映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
松本幸四郎主演ドラマ『王様のレストラン』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 日本ドラマ | 2012年11月29日(木)16時36分 | 編集 |
2012年11月29日(木)


目次
1. 三谷作品の最高傑作
2. 価格と価値
3. 三谷が言いたかったことは何か?


1. 三谷作品の最高傑作


11月12日(月)から27日(火)までBSフジで、松本幸四郎主演の連続ドラマ『王様のレストラン』をやっていました。

脚本は三谷幸喜です。

三谷幸喜の作品はドラマ、映画、舞台など数多く見てきましたが、この連続ドラマが最高傑作と言えるでしょう。

ドラマの初出はフジテレビで1995年4月期のワンクールドラマとして放送されました。

1995年(平成7年)は1月17日に阪神・淡路大震災が発生した年ですね。
私は初出のドラマで全11話を見ていましたので、今回17年ぶりに全話を見ることになりました。

第1話と最終の第11話は前半の構成が同じになっています。

松本幸四郎が演じる伝説のギャルソン・千石武が、フレンチレストランのベル・エキップ(La Belle Équipe)に食事をしにやって来ます。

千石を招待したのはレストランの若きオーナー・原田禄郎です。
原田禄郎を演じているのは筒井道隆です。

第1話の時点では西村雅彦が演じる支配人や山口智子が演じるシェフ、そして鈴木京香が演じるバルマンなど店で働く人々には全くヤル気がなく、レストランは潰れる寸前でした。

ところが第11話の時点では第10話までに千石がギャルソンの立場でシェフら従業員の精神や技量を鍛え上げた結果、連日満席になるぐらいのレストランに成長していたのです。

この差は何なのかというのがこの連続ドラマにおいて、三谷幸喜が訴えたかったことだと思っています。


2. 価格と価値


三谷幸喜はこのドラマの中でオーナーはどうあるべきか、シェフはどうあるべきか、パティシエはどうあるべきか、ギャルソンはどうあるべきか、裏方の経理責任者はどうあるべきか、こういった「べき論」を全てセリフに込めて役者たちを通して視聴者に訴えかけます。

私もこれまでいろんなレストランに行きましたが、不満の残る店の方が多かったというのが正直なところで、三谷の「べき論」には同意できる部分が多々ありました。

飲食業界に限りませんが実務に携わっている人からすると、外部にいる人間が唱える「べき論」を実践するのはそんなに容易なことではないという意見が出て来るだろうとは思います。

しかしもし飲食業界関係者がドラマで描かれている理想通りにレストランを運営するのは困難だと言うのであれば、三谷が第1話で千石のセリフを通して述べた「ダメならダメで構わないが、それならば値段を下げるべきだ」という意見を真摯に受け止めてもらいたいです。

私もこれまで相当な金額をレストランやカフェでの飲食に費やして来ましたが、金額に見合う価値を提供してくれたレストランは皆無だったと言えます。

私にとっての「王様のレストラン」は、今のところこの世には存在しません。


3. 三谷が言いたかったことは何か?


ドラマでは第1話から第11話までの間に1年超の時間が流れています。
この1年の間に従業員たちは様々なことを経験し大きな成長を遂げました。

最も変化があったのは意識の部分です。

千石の加入により意識改革がなされ、1年が経過した時には千石なしでも店が運営できるほど従業員の意識が高まっていたわけです。

意識改革とは平たく言うと「この業界、この職種で生きて行く」という覚悟を決めるということです。

この覚悟がない者はどんな職種に就いていても、技術や知識が身につくということはありません。

技術や知識が身についていなければ何年その仕事をしていようが、半人前としか見なされません。
半人前の人間には誰も質問などしませんよね。

山口智子が演じるシェフも当初は「さっさと辞めて、地元の新潟へ帰ろうかしら」という浮ついた気持ちで仕事をしていたのでした。

料理人に限らずその人の真価が問われるのは、知識や技術が身について自在に扱えるようになってからです。

三谷が言いたかったのはそのことではないかと思っています。

それから、音楽は服部隆之が担当しています。
このドラマの成功には、服部が作った音楽もかなりの貢献をしています。

以下のCDは私も持っています。


フジテレビ系ドラマ「王様のレストラン」オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
ソニー・ミュージックレコーズ (1995-05-21)
売り上げランキング: 2313



王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe
ポニーキャニオン (2003-09-03)
売り上げランキング: 1010






関連記事