映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





フランシスコ・デ・ゴヤ『降雪または冬』
記事URL  カテゴリ | その他絵画 | 2010年09月03日(金)12時14分 | 編集 |
記事のタグ: プラド美術館
2010年9月3日


テレビでの放送日:2010年5月14日(金) 
講座名:テレビでスペイン語 講師:貫井一美

目次
1. 動物の強さ
2. 踏み絵としての豚肉
3. 苦難の異教徒
4. 原題


「美術からひも解くスペイン vol.06」で取り上げられた絵画を、1点ご紹介します。
今回の作品は、フランシスコ・デ・ゴヤの描いた『降雪または冬』です。

2010年9月3日フランシスコ・デ・ゴヤ『降雪または冬』1 301

1. 動物の強さ


『降雪または冬』は、フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)が1786年頃に制作した作品です。

ゴヤは、40歳代半ばで病気により聴力を失います。
この作品は、聴力を失う前に完成したものということになります。

向かって右側に描かれているロバが背負っているのは、豚ですね。
これから厳しい冬を迎えるにあたり、食肉用の豚を運んでいる人々の姿が主題となっています。

後景向かって右に描かれた細長い木は、大きくしなっています。
肌を刺すような冷たい風が、吹き荒れているのでしょう。

寒々とした景色の中を歩く人間たちは、皆暗い表情をしています。
その一方で、ロバや犬には大自然の厳しさを物ともしない強さが感じられますよね。


2. 踏み絵としての豚肉


この絵に描かれた食材としての豚は、実はキリスト教徒の象徴です。
どういうことかと言うと・・・、

15世紀末までスペインの地を支配していたイスラム教徒は、宗教上の理由から豚肉を食べません。
イスラム教では、豚は不浄な動物であるとされているのです。

また、スペイン各地に住みついてセファルディムと呼ばれたユダヤ人も豚肉は食べません。
イスラム教とは異なり、ユダヤ教では豚は不浄な動物と看做(みな)されているわけではありません。

ではなぜユダヤ人が豚肉を食べないかというと、カシュルートというユダヤ教の食事規定が存在するからです。

カシュルートには、鳥類や魚類などを対象とした様々な食事規定が記載されています。
食用に供される4つ足の獣は、以下の条件を満たすことが必要です。

1: 蹄(ひづめ)が分かれていること
2: 反芻(はんすう)をすること

反芻とは、一度飲み込んだ食物を胃から再び口中に戻して噛むことを言います。
反芻をする動物の代表例は、牛ですよね。

豚は偶蹄目の動物ですので、蹄はちゃんと分かれています。
しかし、反芻をしません。
従って、ユダヤ教徒は豚肉を食べてはいけないのです。

とすると、ゴヤの描いた冬空の下を歩く人々は、キリスト教徒であるということになるわけです。
1492年のレコンキスタ完成以降のスペインにおいては、自分がカトリック教徒であることを証明する必要がありました。

豚肉を食べるという行為には、宗教的な意義があったわけです。


3. 苦難の異教徒


イスラム教やユダヤ教からカトリック教へと改宗した人のことを、スペイン語でコンベルソ(converso)と言います。
彼らは周囲に対して、豚肉を食べている姿を見せる必要があったと思われます。

最初は、つらかったでしょうね。

豚肉自体は、味付け次第で美味しく食べられるものです。
しかしコンベルソたちは、カトリックに改宗する前は一度も豚肉を口にしたことがなかったわけです。

未知なるものへの好奇心よりも、恐怖心や嫌悪感の方が強かったのではないでしょうか。

ゴヤの描いた鉛色の空は、ただ単に冬の景色を表しているのではないと思います。
そこには、改宗を強要された異教徒の悲しみが表現されているのかも知れません。


4. 原題


フランシスコ・デ・ゴヤ(Francisco de Goya)が描いた『降雪または冬』は、スペイン語ではLa nevada, o El Inviernoと言います。

la nevadaは、降雪、el inviernoは、冬、という意味です。
oは接続詞で、又は、という意味になります。

この作品は、プラド美術館(Museo Nacional del Prado)で見ることが出来ます。

なお、この作品は四季を主題とした連作の1点となっています。
それ以外の作品は、以下の3点になります。

全て同時期(1786-1787)に描かれたもので、4点ともプラド美術館の所蔵となっています。

『花売り又は春』、スペイン語ではLas floreras, o La Primavera

2010年9月3日フランシスコ・デ・ゴヤ『降雪または冬』2 494

『脱穀場または夏』、スペイン語ではLa era, o El Verano

2010年9月3日フランシスコ・デ・ゴヤ『降雪または冬』3 142


『葡萄の収穫または秋』、スペイン語ではLa vendimia, o El Otoño

2010年9月3日フランシスコ・デ・ゴヤ『降雪または冬』4 479




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。