映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
ヘレン・ハント主演映画『ツイスター』を見た感想
記事URL  カテゴリ | 外国映画 | 2012年12月03日(月)12時12分 | 編集 |
2012年12月3日(月)


目次
1. 自然の猛威に立ち向かう研究者たち
2. 美貌の女優ジャミ・ガーツ


1. 自然の猛威に立ち向かう研究者たち


12月1日(土)にBSスター・チャンネル1で、ヘレン・ハント主演の映画『ツイスター(原題:Twister)』をやっていました。

2012年12月3日映画ヘレン・ハント imgf38794aeu58kxc

アメリカでは毎年のように巨大な竜巻が襲来するのですが、竜巻襲来警報は襲来の数分前に発表されるのが常のため、逃げ遅れた人が少なからず犠牲になっています。

ヘレンが演じるジョー・ハーディング博士は、少女時代に父親を巨大竜巻で亡くしていました。

そのことがきっかけでジョーは長じて竜巻を観測する研究者になり、竜巻襲来の警報を現行の3分前ではなく15分前に発表し地域住民にいち早く避難するよう促すことを可能にするための装置を製作するために、日夜研究開発に勤(いそ)しんでいるのです。

映画に何度か登場する竜巻は、もちろん現実のものではなくコンピューター・グラフィックスによる創造物ですが、ジョーたちを襲う強風は人工的にせよ実際に撮影現場で発生しています。

強風に煽られて倒れた木々や崩壊した建造物の破片などが空中に飛び交っているので、その中で演技をしているヘレンの顔に当たりそうです。

ヘレンの綺麗な顔に破片が当たって怪我をしたら女優生命の危機に直面するのではないかしら、と心配になるぐらい猛烈な風の中で撮影が行われています。

監督はヤン・デ・ポン、脚本はマイケル・クライトン、製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグが名を連ねています。


2. 美貌の女優ジャミ・ガーツ


ジョーは夫のビル・ハーディングと離婚間近の状態で、ビルはジョーに預けてあった離婚届を受け取りにやって来たのでした。

ビルにはメリッサ・リーブス博士という恋人がいて、ジョーとの離婚が成立次第結婚する段取りになっていて、メリッサを伴いジョーの元を訪れていたのですが、偶然にも近辺で竜巻が発生し、メリッサは竜巻観測の現場に引きずり込まれて行くことになります。

メリッサを演じるのはジャミ・ガーツ(1965-)です。

2012年12月3日映画ジャミ・ガーツ jami-gertz-05

ビルやジョーらと共に竜巻に遭遇し恐怖の中で辛うじて命拾いしたジャミが竜巻が去った後、茫然自失とした表情を見せていたのが強く印象に残りました。


ツイスター デラックス・エディション [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 36461





関連記事