映画とドラマと語学、そして株式投資へ
| ホーム loro2012 |
| 投稿 |
スポンサーサイト
記事URL  カテゴリ | スポンサー広告 | --年--月--日(--)--時--分 | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





クロード・ロラン『クリュセイスを父の元へと送り届けるオデュッセウス』
記事URL  カテゴリ | ギリシア神話絵画 | 2012年01月14日(土)13時32分 | 編集 |
2012年1月14日(土)


目次
1. クリュセイスの解放
2. 原題


今回取り上げる作品は、クロード・ロラン作『クリュセイスを父の元へと送り届けるオデュッセウス』です。

2012年1月14日クロード・ロラン『クリュセイスを父の元へと送り届けるオデュッセウス』266

1. クリュセイスの解放


クリュセイスは、アガメムノンの陣屋から解放されることになりました。
そして、オデュッセウスがクリュセイスを、クリュセスの元へと届けたのです。

フランスの画家クロード・ロラン(1600頃-1682)が描いているのは、ギリシア軍の船に乗せられたクリュセイスが、父クリュセスの待つクリュセ市の港に到着しようとする場面です。

中景中央に描かれた船の中に、オデュッセウスとクリュセイスが乗っているわけです。


2. 原題


クロード・ロラン(Claude Lorrain)が描いた『クリュセイスを父の元へと送り届けるオデュッセウス』は、英語ではUlysses Returns Chryseis to her Fatherと言います。

この作品は、ルーヴル美術館(Musée du Louvre)で見ることが出来ます。





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。