 編集 |
2011年6月17日(金)


6月6日からギャオで『ギルモア・ガールズ(原題:Gilmore Girls)』シーズン1が始まりました。

全話一括配信で6月26日(日)まで無料で見ることが出来ます。

主演はローレン・グレアム(Lauren Graham)です。

446 f154384fc319743662e8e5a_convert_20150726093300

ローレン・グレアムが演じるローレライ・ギルモアは16歳の時に子どもを産み、その子に自分と同名のローレライと名づけました。

母と娘が同じ名前なので、区別するために娘はローリーという愛称で呼ばれています。

そのローリーが16歳となり、父親不在の家庭ながら母娘で仲良く暮らしています。
ローレライとローリーは、母娘というよりは親友のような感覚で生活を共にしています。

ギルモア・ガールズとはギルモア家の娘たちといった意味で使われているのだと思います。

この2人にローレライの実家の両親が絡んで来ます。
ローリーからすれば祖父母です。

2011年6月17日ローレン・グレアム主演ドラマ『ギルモア・ガールズ』シーズン1を見た感想 main

実家の両親は16歳で出産して家を出て行ったローレライのことを今だに快(こころよ)くは思っていません。

しばらくローレライとは疎遠になっていたのですが、孫のローリーが名門私立高校に転校することをきっかけに交流が再開します。

シーズン1の構成の基本となっているのはローレライとローリーの恋愛です。

その観点ではありふれたドラマと言えますが、主役のローレライがギャクを連発するキャラクターで単なる美人ではないという設定になっています。

ローレン・グレアムは痩せているためそれほど官能的な風貌ではありませんが、まあそれでも一応、色気のある場面も盛り込まれてはいます。

ローレライは全21話の中で何回かセックスをしますが、視聴者層を大人だけでなく家族全員に設定しているため露骨なセックス描写は排除されています。

ただ、娘のローリーは優等生という設定の割には男とキスしている場面が多かったように思います。

殺人事件とは無縁のコメディードラマなので方向性としては『デスパレートな妻たち』よりも『フレンズ』の方が近いと思います。

ギャオでシーズン2も続けてやって欲しいと思います。


ギルモア・ガールズ 〈ファースト・シーズン〉 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-12-09)
売り上げランキング: 56624





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。