映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





トム・ハンクス主演映画『めぐり逢えたら』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2012年06月03日(日)16時43分 | 編集 |
2012年6月3日(日)


目次
1. 『めぐり逢えたら』と『めぐり逢い』
2. 望んだ結末


1. 『めぐり逢えたら』と『めぐり逢い』


5月28日(月)にNHKBSPでトム・ハンクス主演の映画『めぐり逢えたら(原題:Sleepless in Seattle)』をやっていました。

邦題と原題が全く異なりますが、これはこの映画が『めぐり逢い(原題:An Affair to Remember)』を下敷きにしていることに由来します。

『めぐり逢い』は1957年に公開されたアメリカ映画で、主演はケーリー・グラントとデボラ・カーでした。

『めぐり逢えたら』は『めぐり逢い』のリメイク版ではないのですが、エンパイア・ステート・ビルの屋上で男女が待ち合わせをするという重要な要素は踏襲されているのです。

映画の冒頭においてシカゴの墓地でトムが演じる主演のサムが、息子ジョナと一緒に亡くなった妻を偲ぶ場面で流れていた曲はスターダスト(原題:Stardust)です。

スターダスト以外にもAs Time Goes ByBye Bye Blackbirdなどの名曲が作品の随所に散りばめられています。

サムの恋人役アニーを演じるのはメグ・ライアンです。
二人は恋人同士ではありません。

サムとアニーが最初に出会うのは空港ですが、近くを通り過ぎて行くアニーをサムが目に留めただけです。

その後、ラジオ番組を通してサムに興味を持ったアニーはサムの住所を突き止め会いに行くのですが、わずかに言葉を交わしただけでそれ以上の進展はありません。

結局、サムとアニーがお互いを意識して正式に出会う場所は最後の場面で描かれたエンパイア・ステート・ビルの屋上になります。

『めぐり逢い』においても同じようにケーリーとデボラはエンパイア・ステート・ビルの屋上で待ち合わせをしていたのですが、二人が会うことは叶いませんでした。

一方、この作品ではサムの息子ジョナという新しい要素が加わったおかげで、辛うじてサムとアニーは会うことが出来ました。

2012年6月3日トム・ハンクス主演映画『めぐり逢えたら』を見た感想 189


2. 望んだ結末


アニーは営業が終了する間際の時間帯に急いでエンパイア・ステート・ビルへと向かうのですが、その際に流れていた曲は『めぐり逢い』の主題歌An Affair to Rememberでした。

私は『めぐり逢い』も見たことがあり、デボラが演じる女性がエンパイア・ステート・ビルの屋上に来れなかった理由を知っていますが、『めぐり逢えたら』の中でも作品の中盤においてそのことに言及する場面が描かれていました。

出来ればこの映画を見る前に『めぐり逢い』を見ておいた方が良いと思います。

『めぐり逢えたら』の結末はアニーが望んだ形になりましたので、『めぐり逢い』においてデボラが演じた女性の不幸を思い出しながら、今回は安堵の涙を流した人も多いと思われます。

映画の本編が終わった後、エンド・クレジットと共に流れていた曲はWhen I Fall in Loveです。

あのWhen I Fall in Loveはセリーヌ・ディオンとクライヴ・グリフィンが歌っていたものですが、元々When I Fall in Loveはドリス・デイ(1924-)が歌ってヒットした曲で、ナット・キング・コール(1919-1965)など多くの歌手がカバーしている名曲です。


めぐり逢えたら コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-01-26)
売り上げランキング: 2592






関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。