映画とドラマと語学
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
レンブラント・ファン・レイン『岳父に抗議するサムソン』
記事URL  カテゴリ | 旧約聖書絵画 | 2012年11月06日(火)11時14分 | 編集 |
2012年11月6日(火)


目次
1. 抗議するサムソン
2. 原題


今回取り上げる作品は、レンブラント・ファン・レイン作『岳父に抗議するサムソン』です。

2012年11月6日レンブラント・ファン・レイン『岳父に抗議するサムソン』407

1. 抗議するサムソン


オランダの画家レンブラント(1606-1669)が描いているのは、義理の父によって強制的に離婚させられたことに対して、サムソンが文句を言っている場面です。

画面中央で右の拳を掲げて、喧嘩腰で岳父を睨みつけているのがサムソンです。
岳父(がくふ)とは、夫から見た場合の、妻の父のことです。

向かって右で、窓から顔をのぞかせているのが、サムソンと結婚した女性の父親です。

結局、サムソンの抗議も虚しく、2人は無理やり離婚させられ、女性は別のペリシテ人の男と結婚することとなりました。

この後、サムソンの怒りが爆発します。


2. 原題


レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn)が描いた『岳父に抗議するサムソン』は、英語ではSamson Accusing His Father-in-Lawと言います。

この作品は、ベルリン美術館 (Staatliche Museen zu Berlin)で見ることが出来ます。





関連記事