映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アンブロージョ・ロレンツェッティ『神殿奉献』
記事URL  カテゴリ | その他絵画 | 2010年05月29日(土)13時10分 | 編集 |
記事のタグ: ウフィッツィ美術館
2010年5月29日


ラジオでの放送日:2009年10月9日(金)、10日(土) 
講座名:イタリア語で”聴く”ルネサンスの名画 講師:松浦弘明

第2週 ジョット様式の発展 ーロレンツェッティの功績ー
目次
1. 1342年の作品
2. 革新の先へ
3. 原題


1. 1342年の作品


今回ご紹介するのは、アンブロージョ・ロレンツェッティ(Ambrogio Lorenzetti)がシエナ大聖堂のために描いた作品『神殿奉献』です。

2010年5月29日アンブロージョ・ロレンツェッティ『神殿奉献』483

神殿奉献とは、新約聖書のルカ福音書に記された物語の一つです。

マリアとヨセフが生後間もないイエスを、エルサレムの神殿に連れていった時の出来事が描かれています。

この作品が重要視されている要素の一つに、画家自身の署名と製作年を示す数字が残されていることが挙げられます。

当時の習慣としては、そのようなことはあまり一般的ではありませんでしたので、絵画の質的な面のみならず製作年(1342年)が特定出来るという点においても重要な作品だと捉えられているのです。

2010年5月19日の記事『ジョット・ディ・ボンドーネ『天使と聖人を伴なう玉座の聖母子』 loro2012.blog.fc2.com』(第1週)で取り上げたジョット(1266頃-1337)の作品『天使と聖人を伴なう玉座の聖母子』が1310年頃に制作されたものと言われていますので、この作品はそれよりも30年ほど後に描かれた祭壇画ということになります。


2. 革新の先へ


本来、ルカ福音書で述べられているこの物語は、1世紀のユダヤの神殿で起きた出来事です。

しかし、ロレンツェッティ(1290頃-1348)は14世紀のキリスト教の聖堂内に舞台を変えて描いています。

建築物に対する写実的な描写からは、革新的な画家と呼ばれるジョットの試みをさらに発展させようとする意図が感じられます。

祭壇の上方には緑で彩色された八角形のクーポラが描かれていて、幼子イエスを抱くシメオンという男の緑色の衣装と調和がとれています。

床の幾何学模様は遠近法を使って描かれていて、手前の柱から祭壇までの距離感を感じさせる構図になっています。

1300年も前の聖書の世界を史実に則ってありのままに描いた場合、絵画を見る人は現実世界の出来事であると実感出来ないかも知れません。

しかし、ロレンツェッティは人々が日頃目にしているような空間において聖なる場面を描きました。

革新的と言われたジョットよりも、さらに大胆に神を現実の世界へと近づけたのがロレンツェッティだったのです。


3. 原題


『神殿奉献』は、イタリア語ではPresentazione al Tempioと言います。

la presentazioneは、日本語のプレゼンテーションに相当する語なのですが、カトリック教の専門用語としては、奉献、という意味合いになります。

il tempioは、神殿という意味ですね。

なお、この絵画の寸法は縦257センチ×横168センチです。

ウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)の第3室に展示されている絵画の中でも、圧倒的な存在感のある作品だと思われます。




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。